戻る - 参加 

Fiore di Susinoの育児奮闘日記

2004年11月24日 22時50分44秒  IKEA へ

今日のお昼はまた家の前の中華で食べて、そのあとすぐにIKEAへ。私の誕生日のプレゼントに(もう2ヵ月半も前の話だけど)『IKEAの椅子が欲しい』とリクエストしてて、ついに今日買いに行くことになったのだ。色々迷った挙句、BONNYというシリーズのキャスター付きの事務用タイプの椅子。コンピュータの机のところに置きたかったで、それに決定。肘掛が別売りで有ったので、それも一緒に。肘掛の部分が高さが調節出来て、授乳するにも最適、なところが気に入った(^_^)。色はブルーにした。嬉しい♪
その他、雑貨を色々と買って結構な出費になってしまった(^^;)。

店内子供連れも多くて、旦那がコーヒーを飲んでる間、子供雑貨のコーナーをうろうろしてたらよちよち歩きの子とその家族が居たのでついつい歩き方が可愛くて声をかけてみる。私『歩き始めたばかりなんですか?』、その子のおばあちゃん『もう随分前からね、一人で勝手に歩き出したのよ』、私『へえ。今何ヶ月なんですか』、おばあちゃん『今11ヶ月なの』、私『歩き出すの早いですねぇ!』、おばあちゃん『でも歩き出してから結構経つのよ』なんて感じで。ほんと子供が出来てから余計に、知らない人とでもこうやってお話しするようになった。大体が向こうも梅ちゃんくらいの子持ちの家族とかなんだけど。なんか、通じ合える、見たいな(笑)。その後も旦那がコーヒー飲んでたところに行って私もジュース飲んでた時に近くに居たママさん二人のうちの梅ちゃんくらいかなーの男の子が、一人でアーとかウーとか、えらくおしゃべりしててそれがきっかけで旦那が話しかけて、話が弾む…みたいな。結局その子5ヶ月の子だったんだけど、すごい大きくて吃驚した。もう一人の子は一歳らしい(写真参照)。なんかでも今日いろんな子供見てて思ったんだけど、梅ちゃんって頭がおっきいぞ(^^;)。他の子達の頭の小さいこと。

昨日の夜も23時まで目が冴え冴え。で、今日も今んとこ(23時前)冴え冴え(@_@)。寝る気配全くなし。今日は出かけて疲れてるはずなんだけどー。寝てくれよー(T_T)。
-----7ヶ月31日目
2004年11月23日 21時56分16秒  腰痛

10日ほど前からかなぁ、腰がなんとなく痛くなってきたのは。生理が来るには早すぎるし…と思いつつ今日に至る。今日くらいだともうそろそろ後3、4日で生理も始まるはずだし、それだったら生理前で腰が痛いのかもしれない。でも、多分梅ちゃん毎日抱っこしてるせいじゃないかなぁ、とも。

確か、臨月近くもこうやって腰が痛くなったっけ。妊娠中に10.5キロは太ったからなあ。お腹だけでおそらく今の梅ちゃんくらいは支えてたと思う。それ思うとほんとよく平気で(平気でもなかったけど)生活してたもんだわ。こんな重たいものお腹に入れて階段上がったり、歩いたり。息切れしてたのも無理は無いよなぁ。お腹から外に出てしまえば、旦那に代わってもらったり、下に置いたりして休憩できるけどお腹に入ってるものは耐えるしかないもんね。

梅ちゃんが生まれてからは腰痛もすぐにマシになったんだけど、また再開したみたい。約8キロ抱えて、家ん中でうろうろ用事してるんだもんなぁ。これが1歳とかになったら(抱っこする量は減るかも知れないけど)どうなるんだろ。こわー。外でもよく10何キロも有る子供抱っこして歩いてるお母さんとか見るもんなー。母は強しだわ。自分もそうなるのかなぁ。
今日はほんと腰の重さプラス下腹部まで重くなってきてるから、ほんともうそろそろね。気分もちょっとブルーになる。って言うか、だるい。

