2005.3.12 パルフェスタ

ワークショップ「保育園について聞いてみよう」
ベビーのタッチケアとママの産後のセルフケア講座
パルフェスタ2005に、ほっぺにチュ!も昨年に続き参加しました。
午前は昨年と同じワークショップで内容も「保育園について」。
参加人数はやや少なめでしたが、その分参加者が発言しやすく、和気あいあいと進んだと思います。
妊婦さんやパパも参加していただいてます。特にパパが積極的なのには素晴らしい!と羨ましいやら何やら・・・。^-^
まず、自己紹介して現在の状況などをお話していただいてます。
それぞれに出される現在の問題や疑問についてスタッフの西村が説明したり、
参加者で話し合ったりしています。
・今、母乳で育ててるのですが預けるには、やめないとだめなのかしら・・。
・区から補助金が出るって聞いたけど、どれくらい?
・幼稚園と保育園の違いって・・?
・子供が病気になったら、どうすればいいの?
   などなど・・・
母乳をやめたくなければ、搾乳して持参するというのは・・。
スタッフの実体験をお話しました。搾乳した母乳を哺乳瓶で飲ませてもらっていました。園にかけあってみてはどうでしょうか。
認証保育園についても、大切なお子さんのことです。実際に見たり聞いたりして、いくつかを比べてみて納得された園を選ばれてくださいね。
保育ママさんという自宅で預かってくれる方もいらっしゃいます。お住まいの地域にいらっしゃるか調べてみては?
ファミリーサポートやベビーシッターさんという手もありますよ。
葛飾区では、病後児保育を砂原保育園で実施されています。
登録制です。通園の距離など問題はあるかと思いますが、検討されてはいかがでしょうか。
子供を預けて働くというのは、それは大変なことです。家庭では、「お父さんの関わり」が重要なのではないでしょうか。ご家庭でよく話し合われてくださいね。
抜粋しましたが、ほか色々な疑問などが皆で話し合われました。
4月から預ける方、これから探す方、これから赤ちゃんを産む方。皆さんの不安が少しでも、軽くなれば良いなぁ〜と、ほっぺにチュ!スタッフは思っています。頑張ってくださいねっ!
スタッフ西村が長女を1年間保育ママさんにお願いしていました。
その間、何かにつけ写真を撮っていてくださったそう。最後にアルバムで頂いたのだそうです。
ママは、「二人目は写真が少ないし、と〜っても感激した!」
右は長男の卒園アルバムです。想い出がいっぱい!
ベビーのタッチケアと産後のママのセルフケア講座
まずは、骨盤のお話。

骨盤の位置を確認したり、しくみを説明したり。

←自分の骨盤が歪んでいるかどうかのチェック
ママと目を合わせてスキンシップで、ご機嫌♪
ニコニコ^-^
耳たぶの後ろを優しくなでてあげて。
わき腹も同じように。
お腹をなでるように優しく優しく。
声をかけながら、楽しく。
首の座った赤ちゃんは、お座りしてもらって、右〜左〜揺れて、こんにちは。
正面から見ていたら、めちゃくちゃかわいかったデス!!
ママのセルフケア講座へ
腰痛のひどいママさんにモデルになってもらいました。
相当ひどそうです。・・・。
さらしを巻いて、もう一度チェック
少しはあがりやすくなったかしら。
でもこの位置を巻くとだいぶ楽なはずですよ。
歩き方。いいのは、宝塚男役歩き!
ベビーカー押しながら意識してみませんか?
ママ達が体を整えてる間に、子供達はおとなしくネンネ。待っています。
頭を動かさないように、骨盤を意識して回しましょう。
1日の中で洗面所に立ってる時とか、癖にしちゃうといいかも
まだだよぉ〜。待っています。^-^
最後にリラックスタイム。
不思議!この時間、今までグズっていた何人かの赤ちゃんもいたのですが、ピタッと静かになっちゃった。しーん・・・。
体勢を整え、赤ちゃんはおっぱいやミルクを飲んだり、オムツを替えたりしながら、自己紹介をぐるりと。
本日の感想と現在の体の調子や育児のことなど、いろいろ・・・。
赤ちゃんを産んだお母さんの体は、引き続き育児で疲れています。
今日の体操で、少しでも体が軽くなったと思われたら幸いです。
赤ちゃんの小さい体にタッチいっぱいしてあげて、今しかないあっという間に過ぎてしまう蜜月を楽しんでくださいね。
吉川助産師よりひとこと
基本的に、ペチャンコ座りも横座りも骨盤が歪んでしまう座り方なので、して欲しくない座り方です。
どうしても横座りをしなくてはいけない場面では、5分ずつ交互に座ろうね。

骨盤が歪まず腰痛などの症状を予防する座り方としては、正座やあぐらで骨盤が正しい位置になるように座る事です。
日常生活の中で気を付けていって下さいね