常陸の太守佐竹家の居城
水戸城みとじょう
場所 茨城県水戸市三の丸
旧国郡名 常陸国 茨城郡
別名 旧、馬場城
種別 平山城
築城時期 1190年頃(建久元年頃)
築城背景 鎌倉時代、常陸国の名族大掾家が築城し本拠としたのが始まり。
名城 日本100名城  私の500名城
主な城主 大掾家、江戸重通佐竹義宣
天守 御三階櫓
主な遺構 藩校(弘道館)、土塁、空堀
主な再建物  
交通 JR常磐線 水戸駅 徒歩約10分
駐車場 周辺の有料駐車場
徒歩・登山 三の丸小学校南側の駐車場〜徒歩5分〜弘道館
<個人評価>
総合 遺構 再建整備 知名度 アクセス
歩5分

三の丸の空堀

三の丸跡(建物は県立図書館)

弘道館(水戸藩の藩校)
noimage
構成 常陸国の中央の平地、那珂川の南岸一帯に築かれた平山城。

当時は千波湖が城地の南側一帯に広がっており、北側を流れる那珂川とともに天然の堀として機能していた。

本丸を中心に、西に御三階櫓のあった二の丸、その西に三の丸、本丸の南西に下の丸が配された連郭式縄張りで、各曲輪は堀切で仕切られていた。

これら主郭の北と南、那珂川と千波湖の間、さらには西側一帯に侍屋敷や寺屋敷が広がっていた。
縄張図
または
現地
案内図
現状 ほとんど市街化されている。
本丸は現在水戸第一高校となっており、二の丸にも学校などが建てられている。
西側の三の丸には、水戸藩の藩校だった弘道館が現存しており、三の丸の堀なども保存されている。
略歴
●馬場城
1190年頃 大掾家が築城
(中略)
1426年 江戸家の居城に
(中略)
1589年 神生の乱が起こり、城主江戸重通の嫡男、江戸通升が戦死
その後、江戸家は衰退
1590年 佐竹義重江戸重通を攻め下し太田城を手中に
●水戸城
1594年 常陸国54万石の太守となった佐竹義宣が、太田城から移り居城に
水戸城と改名
1602年 関ヶ原の戦でのあいまいな態度を咎められ、佐竹家は出羽国秋田18万石に転封に
徳川家康の五男、武田信吉が城主に。(15万石)
1603年 武田信吉死没
徳川家康の十男、徳川頼宣が城主に。(20万石)
1609年 徳川頼宣が駿河国駿府(50万石)へ転封
徳川家康の十男、徳川頼房が城主に。(25万石)
これ以降、水戸徳川家の居城に
(後略)