昨日の夜は梅ちゃん目が冴えすぎで結局夜23時位までおもちゃ片手に唸り続けてた(笑)。その唸り方も、まるで車がエンジンかける時にアクセルを踏むような感じの唸り方。『あちょー』とか『ふーん』とか言ってた。パズルマットの上でしばらく遊んで途中で飽きると、今度は歩行器に入れて、で歩行器が飽きるとまたパズルマットで、の繰り返し。お陰で昨晩は仕事もほとんど手付かず(T_T)。

で、やっと寝付いたと思ったら、しばらくすると泣きながら起きる。で、手を握ってあげても全然効かず、泣きが激しくなる。まただ。夜泣きの一種かなぁ。でも、梅ちゃんの場合は可愛いもんだろうと思う。抱っこするとすぐ泣きやむから。多分怖い夢でも見たのかもしれない。

でもほんとありがたいことに、梅ちゃんは本格的な夜泣きはした事がない。こうやって泣いても抱っこすれば治まるし、添い寝してる最中なんて夜中に泣いて起きたことは一回も無い。こうやって、添い寝じゃない形で一人で寝させてるときだけ、偶に泣いて目が覚めることが有る位。おそらく私が側に居ないから、怖くて泣くのかも。その代わり、添い寝の添い乳が癖になってしまってて、寝ながらおっぱい探す癖が付いてしまってるせいか、添い寝してる最中は常におっぱいが目の前に無いと落着かないみたい。夜泣きが無いのは嬉しいけど、変な癖を付けてしまったかも(^^;)。おっぱいを近づける体勢で寝なくちゃいけないので、と同時におっぱいやパジャマで梅ちゃんの鼻をふさがない様に気をつけなくちゃいけないので私が熟睡出来なくなってしまってるから。あー、もう長いこと熟睡をしてないわ。
でも、ま、卒乳するまでだし、こうやって母子のスキンシップもはかれるし、いいっか、って思ってる。添い乳してて、偶に梅ちゃんがおっぱいから顔離して私の方を見上げてニコーっなんて笑ってくれる瞬間なんて、もうこれ以上の幸せは無いわ!なんて思ってしまったり(^_^)。

今日は野菜スープの中に野菜をすり潰した分も混ぜてあげてみた。もぐもぐ期のメニューになるのかな。ま、そんなに嫌がることなく80%位食べたかな。ヨーグルトは相変わらず好きみたいで今日も半分位食べた(^_^)。よしよし。
-----7ヶ月30日目
2004年11月22日 21時54分49秒  冬本番になってきた

今日は朝から空もどんより天気が悪くとても寒い。結局一日家にこもって翻訳の続きを育児の合間にやる。カタログの翻訳なんだけど、商品の写真も無いので商品説明を想像の世界に頼りながらしなくてはいけなくて難しい。幸いインターネットのサイトにいくつかの商品例が有るので、それを頼りにやっているけど、細かい詳細までは無い。目標は今月以内に済ませること。頑張らねば。来年日本に帰れるかもしれないし、その資金の足しにでも出来るように。日本に帰ると言っても家族みんなで行こうと思うとかなりの出費になる。特に今は私は専業主婦だし、共働きでもしていればもう少し余裕でもできるのかもしれないけど、イタリアは特にリラからユーロに変わってから物価の上昇が激しく、贅沢な暮らしなんて出来ないご時世だ。

今日の離乳食は、いつものパスティーナ入りスープ(ベースは昨日義母の作った野菜スープで)は半分ちょい、かな。でも多めに作ったから、いつも食べる位の量は食べたかなぁ。やっぱり最後は口をつぐんでしまうので、ヨーグルトに切り替える。すると、また大きな口を開けて食べだした(^_^)。結局ヨーグルトを容器の半分位食べたかな。すごい。ちなみにあげたのは、特に赤ちゃん用ヨーグルトとかではない普通のミュラーのプレーンヨーグルト。食べ方見てるとよっぽど好きみたい。

今日はお出かけしなかったせいか、夜は全然寝ようとしない。寝かしつけようとすると、怒って泣く。なので、今一人で遊ばせてるんだけど、一人でおもちゃ手に唸りまくってる(爆)。寝てくれよー、仕事できないわー。
-----7ヶ月29日目
2004年11月21日 18時38分12秒  はーっ(溜息)。

