〜勝光寺と本光寺。そして、親鸞聖人。〜

 

わが歳きはまりて安養浄土へ還帰すといへども

和歌の浦の片男波よせかけよせかけ帰らんがごとし

一人いて喜ばは二人と思ふべし

二人いて喜ばは三人と思ふべし

その一人は親鸞なり

われなくも法はつきまじ和歌の浦

あをくさ人のあらんかぎりは

弘長二歳十一月 愚禿親鸞 満九十歳

                                                                                                                西念御坊                 

                  『御臨末之御書』

 

↑ 親鸞聖人安城の御影                         

 

 

 

如来大悲の恩徳は 身を粉にしても報ずべし 

師主知識の恩徳も ほねをくだきても謝すべし

                                           『正像末和讃』 

                       

あの頃のやうに・・・ 報恩講を満堂にしたいげんって・・・

平成25年秋。お念仏の声を高らかに、響かせたいげんって・・・

石川県小松市から復活させたいがやっ!!

 

↑ 勝光寺・能邨勇樹住職(左)と本光寺・多田眞住職

 

↓ 2か寺の取り組みを続々アップ   

今年(平成26年度)は小豆汁にスポットを当てて、

両寺で研究を重ねたものを報恩講のお斎(とき)に

お出ししたいと考えています。

平成26年8月19日 二か寺参り合い定例会を開催。今年初の試みも決定

平成26年4月22日 二か寺合同での小豆汁研究会が北國新聞の記事に

平成26年4月19日 本光寺、勝光寺合同で小豆汁研究会をおこないました

平成26年3月15日 二か寺の小豆汁研究会を発足

★平成25年度の二か寺の取り組み