Illustshun mizutani


この世の裏側にある世界
ヒナラギ
予言は
その世界の終末を示していた
その日まであとわずか
人々は祈り
救世主の出現を待っていた

この世界の運命は二人の手に!

ヒナラギ世界に取り込まれた卓也とミリ

モーグが襲ってくる!

カン博士の家でヒナラギの世界を知る

支配者ジャバジャーラ

卓也は抵抗する人々と出会う!

ついに最終決戦の時はきた!


この世の裏側の世界「ヒナラギ」
その世界には「ラー」というエネルギーが満ちており、それを操る支配者ジャバジャーラと、それに抵抗する人々がいた。
「三つの月が重なり合うとき、災いが訪れ、人々は心を失い、世界は永遠の闇に閉ざされるであろう」
その運命の日は、二日後に迫っていた。

こちら側の世界の高校生、卓也とミリは、「ラー」の力により、このヒナラギ世界に迷い込んだ。
神官によれば、卓也とミリは、救世主というのだが、二人には信じられない。
しかも、男女二人で力を分かち持つ場合は、「ヘラの地」に立たなければ「ラー」の力を存分に発揮することが出来ないと言うのだ。
そこで二人は、受け取った「ヒメラの剣」と「スメラの鏡」に導かれながら、「ヘラの地」を目指して旅立つのであった。
その旅の途中で、様々な人々と出会い、運命的な戦いに巻き込まれてゆくのであった。
制作費400万円、まさに8ミリフィルム映画最後の超大作です。
1986年7月20日にクランクインしてから、4年10ヶ月の歳月と、115名もの参加者により完成したこの『ヒナラギ伝説』は、インディーズ映画史上かつてにスケールで贈る冒険ファンタジーです。
飛行艇同士の空中戦や、ファンタジックなシーン、さらに支配者の操る黒服兵団と抵抗者たちの大激戦シーンなど、見所は枚挙にいとまがありません。
まるで、ロールプレイングゲームを思わせるストーリーは、様々なキャラクターが絡み合いながらドラマチックの展開していきます。
SFX 250カット以上。
組まれたセット9種12杯。
使用セル約3000枚。使用フィルムのべ12時間分。
まさに、超大作という名に値する作品だと言えましょう。
主人公卓也に、当時高校生だった渋谷征茂。
ミリに、北野晶美。
支配者ジャバジャーラには、劇団からくりの看板スター、岩本正治。
コマロに、高田豊穂。
サーラに、吉沢友里。
カン博士に、関西自主映画界のおいて、貴重な名バイプレーヤーの村上とよゆき。
ジョシュに、豊田充浩。
タミラに、植田香津美。
モーグに、青木宏道。
タムドに、自主製作映画を製作している、林 日出夫。
神官に、藤田良一などなど多数参加しております。
監督・脚本・音楽/水谷しゅん
製作/西島 宏
プロデューサー/三島修二
撮影/北山真一
衣装デザイン/三好道夫
特殊メイク/岡野正広
特殊造形/中西 朗・水谷治夫


 (1991年劇場公開作品・8ミリフィルム
   /上映時間1時間37分)

 

主な登場人物
卓 也
(渋谷征茂)
バンドをやっている普通の高校生。
ミ リ
(北野晶美)
卓也のことが好きな女子高生。
ジャバジャーラ
(岩本正治)
「ラー」の力を操る支配者。
コマロ
(高田豊穂)
マナヒト族の勇者。
サーラ
(吉沢友里)
コマロの恋人。
ミリの力になる。
カン博士
(村上とよゆき)
「ラー」を研究している。
タミラ
(植田香津美)
魔女になりたくて、ジャバジャーラの手先になる。
モーグ
(青木宏道)
自分を理解してくれるタミラの用心棒。 
ジョジュ
(豊田充浩)
カン博士の助手。
タムド
(林 日出夫)
サーラのいる部族の長。
※現在はコミックの原作や小説の執筆などで活躍中。
神 官
(藤田良一)
かつては「ラー」の使い手だったが年老いている。
迫力のSFXシーン特写

カン博士のアルケミ号と格納庫

ジャバジャーラの旗艦
(『ゴジラアイランド』では改良して使用)

パースがつけてある格納庫

タミラの飛行艇のミニチュア

驚異のトラベリングマット合成
アニメの光線との合成

もう一つのヒナラギの物語外伝

タミラVSゲラム

CGartist●HARU
水谷しゅん監督の弟である「HARU」氏が作った本邦初公開のオールCGによる5分の作品です。

トップページへ戻ります