今日は恒例の義父母宅でのお昼ごはん。出かける前に義父母の為に、喜ぶだろうと思って義父母と梅ちゃんの写ってる写真を何枚かコンピューターでプリントアウトしてあげて、持って行ってあげた。もちろんすごく喜んでくれたんだけど、私が前回プリントしたげた(夏位の)写真と比べて私が『見て!梅ちゃんこんなに成長してるよ。顔もすっごい変わってる。』って言ったのをきっかけに、義父母共にまた検診の日の話を始めた。義父母はまだ梅ちゃんの成長が足りてないと思ってるらしい(^^;)。二人とも先生が体重の伸びが悪い、と言ったと主張し続ける。で、義母は『先生は梅ちゃんが一月にどのくらい伸びていなくちゃいけないかを言うべきだったのよ。それを何も言わないのはおかしいわ。』である。私は『そんなの子供によって成長って異なるから、”いくら”なんて言えないと思う。』って言ってみたけど、自分が正しいと思い切ってる人には馬の耳に念仏。でも旦那も先生に電話して聞いたら問題ないって言っていたことをもう一度言って、旦那を呼びに行こうとすると止められる。そもそも旦那が外でタバコを吸いに行ってるのを知ってて、わざとこの話をはじめたようだ。旦那が居ると、また怒りだすから。でも、私一人では太刀打ちできないし、しまいには『あなたはそんなに心配しなくていいのよ。』である。あれ?心配してるのあんた達でしょ?私じゃなくて。はーっ。

で、ちょっと変な雰囲気になってしまった中での昼食。私は翻訳の仕事を夜遅くまでやって、朝も結構早かったし昼寝もしてなかったしで、お疲れモードプラスこの事ですっかり無口になってしまっていて、なんだかちょっと暗い昼食になってたような気がする(笑)。いやー、でも重たいのよ、ほんと。ここまで来ると。旦那もまたこの事で怒り出しちゃったし。体重の増えがたとえ少なくても、何も変えること出来ないじゃない。先生に『後何グラム増やしなさい』ってたとえ言われたとしても(最もそんな事言うわけ無いけど)、無理に梅ちゃんの口にご飯突っ込むことも出来ないし。ちゃんと食べてるし、おっぱい飲んでるし、寝てるし、笑うし、いつもご機嫌だし、言うこと無いのに。何が不満なんだろう。何が心配なんだろう。

旦那が移民の話を持ち出したとき、私の中で一番引っかかってたのが義父母。可愛い孫を遠くに連れて行ってしまうこと考えると可哀相で。旦那より、私の方が気になってた位、私は義父母のことを慕ってるんだけど、今回みたいなことになると『やっぱ遠くに住んでる方が余計な干渉が無くていいかも』なんて思いだしてしまう。自分の両親が近くに居ない分、旦那の両親の側に居てあげたいなーなんて思ったりもしていたんだけど。ま、こんな事が有った方が逆に自分の中で移民申請に向かって自分をプッシュ出来るのかも知れないなぁ。…とまた色々考えてしまった。

昼食の後、*義母特製*の野菜スープに私が持参したパスティーナとパルメザンチーズを入れて梅ちゃんの離乳食を皆であげる。最初に義父。4、5口でいやいや。次に義母のおひざへ。3、4口でいやいや。次に私のひざへ。10口位でいやいやが始まったので代わりにさっきまでかじってたビスケットを手に持たせる。しばらくして旦那が来る。旦那のひざで残りを完食(^_^)。旦那が梅ちゃんに食べさせるのは今日で2回目。嬉しそうに食べさせてるので『じゃあ次回からこうやってあげてね』とついでにお願いしといたけどやってくれるかなぁ(笑)。

