長木川を見下ろす高台に築かれた
大館城おおだてじょう
場所 秋田県大館市中城15付近
旧国郡名 出羽国羽後 秋田郡
別名 桂城
種別 平山城
築城時期 1550年(天文19年)
築城背景 比内浅利家の庶流、浅利勝頼が築城
名城  
主な城主 浅利勝頼、浅利頼平、秋田家、小場義成(佐竹西家城代)、小場義易、佐竹義房、佐竹義武、佐竹義遵
天守 なし
主な遺構 石垣、土塁、堀
主な再建物  
交通 JR花輪線(十和田八幡平四季彩ライン) 東大館駅 徒歩約15分
駐車場 桂城公園の無料駐車場
徒歩・登山 駐車場〜歩2分〜本丸
<個人評価>
総合 遺構 再建整備 知名度 アクセス
歩2分

水堀

石垣

本丸の土塁

西側の内堀跡
構成 出羽国羽後北部の大館、米代川の支流、長木川の南の高台に築かれた平山城。

東西にやや長い本丸が崖の上に置かれ、それ内堀が取り囲み、南に二の丸、西に三の丸を配した。

内堀の南東端から繋がる外堀が、二の丸の南から東へ回り込むように巡らされていた。

本丸には天守はあげられなかった。
縄張図
または
現地
案内図
現状 本丸は桂城公園や市立武道館となっており、土塁、石垣、内堀の一部が残る。

二の丸は市役所、郵便局などに、三の丸は検察庁、労働基準局などになっている。

また外堀は道路となっている。
略歴
1550年 浅利勝頼が築城
1562年 実家、扇田長岡城主の兄、浅利則祐との確執から、浅利勝頼は檜山安東家の支援の元、兄を自害に追い込み、浅利家の当主に
1582年 浅利勝頼、檜山安東家に謀殺される
子の浅利頼平が城主に
1593年 安東家からの独立を図る浅利頼平に対し、秋田実季が攻撃を開始(浅利紛争)
1596年 豊臣秀吉から惣無事令違反と咎められる
1598年 秀吉への陳情報告のため上洛した浅利頼平が急死
  これにより浅利家は事実上滅亡
  秋田実季の支配下に
1602年 秋田実季常陸国宍戸へ減封の上、転封される
  佐竹家の支配下に
1610年 佐竹家の一門、小場義成が城代に
1614年 小場義成、大坂冬の陣に参陣
1634年 小場義成が死没、子の小場義易が城代に
(後略)