肥後相良家が35代670年に渡り守り居した
人吉城ひとよしじょう
場所 熊本県人吉市麓町38
旧国郡名 肥後国 玉麻郡
別名 繊月城、三日月城
種別 平山城
築城時期 1204年頃(元久元年頃)
築城背景 人吉荘の地頭となった相良長頼が、平家の家臣、矢瀬主馬佑の原城跡に築城
名城 日本100名城  私の500名城
主な城主 相良長頼、相良晴広、相良義頼(義陽)、相良忠房、相良頼房、相良頼寛
天守 なし
主な遺構 石垣、土塁、堀
主な再建物 門、塀
交通 くま川鉄道湯前線 人吉駅 徒歩約20分
駐車場 無料駐車場
徒歩・登山 駐車場〜登5分〜本丸
<個人評価>
総合 遺構 再建整備 知名度 アクセス
登5分

球磨川に開かれた水ノ手門(再建)

武者返し(庇)のついた石垣

堀合門(再建)

三の丸の虎口、御下門跡

広大な二の丸

護摩堂が建っていた本丸
構成 肥後国南部の人吉盆地を流れる急流、球磨川と、その支流、胸川の合流地点の丘陵に築かれた、石垣造りの平山城。

高所の本丸、下の段の二の丸、その下を鍵型に取り囲むように配された三の丸が城の中心。

これら主郭の西麓には、藩主の居館区域(御館)があり、さらにその先には蔵や重臣たちの屋敷が建ち並んでいた。

球磨川や胸川の水運を効果的に利用するために、水ノ手門をはじめ7つの船着き場が造られた。

これら近世人吉城の南の山が、広大な中世人吉城である原城(上原城、中原城、下原城)。
縄張図
または
現地
案内図
現状 人吉城公園として整備され、石垣、堀などの遺構が残されている。

堀合門そばの石垣は、庇の付いた武者返しとなっている。

また、水ノ手門や堀合門、城塀などが再建されており、見ごたえは充分。

重臣の相良清兵衛の屋敷跡には、人吉城歴史館が建てられている。
略歴
1204年頃 相良長頼が、平家の家臣、矢瀬主馬佑の原城跡に築城
  (中略)
1555年 相良義頼(義陽)が城主に
1557年 義頼の叔父、上村頼孝が謀反を起こすが、これを平定
1564年 この頃、島津家からの圧迫を受け始める 
1569年 島津家が薩摩国を平定 
1573年以降 城の大改修が始まる
1581年 相良義頼(義陽)、島津家に降伏し葦北郡を割譲
  相良義頼(義陽)、島津家の命で阿蘇家を攻めるが討ち死に(響野原の戦)
  義頼の子、相良忠房が城主に
1585年 相良忠房、疱瘡により死没、弟の相良頼房が城主に
1587年 羽柴秀吉九州攻めが始まると、相良家の重臣、深水宗方が秀吉に懇願し所領を安堵される
1588年 佐々成政が失政により失脚
加藤清正が熊本城主に(19万5千石)
1600年 関ヶ原の戦の際、相良頼房ははじめ石田三成の西軍につくが、本戦で西軍が敗北すると、籠っていた大垣城内で東軍に寝返り、戦後、本領を安堵される(初代、人吉藩主。2万2千石)
(後略)