さあ、仕事仕事。
-----7ヶ月28日目
2004年11月20日 22時52分05秒  外で昼食

今日はとってもいい天気だったので旦那がお昼を外で食べよう、と。どこに行こうかと悩んだ挙句、パスタリートと言うパスタの専門店で、日本で言ったらファミレスタイプのレストランへ行くことに。ここのパスタは結構味もいけて、ボリュームたっぷりのパスタが出てくる。私が注文した”ゴルゴンゾーラとくるみのパスタ”も2人前位のボリュームだった。旦那は”ニース風サラダ”これもボール位の大きさのボール皿にたっぷり。私達がレストランに入ると何も聞かずにすぐに『禁煙席』に通された。きっと梅ちゃんが居たせいだろう。私達が食事した禁煙コーナーには他に子供連れの家族が2家族居た。そのうちの1家族は生後1ヵ月半の男の子を連れていて、なんか赤ちゃんがすっごく小さく見えた。で、お互いに『小さいですねー、可愛い。うちも昨日の事のように思うんだけど。』、『こんなに大きくなるのねー、でも笑ったり、しゃべったりしてくれるから、育児の甲斐も有るでしょう?』などといった会話が弾む。ほんと梅ちゃん成長したなー。その赤ちゃん、しょっちゅう『ふえ〜ん』って泣いてたんだけど、声のボリュームの小さいこと!お母さん回り気にして必死で『しーっ』って言ってたけど、あんなの全然迷惑の範囲に入らないよ。ほんと身体が大きくなるにつれて、声もおっきくなるから、梅ちゃんの泣き声を聞きなれてるせいか、『うわー、ほんと新生児の泣き声だー』なんて思った。

食事の後は、海の側を散歩。今日はなんか、海の岬のところで区役所主催の子供対象の催し物をしていた。色々なゲームをしたり、綱引き(写真参照:綱と言うよりも紐に見えたんだけど)をしたり。ちょっとした観客席も設けてあった。
すっかり夕方になって帰宅し、遅めの離乳食をあげたけど、疲れてるのと眠いのとでかほとんど食べてくれず。出だしは良かったんだけど、口を5、6口目でつぐんでしまった。ヨーグルトも2口アウト。

さあ、仕事仕事。
-----7ヶ月27日目
2004年11月19日 22時26分48秒  離乳食は今日も続く

昨晩は梅ちゃん夜泣きのようなものはなかった。良かった。

育児の合間を見ながら翻訳の仕事をする。なかなかはかどらない(^^;)。梅ちゃんが寝入った隙を狙ってはしてるんだけどね。納期が15日後なので、大体一日に1ページ半やれば、最後の見直しにも時間が掛けられるんだけど…。実際は昨日3分の2ページと今日も今のところ3分の2ページ位。今晩梅ちゃんが寝付いてからもう少しやらねば。

今朝、旦那が義父母に電話して、先生としゃべったことを伝えた。『先生は体重の伸びも悪くないし、何も心配することは一つも無い』と言っていたよ、と伝えると『まあ!そんなこと言ったの?先生すぐに変えなさい!』である。私が聞いたのもそうだったんだけど、義母は一体何を聞いて、どうやって解釈したんだろう…。その後は、当然義母と旦那で言い合いが始まる。旦那もかなり熱入ってるし、義母の声もいつもに増して受話器越しに聞こえてくる。…なんかただの平凡な何の異常も無い検診なのにこんな大事になるなんて…(溜息)。義母の心配は体重の伸びと歯がまだ生えてきてないこと。はー。育児書とかにも『歯が1歳3ヶ月位になっても生えてこない場合は先生に相談しましょう』って書いてたし、検診の時にも先生がちゃんと歯を見てくれて、『もうすぐね』って言ってたし…。そんなに焦って成長させてどうすんの…。私が思うに、きっと先生んとこで順番待ってた時にしゃべったママさんの8ヶ月の男の子がやたらデカかったのと、その子にもう歯が生えてるって言ってたからかもしれない。よその子はよその子、梅ちゃんは梅ちゃんなのにね。

