堀尾家が築城し月山富田城から移った
松江城まつえじょう
場所 島根県松江市殿町
旧国郡名 出雲国 島根郡
別名  
種別 平山城
築城時期 1611年(慶長16年)
築城背景 関ヶ原の戦で戦功から出雲国月山富田城主となった堀尾吉晴が、1607年から築城を開始し、吉晴の死後完成。
名城 国宝5城 日本100名城  私の500名城  現存12天守
主な城主 堀尾吉晴、京極忠高、松平直政(結城秀康の子)
天守 複合式望楼型4重5階地下1階
天守に付櫓を付属(現存)
主な遺構 天守、堀
主な再建物 櫓、城門、橋
交通 JR山陰本線 松江駅 徒歩約25分
駐車場 周辺の有料駐車場
徒歩・登山 大手前駐車場〜登る5分〜本丸
<個人評価>
総合 遺構 再建整備 知名度 アクセス
登5分

築城当時のままの松江城天守

石垣

天守から望む松江市街と宍道湖

内堀と屋形舟
構成 宍道湖の東に築かれた平山城。

丘陵の頂上に本丸を置き、千鳥破風の屋根を持つ5層5階の天守が築かれた。
本丸の周囲には、腰曲輪、中曲輪、外曲輪、後曲輪などの曲輪を配し、二の丸は本丸の南に置かれた。
周囲には宍道湖の水を取り込んだ内堀がめぐり、三の丸は内堀を隔てた南側に広がっていた。
三の丸の南は宍道湖と、それに注ぐ大橋川で、天然の堀として機能していた。
縄張図
または
現地
案内図
現状 松江城山公園として整備されている。

天守は、堀尾家の築城当時のまま現存していおり、重要文化材となっている。
平成になってから、千鳥橋や眼鏡橋なども再現された。

内堀などをめぐる屋形舟での観光も可能。
城の西側を南北に流れる四十間堀川は、外堀の一部であった。
略歴
1611年 出雲国月山富田城主となった堀尾吉晴が、1607年から築城を開始し、吉晴の死後完成
1633年 堀尾家は、当主堀尾忠晴の死没により断絶
1634年 替わって京極忠高が城主に
1637年 京極家は、京極忠高の死没により断絶
1638年 替わって、松平直政(結城秀康の子)が城主に
(後略)