欣圖軒 (Yan Toh Heen/広東料理)

住   所 : G/F, Intercontinental Hong Kong, 18, Salisbury Rd., Tsim Sha Tsui
◆尖沙咀梳士巴利道18號香港洲際酒店地下
電   話 : 2313-2323
営業時間 : 12:00-15:00、18:00-23:30
日本語メニューあり、日本語多少可
 2008年7月来店 レストランサイト(日本語) 


リージェントホテル時代に麗晶軒という名で有名だった高級広東料理レストラン。
2001年6月よりインターコンチネンタルホテルと名称変更し、総料理長、料理長も交代したと聞いているけど、それでもなお有名なお店です。
国際的な賞も数多く受賞し、近年では
ミシュランで1ツ星を獲得している実力もあり。

仕事で「ここの金杯K椒爆和牛(和牛の黒胡椒炒めのバスケット盛り)を食べてきなさい!」 との指令で食べたけど、なんという柔らかい肉!!(和牛だもんな)。
それ以外にも海老のトウチ炒め、フカヒレとカニと花ニラの炒めも絶品。
料理もさることながら、スタッフの対応が非常によいデス。
空心菜炒めが食べたかったのですが、メニューになくて聞いてみたところ、わざわざ作ってくださいました。
調理法も「どうしますか?」と聞いてくださいました。
もちろん、大好きなガーリック炒めで!

夜景も見えて、何もかもがBestなレストラン。
でもこれだけお金を払えば、良いサービスが受けられて、美味しいものが食べれて当たり前とも思ったり・・・。
半分仕事でもあったので、コースにはせず、アラカルトで食べたいものをいくつかチョイスしましたが、2人で約2,500HKドル(当時の日本円で27,000円程度)でした(汗)。

ランチタイムには点心も楽しめますよ。

ある程度、中華料理に詳しい方はコースではなくアラカルトで食事することを勧めます。
ドレスコードは多少ありますが、あまりに着飾りすぎると逆に浮いてしまうので、最低レベルを守ればOK。
ドレスコードを気にしすぎて着飾ると、逆に浮いてしまいます。
日本人はこの辺りが苦手なので注意してね!

メニューはシーズンによって変更されるので、行かれるときは事前にメニューチェックしてみるのも良いかも。




彩雲軒 (Chou Wan Hin Seafood Restaurant/広東料理)

住   所 : 3/F, Silvercord, 30 Canton Road, Tsim Sha Tsui
◆尖沙咀廣東道30號新港中心3樓
電   話 : 2375-9997
営業時間 : 9:00-23:00
日本語不可、日本語メニューなし
 2011年7月来店 レストランサイト(広東語) 


尖沙咀は香港でも旅行客が多く訪れる一番の繁華街であるため、比較的高いレストランが多い中、ここはリーズナブルな価格で広東料理を楽しめます。
店舗が位置するショッピングモール、シルバーコードは中心地に位置しているのに観光客が少なく、地元の人が多いのが特徴。

ココは駐在員の中でも
比較的安く飲茶が楽しめるということで人気です。

海鮮料理も豊富にありますが、今回は香港らしい広東料理をチョイス。
チャーシューとローストダック、芥蘭(チャイニーズブロッコリー)と豚の首の肉の炒め物、そして
脆皮焼<月南>仔と言う、皮がカリカリ、肉がジューシーな豚肉が激的に美味しかったかな。
付け合せのマスタードソースが非常に合います!

今回は現地の友人含めて6名で食事しましたが、いつもは2人で行くことが多い香港旅行、大人数揃ったらこうしたレストランで食事したほうが安いしいろんなものを食べれますネ。

ホテルのサービスとしては・・・普通でした。
ウェディングパーティも行われることが多いと聞いていたけど、特別ホスピタリティが高いなとも思えず。
ついてくれた給仕のオバサンがはずれだったのかも(笑)。

地元の人が多く、観光客はほとんどいないので
日本語はもちろん、英語もあまり通じないかも。
メニューは広東語オンリーです(広東語名の下に英語表記はあり)。
でも写真もついているものもあるのでTRYしてみてもいいかも。

週末の夜は19時過ぎるとすぐ満席になるので、早めに行くか予約して行きましょう。
ちなみに料理は8品、ビール2本、紹興酒2本で一人当たり300HKドルしませんでした。



【お勧めメニュー

 脆皮焼<月南>仔 → 皮がカリカリ、お肉はジューシーな豚(写真下)
 ◆
帶子賽旁蟹 → ホタテの貝柱と卵白炒め。北京料理の代表的ですがここも美味しい!




錦記海鮮大排當 (Kam Kee Seafood Stall/広東料理・大排


住   所 : G/F, 16-18 Lo Lung Hang Street, Hung Hom
◆紅ハム老龍坑街16-18號地下
電   話 : 2330-7672
営業時間 : 不明
日本語不可、日本語メニューなし
 2012年11月来店


香港でもだいぶ少なくなった『大排當(タイパイトン)』と呼ばれる屋台のお店。
完全に屋台ではなく、店舗があって軒先にも少し席がある感じです。
完全に広東語、観光客向けのお店ではないので、ビギナーの方にはお勧めしません。ちょっとハードルが高いです。
でもこういったお店は本当に安くて美味しいんですよね〜。

今回は香港人友人のアテンドで連れて行ってもらいました。
どれもコレも美味しかったのですが
【椒塩九肚魚】という白身魚を揚げて塩コショウだけで味付けたもの、コレは在港時代から大好きです。
骨がないのでガブっとかぶりつけます。
また
<虫豪>仔餅(カキのオムレツ)はカキが小ぶりで生地がカリッカリです。タイのニョクマム(魚露)をつけて食べるのがまた美味しい〜♪

「綺麗なところで落ち着いて食事をしたい」「安心してトイレを使いたい」人には不向きですが、
ローカルな香港を味わいたい人にはオススメのお店です。


【お勧めメニュー

 椒塩九肚魚 → 白身の魚を揚げて塩コショウだけで味付けした魚のフライ
 ◆
<虫豪>仔餅 → ベビーオイスターのオムレツというかかき揚げみたいなもの