3重堀に囲まれた武蔵七党、難波田家の居館
難波田なんばたじょう
場所 埼玉県富士見市下南畑568-1
旧国郡名 武蔵国 入間郡
別名  
種別 平城
築城時期 1225年頃?
築城背景 承久の乱で幕府方として参戦し討ち死にした父、金子高範への恩給として難波田の地を拝領した小太郎が築城し、難波田氏を名乗った(推定)
名城 私の500名城
主な城主 難波田家、難波田九郎三郎、難波田善銀(憲重)、太田資正、上田左近
天守 なし
主な遺構 なし
主な再建物 復元堀、復元土塁、復元門、復元木橋
交通 東武東上線 みずほ台駅 徒歩約40分
駐車場 専用無料駐車場
徒歩・登山 駐車場〜徒歩1分〜本丸
<個人評価>
総合 遺構 再建整備 知名度 アクセス
歩1分

復元堀

復元門
 
復元堀と復元土塁

復元木橋

古民家ゾーン
noimage
構成 武蔵国の中央、荒川と新河岸川の間の自然堤防上の築かれた平城で、3重の堀を巡らせていた。

中央の本城を中心に内堀を隔てて細い帯郭を巡らせ、南に馬出を置き、さらにその外側に中堀、外堀で防備した。

中堀や外堀の外側には、北に二の曲輪や馬場、東に天神曲輪、南に大手、西に蔵屋敷(曲輪)などが同心円状に配された。

大手の南にも馬出が置かれ、その南側一帯は家臣の屋敷が建てられていた。
縄張図
または
現地
案内図
現状 難波田城公園となっており、門、木橋、土塁、水堀が綺麗に復元されている。
遺構らしきものはほとんどなく全て復元ではあるが、城跡公園としては満足度が高い。

古民家ゾーンでは、3軒の古民家を見学できるほか、城や富士宮市の歴史を学ぶことができる資料館もある。
略歴
1225年頃? 難波田小太郎が築城(推定)
  (中略)
1350年 難波田九郎三郎、羽根倉の戦で戦死
  (中略)
1545年 河越夜戦で難波田善銀(憲重)が戦死、主家の扇谷上杉家は滅亡
  その後、難波田善銀(憲重)の娘婿であった太田資正が城主に
1547年 太田資正、実家岩附太田家の家督を奪い岩付城に移る
その後北条氏康の支配下となり、小机衆の上田左近(周防守)が城主に(推定)
1577年 上田左近(周防守)が死没
  その後、難波田憲次が難波田家を再興し城主に
1590年 豊臣秀吉小田原城攻めに際して降伏、難波田憲次は攻め手に加わり八王子城攻めに従軍
  廃城