大宰府
(だざいふ)
■所在地:福岡県太宰府市観世音寺4−6−1
■形式:平城 ■築城年:不明 ■築城者:不明 ■遺構:碑・説明板・堀
【最終訪城日:2008年03月18日】

築城年代は定かではないが、筑前国に地方行政機関として築かれたことから始まる。その後、奈良時代から平安時代にかけて西の防衛拠点として重要な役割を果した。

国の重要文化財に指定されている楼門。
国の重要文化財に指定されている本殿。
国の重要文化財に指定されている志賀社。
安楽寺天満宮留守別当大鳥居家の宿坊。
本堂へと続く太鼓橋。
太鼓橋のかかる場所に広がる心字池。
大宰府政庁南門が建てられていた場所。
大宰府政庁を囲むようにして水堀もこんな感じで残っています。
戻る