鳴門海峡を睥睨する平山城
撫養城むやじょう
場所 徳島県鳴門市撫養町林崎北殿町149
旧国郡名 阿波国 坂東郡
別名 岡崎城、林崎城
種別 平山城
築城時期 ????年(鎌倉時代?)
築城背景 鎌倉時代に阿波国守護となった小笠原氏により築城されたと推定されるが、築城時期については不明
名城 私の500名城
主な城主 小笠原氏、四宮氏、真下氏、益田正忠(城番)
天守 なし
主な遺構 石垣
主な再建物 模擬天守
交通 JR鳴門線 鳴門駅 徒歩約25分
駐車場 妙見山公園の無料駐車場
徒歩・登山 駐車場〜登る3分〜模擬天守
<個人評価>
総合 遺構 再建整備 知名度 アクセス
登2分

撫養城の模擬天守

石垣

城跡から望む鳴門市街

麓から見上げる模擬天守
構成 阿波国北東部、鳴門海峡を見下ろす、標高62mの妙見山(古城山)に築かれた平山城。

縄張りについては詳細不明。
縄張図
または
現地
案内図
noimage
現状 妙見山公園となっており、3重4階の模擬天守が建てられており、内部は考古学者、鳥居龍蔵記念館となっている。

模擬天守のそばまで、車で登って行ける。

遺構としては、石垣がわずかではあるが残されている。
略歴
(前略)
????年 その後、三好氏の支配下に
1523年 管領、細川高国に追われた、10代将軍、足利義植が当地で死没
1568年 上洛した織田信長に追われた、14代将軍、足利義輝が当地で死没
1582年 長宗我部元親阿波国を平定
1585年 羽柴(豊臣)秀吉四国攻めで、長宗我部元親が降伏
蜂須賀家政阿波国18万石を拝領し、家臣の益田正忠が城番に
(中略)
1615年 一国一城令により廃城