念願の美濃を手に入れた信長の城
岐阜城ぎふじょう
場所 岐阜県岐阜市天主閣
旧国郡名 美濃国 厚見郡
別名 旧稲葉山城
種別 山城
築城時期 1201年(建仁元年)
築城背景 鎌倉時代、幕府官僚の二階堂行政が稲葉山山頂の砦として築城。
名城 日本100名城  私の500名城
主な城主 二階堂家、斎藤利永、長井長弘、斎藤道三 斎藤義龍 斎藤龍興織田信長織田信忠織田信孝池田元助池田輝政、豊臣秀勝(秀吉の甥)、織田秀信(三法師)
天守 3重4階天守
主な遺構 石垣、土塁
主な再建物 天守
交通 ぎふ金華山ロープウェイ 山頂駅 徒歩約7分
駐車場 岐阜公園の有料駐車場
徒歩・登山 駐車場〜徒歩3分〜ロープウェイ山麓駅〜ロープウェイ5分〜ロープウェイ山頂駅〜徒歩7分〜本丸
<個人評価>
総合 遺構 再建整備 知名度 アクセス
歩7分

岐阜城再建天守

天守台の石垣

山頂から望む長良川と鷺山城
(左上の緑の小山)

織田信長の居館跡
(金華山麓)
構成 美濃国南部、眼下を長良川が流れる、標高328mの金華山山頂に築かれた山城。
山頂には3重4階の御殿風の天守があった。

また麓の千畳敷と呼ばれる台地に、信長自慢の4階建ての御殿が建てられた。
縄張図
または
現地
案内図
現状 ロープウェイ、もしくは徒歩で登ることのできる金華山山頂に、3重4階天守が再建されている。
御殿のあった千畳敷部分は、発掘により土塁や石垣、階段、水路などが発見されている。
略歴
●稲葉山砦
1201年 鎌倉幕府官僚の二階堂行政が稲葉山山頂の砦として築城
その後廃城に
(中略)
●稲葉山城
15世紀中頃 美濃国守護代の斎藤利永が修築し、居城に
(中略)
1525年 長井長弘と長井新左衛門尉の謀反により、斎藤家が城を追われる
1527年 美濃国守護土岐頼芸の家老、西村正利(斎藤道三)の本拠に
1538年 斎藤氏を名乗った斎藤利政(道三)(西村正利)美濃国守護代に
1542年 斎藤利政(道三)が、主家である土岐頼芸を攻め一時追放するが、その後和睦。(大桑城の戦(第一次)
1547年 斎藤利政(道三)、大桑城の土岐頼芸を攻め追放し、美濃国守護となる
1548年 斎藤利政(道三)、争っていた尾張国織田信秀の嫡子織田信長に、娘の濃姫(帰蝶)を嫁がせ和睦
斎藤利政(道三)、嫡子斎藤義龍に家督と城を譲り、鷺山城に隠居。斎藤道三と名乗る
1556年 長良川の戦で、城主斎藤義龍が父の斎藤道三を討つ
1561年 斎藤義龍急死。子の斎藤龍興が城主に
1564年 家臣の竹中半兵衛、謀略により城をのっとるが、返却
1567年 織田信長に攻められ落城。(稲葉山城攻め
●岐阜城
織田信長により岐阜城と改められ、信長の居城に
1576年 織田信長が隠居し、家督を継いだ子の織田信忠が城主に
1582年 本能寺の変後、織田信忠の家臣斎藤利堯が一時城をのっとるが降伏
清洲会議の結果、信長三男の織田信孝が城主に
その後、織田信孝柴田勝家と組んだことから羽柴秀吉に攻められ、織田信忠の遺児、三法師を引き渡す
1583年 賤ヶ岳の戦柴田勝家が敗北すると、兄の織田信雄に攻められ降伏。その後織田信孝はは切腹
美濃国を拝領した池田恒興の子、池田元助が城主に
1584年 池田元助が、小牧・長久手の戦で父池田恒興とともに戦死
弟の池田輝政が城主に。(13万石)
1591年 池田輝政三河国吉田への転封により、豊臣秀勝(秀吉の甥)が城主に
1592年 豊臣秀勝、病死
織田秀信(三法師)が城主に。(13万石)
1600年 関ヶ原の戦の直前、織田秀信は西軍についたため、東軍の福島正則池田輝政らに攻められ落城
1601年 岐阜の本拠が加納城に移されため廃城