今日の離乳食も昨日と同じメニュー。だけど、ちょっとお水を少なめにしてドロっとした状態にしてみた。なんと、ほとんど食べてくれる。と言っても量は以前と同じ位なんだけど。でも、パスティーナが入ってる分、重さはある。最初はすごい笑顔で大きな口を開け、でも最後の方で口をつぐんでしまったので、ほんのちょっと残ったんだけど止める。食べてる最中口を開けるたびにお星様の形をしたパスティーナが梅ちゃんの舌の上で見え隠れしてるのがおもしろかった。でヨーグルトに切り替えるとまた笑顔で食べ始めてくれたのにはちょっと吃驚。味に飽きるのかな。ヨーグルトは大さじ2杯位だから結構食べた。それもとってもいい笑顔で。

さあ、仕事、仕事。
-----7ヶ月26日目
2004年11月18日 22時27分06秒  あぁ、義母、義母

今日も梅ちゃんと昼寝をする。昼寝から起きてくると、旦那が『さっき母さんが電話してきてね、梅ちゃんのことを心配してるみたい』と。私『何で?』、旦那『いや。昨日の検診で先生に体重の伸びが悪い、って言われたからって。』、私『は?先生には”全く問題なし。離乳食食べてない割りには体重も増えてるし、身長も伸びてるし。"って言われたよ。何で、二人ともそれ聞いてたはずなのに、何で話がこうも変わるの?』、旦那『なんか偉く心配して、今日梅ちゃんの離乳食を作ってもって来ようか、って言ってるから、君に聞いてから連絡するって言っといたんだ』、私『はー(溜息)。行く前から嫌な予感してたのよ、もう次回からは絶対一人で行くから。』 梅ちゃんに食べさせたいのは分かるけど、話をここまで変えられるとは…いや、本当にそう思ってるのかもしれない。私『あ、でもお父さんも先生の言うこと聞いてたし、電話してお父さんに聞いてみてよ』、で義父母に電話する旦那。義母と再度しゃべったけどおんなじ事を言ってるらしい。その上、私が気を悪くしたんじゃないか、とか、次回から自分だけで行くって言い出すんじゃないか、と一応心配もしてるらしい。ははは、その通り。で、義父に変わり旦那が義父としゃべる。『昨日先生なんて?』、義父『体重があんまり伸びてないって』。…そんなことは一言も言わなかったゾ。義母に言いくるめられてるのか…?で、埒が明かないし、私も誤解はされたくないので、だんなに先生に電話してちゃんと説明してもらって、と言う。
先生になかなか繋がらなかったんだけど、仕事に出かけた先から連絡を取ったらしく、旦那から外から電話が掛かってくる。『先生としゃべったよ。君の言った通りのこと言ってたよ。で、何の心配も要らないって。』、私『だから言ったのに、ちゃんとお父さんとお母さんにそれ言っといてよ。』。ほんと、体重、体重って一月でいくら増えると思ってるのかしら。一キロも増えると思ってるのかなぁ。太りゃあいいってもんでもないでしょ。義母ってこういうところが無ければ、頭もいいし可愛いし、いい義母なんだけどなぁ。もう孫のことになると人が変わる。他のものが全く目に入らなくなるからね。

そう言えば、今朝起きた時梅ちゃんのオムツを替えながらテレビをつけると面白そうな番組がやっていた。昔イタリアでは赤ちゃんを一歳になる位までさらしのような物でぐるぐる巻きにしていたと言うことは義母からも聞いたことが有ったんだけど、ちょうどそれについて言っていた。義母も同じ事を言ってたが、当時は赤ちゃんをぐるぐる巻きにしておかないと足が曲がって育つ、と信じられてたみたい。コメンテーターも『衛生的にも非常に悪いし、よくこのような拷問の様な事をしていたもんだ』と言っていた。番組自体非常に面白そうだったので、ちゃんと聴きたかったんだけど、梅ちゃんがオムツ替えながらグズグズ言ってたので、半分位聞こえなかった(T_T)。その他に、1961年ごろ(だったかなぁ)女性の社会進出が増加して、働きに出るお母さん達が増え、そのせいで子供を乳母に預けてお乳をやってもらってた、みたいなことも言っていた。白黒で当時の乳母さんのインタビューとか写ってたけど、梅ちゃんうるさくてほとんど聞こえなくて残念。イタリアも日本と同じ、今でこそ母乳に限りなく近い成分のミルクが買える時代になったけど、当時おっぱいの出ないお母さんにとったら、乳母さんの存在ってとっても大事だったに違いない。その番組でも乳母さんが当時いくらいくら稼いで…みたいなこと言ってた。『へえ、よその赤ちゃんにおっぱい飲んで貰ってお金もらえるなんて、私もやりたいわ。』なんて思っちゃったけど(笑)。ちょっとした小遣い稼ぎになったりして。ま、今の時代は必要の無い話しだけどね。

