[ トップページへ] [ Sのトップページへ] [ =地質観察会=]
[ 早田周辺の地層] [ 粟久保の関東ローム層] [ 大磯の関東最古のローム層その1] [ 大磯の関東最古のローム層その2]
[ 秦野中井の関東ローム層]
浅間山080823
==箱根巡検080823==
==2008_08_23(土)浅間山巡検==

  NPO山の自然学クラブ―浅間山巡検―。
 ― 一部、細部工事中です、落丁や乱丁、聞き違いや、勘違いあると思います、何か、気づかれたら、ご一報下さい ―

 信州上田市出身の筆者は、約55年前の高校生時代に、その高校の仲間10人で浅間山に登頂した想い出がある。
 その夏、小諸市からの夜、歩き出してご来光前、浅間山火口縁に着いた。薄明かりのとき火口を覗き込めば、約300mの絶壁下は、巨大溶岩の間が真っ赤な火であった。
 その光景は、コンロで燃やす堅炭の間の火にそっくりであった。
 何も解らず登ったので登山ルートさえ、覚えていないが、何時、山頂を仰いでも懐かしい山だ。

2008_08_23浅間山巡検から/雨中の巡検となった。主要メモと写真で記録する。好天の日に小浅間山に登り景観観察に行くつもり!。 

 NPO山の自然学クラブ信州講座―担当:大池田昌史氏―講師:三宅康幸先生(信州大学理学部地質科学科教授)―。
2008_08_23浅間山巡検の各頁へ= 平原火砕流へ峰ノ茶屋・降下軽石露頭へ鬼押出溶岩流へ=  
浅間山巡検後のキーワード
平原火砕流へ
 烏帽子浅間山火山群、小浅間、小諸火砕流、鹿児島・宮崎のテラス台地、箱型の地形、黒斑火山、仏岩火山、小諸第2火砕流、火砕流原面、ノッチ、古土壌、田切地形、巨大噴煙柱、火山ガス、火山灰、マグマのしぶき(飛沫)、異質岩片、高速火砕流・・・。

峰ノ茶屋・降下軽石露頭へ

 東京大学火山地震観測所、登山禁止、登山届箱、火山ガスレベル、水蒸気爆発、降下軽石、白色粘土(シルト)とチョコレート色シルト、黒ボク・・・。
 (六里ヶ原) 噴石、火口から4km規制の意義、噴石の初速度・・・。

鬼押出溶岩流へ

 鬼押出岩の色、風化と粘土鉱物、高温赤色酸化、溶岩クレパス、縄状溶岩(ハワイ)、ブロック状溶岩(浅間山)、中間(三宅島)、
ヒカリゴケ、爆発角礫岩、蒲原火砕流、アメリカセントヘレンズや三宅島の火山噴火後の植生回復、絞り出し溶岩、溶岩流谷の出来方・・・。  


 電子国土で小浅間山を見る

[ =この頁トップに戻る= ]

2008_08_23浅間山巡検の各頁へ= 平原火砕流へ峰ノ茶屋・降下軽石露頭へ鬼押出溶岩流へ=  

浅間山巡検事前に調べたこと浅間山の地質軽井沢の天気


 関連HP=
[ 070304茅ヶ崎高座丘陵の関東ローム層へ]= [ 070127秦野中井の関東ローム層へ]= [ 061216大磯の関東最古のローム層その2へ]

[ 早田周辺の地層] [ 粟久保の関東ローム層] [ 大磯の関東最古のローム層その1] [ 大磯の関東最古のローム層その2]
[ 秦野中井の関東ローム層]
[ トップページへ] [ Sのトップページへ] [ =地質観察会=]