今日は梅ちゃんにパスティーナ、パルメザンチーズ、オリーブオイル、お米のクリームを野菜スープに入れて先生の言うレシピで。20口位かなぁ。後、ヨーグルトを3、4口。赤ちゃん用の口の中で溶けるビスケット(これも義母が買ってくれた)を半分位。どれも泣く手前でストップ。旦那も、私の方針に賛成してくれてるし。それにしても梅ちゃんの腕や身体全体の力がさらにパワーアップしてきてる。毎日ほんとに吃驚させられる。昨日の夜は、寝付いたと思ったら急に泣き出して2回も起きた。通常は泣き出しても手を握ってあげるとすぐにまた眠りに落ちるのに、昨日は泣き止まなかった。いつもと違う。やっぱ夜泣きかなぁ。で、泣き出して泣きやまないので抱っこして背中ぽんぽん叩いてあげると知らないうちに抱っこのまま寝入っていた。これも初めて。抱っこしたまま寝付いたこと無かったのに。ひょっとして泣きはしてたけど、半分寝てたのかも。うーん。パターンが変わってきてるかもしれない。-----7ヶ月25日目
2004年11月17日 22時44分09秒  検診日 & 離乳食への思い

今日は久々の検診の日。朝約束の時間より早めに義父母到着。離乳食が進んでいない、と言うことと義母が着いてくることに若干不安を持ちながら掛かり付けの先生の元へ行く。私達が到着した時には私達の他に4家族待っていた。どこの家庭も、義母または実母、旦那さんとかも着いて来てる。結構待ったかな。で、順番が来て、義父母と共に先生の居る部屋に入る。梅ちゃんを裸にして簡単な健診。前回までずっと笑顔でいい子にしてた梅ちゃん、今日は大泣き。きっと周りの人たちの区別がつくようになったし、見慣れない場所だからだろう(毎月検診で来てたとしても)。検診の結果、体重は前回から350g増の7,950g、身長は2cm増で65cm。順調とのこと。体重は抱っこがかなり重くなってきてたから、8キロは軽く超えてるかと思ったけど、そうでもなかった。
この後離乳食のことを聞かれる。先日口の回りのポツポツの件で、先生のところに伺った時にも離乳食の話をしてて、『30ml食べるか、食べないかってとこなんです』って言ったら、『嫌がっても頑張って食べさせなさい』と言われていた。でも、食べないものは食べないし、あまりに強制して食べさせたくなかったので、無理強いもさせていなかった。
で、やっぱり状況に変わりが無いことを伝えると、『でももうこの月齢だったら、無理にでも食べさせなくてはいけないわ』とまた言われてしまった。予感的中。うーん、あんまり賛成ではないんだけど。『でも泣いて嫌がったらどうしたらいいんですか?』って聞くと、『じゃあ、目の前に食べ物を置いておいて、遊ばせながら放って置きなさい。そうすると食べ物で遊んでそれを口に持って行って味を覚えて食べるようになると思うわ。』と。それはいい案かも。ただし、その辺や手やが汚れる覚悟で(^^;)。じゃあ、試してみよう。でも、本人が『食べる』ことに関心を持たない限り、無理強いして、って言うのはやりたくない。で、今日は『大人が食べるヨーグルトでもいいので、プレーンヨーグルトとパスティーナ(米粒ほど小さいパスタ)を7,8分湯がいたものを野菜スープにでも混ぜてあげ始めましょう』と。
検診の後、義父母と一緒に遅い朝食を取るためにバールに入る。3人とも飲み物は、ホイップクリームの浮いたホットチョコレート。こっちの老人って、年こんなに行ってるのにこんな甘いもんとって大丈夫なのかなーなんて思ってしまうくらい甘い物好きが多い。で、想像してた通り、義母が梅ちゃんにホイップクリームをスプーンに取ってあげだした。げげげっ!って思ったけど、一口位なら…と思い黙って見る。すると、またもう一口調子に乗ってあげてる。『おいおい!』(>_<)。でホットチョコレートを飲みだしたので、止めたのかと思いきや、『アイスクリーム用のスプーン貰ってくるわ』と腰を浮かせかけたので、『もうこれで十分』と言って止める。本人は『でも先生に無理にでも食べさせるよう言われたでしょ』である。食べさせるものが違うでしょ、ったく…。これも予感的中…。すぐに調子に乗る義母。この後、朝市が目の前でやっていたので皆で寄って私はダウンベストを買う。帰り道にスーパーへ寄り、義父母が先生に言われた食品を買ってくれた。
家に着いた途端『早速ヨーグルトをあげましょう!』と張り切り満々の義母。梅ちゃんかなりお腹すかせててずっとグズグズ言ってたし、私のおっぱいも結構カンカン状態になってる。私的にはすぐにでもおっぱい空にしたかったんだけど、そうも行きそうにない。孫に食べさせられることが嬉しくてしかたない義母。最初は機嫌良く食べる梅ちゃん、いつものように何口目かでいやいやが始まる。それでも、先生に言われたとおりに無理にでもあげようとする義母。そのうち梅ちゃんの泣きが本格的な大泣きに。私『先生がああ言ってたけど、私は賛成じゃないです。"食べる"ことを楽しませずに、無理にあげて"食べさされる、嫌なのに食べなくちゃいけない"ってイメージを付けさせたくないし。』と言うと、『じゃあ、これまでにしましょう』で止めてくれた。ま、何が正しいか分からないけど、私は自分の中の母親の本能に従って育児したいと思ってるので、これでいいと思ってる。今食べなくても、いつか食べるようになるんだし。焦ってあげてもしようがない。成長がその子その子によって違うように、離乳食の進み方もその子によって違うと思うしね。
義父母が去った後、おっぱいを思いっきり飲ませ、疲れてた梅ちゃんすぐに寝付く。昼食後、日本人の友達のMちゃんがうちに来て夕方までおしゃべり。今日は昼寝が少なかったお陰で夜はすんなり寝てくれた…と思いきや、泣き出したぞー。なんか、最近夜すんなり寝付くことが少なくなったような。ちょっと今までと違う。今もコマ付きの椅子で遊でる。すごいご機嫌。疲れるまで放っておこう。うーん、何でだ?-----7ヶ月24日目
2004年11月16日 22時36分11秒  翻訳の仕事

今日のお昼頃に日伊ハーフの友達から電話が有る。私の携帯に電話が掛かってきてたんだけど、たまたま添い乳で梅ちゃんを寝かしつけてた最中なので代わりに旦那が電話に出てくれる。折り返し電話する、と伝えてもらいその後連絡を取る。旦那が『なんか翻訳の仕事かなんかみたいだよ』と。
私は今現在仕事をしてないんだけど、こうやって在宅で出来る翻訳の仕事とかが有れば有難く受け取らせてもらっている。と言っても、別にどこの翻訳会社に登録してるでも無いので、こっちで翻訳を本格的にしてる友達関係から『手が回らないからやってもらえないか』って言われた時だけしてるので、前回やったのはかれこれ梅ちゃんが一ヶ月半位の時。前回は別の知り合いからだったんだけど、今回の友達は今学生で勉強の傍ら、翻訳や通訳の仕事もやっている子。彼のほとんどの翻訳・通訳関係の仕事は、日本の某有名テレビ局からお願いされるものらしい。で、今回回ってきたのもそのテレビ局の翻訳の仕事。量も結構有るみたいで、『育児しながら大丈夫かしら』なんて思いながらも、了承。後は彼の方が直接向こうに連絡を入れてくれて、私の所にファックスかメールで連絡が入ってくるらしい。

夕方から旦那と買い物に出かける予定だったんだけど、出かける直前に義兄から電話が有り、旦那が一緒に行くか?と誘ってる。(いや義兄もどうせ私達と一緒にどっか行きたくて電話してきてたんだろうけどね。) なんか最近私心が狭くなってるのか、ちょっとムッとしてしまいそれが顔に出てたみたいで、旦那に『どうしたの?』って聞かれたので、正直に『家族だけで行きたかったのに』と言ったのがきっかけで、別の話にまで展開し、遂には喧嘩。いや、展開させたのは旦那の方であって、何でそこまで話しが飛ぶの、で私がもっとムッとする、のような感じ(^^;)。で、出かける気がすっかりうせた私『どうぞ義兄と出かけて来てください。梅ちゃんと家に居ます。』って言うと、旦那義兄に電話して『出かけるの止めにした』って言ってる。
もしも排卵日がちゃんと来てるなら、そろそろPMSの時期に入っていてもおかしくない。PMSになると普段気にも留めない様な事でもムッとしたりするからね。う゛ー(唸)。

今日は梅ちゃんに手抜きで(っていつも手抜きの癖にね(^^;))ベビーフードのコーンポタージュをあげてみた。最初の何口かは笑顔で口まで大きく開けてたのに、6、7口目からはいやいや。残りは私のお腹へ。結構いけたわ。明日は梅ちゃんの検診日。旦那が仕事で一緒に来れないんだけど、義母が着いて来てくれるらしい(^^;)。離乳食こんなにあげてない(食べないんだもーん)ので、なんか言われちゃうかなぁ。身長と体重どのくらい伸びてるか楽しみ。そうそう口の回りのポツポツもほぼ完治したからそれも伝えないと。
-----7ヶ月23日目
2004年11月16日 07時42分52秒  隣の歌声

今日は旦那が午前中仕事でお昼過ぎに帰ったので、お昼を家の前の中華レストランで食べようということに。二人とも中華が好きなんだけど、家の前の中華は味がイマイチ、ってのでいつも一駅離れた美味しい中華レストランまで食べに行っていた。

今日は昼も遅めに帰ってきたので、すぐに食べれるし家の前でいいかってことになる。2週間ほど前に、その家の前の中華でお持ち帰りで何品か注文したんだけど、その時は味が結構いけてたので『コックが変わったのかなぁ』とか言っていた。で、今日食べた分も結構おいしかったので、食べ終わったときに『コック変わったんですか?』って聞いたら、女主人が『私の旦那よ』という。で、『旦那さんってずっと料理してるんですか』って聞いたら『半年ほど前からね』と。だからかー。詳しくは聞かなかったけど、その言い方だと以前は違うコックさんだったみたい。で、その女主人に『とっても美味しかったです』と言って店を去る。これからは家の前にしよう。その方が近いし便利だしね。

夕方洗濯物を寝室で片付けていた時のこと。ステレオから流れてくる音楽と隣の家のナポリ人一家の長男の歌声が聞こえてくる。イタリアのポップに合わせてこの長男が機嫌良く歌を歌ってるのだ。まあ時間もまだ早いし大音響でもなかったので、『いつものことかぁ』くらいで用事をしていたんだけど、そのうちディズニー映画、"アラディン"のIt's a whole new world"のイタリア語バージョンが聞こえてきた。『うわー、懐かしい!カラオケでよくかつをちゃんと歌ったよなー。へえ、イタリア語バージョンなんてあるんだー。でも、考えてみたらなんでも吹き替えするイタリア人、有って当たり前よね。』なんて思いながら聞く。で、この長男がイタリア語で一緒に歌ってるの聞いて、”プッ”って笑ってしまった。普段あんなに親にえらそうに口利いて、すごい汚い言葉使いまくってる子がディズニーの曲歌ってるなんて(笑)。で、こっそり私も用事しながら一緒に英語バージョンを口ずさむ。途中から彼の歌い声が消え、『あれ、どっか行っちゃったのかな』なんて思いながら、続けて歌う私。でも、こっそり、ね。で、途中で『ブチッ』って曲を変えられてしまった(爆)。ウップス。聞こえてたのかなー(^^;)A。あんなにこっそり歌っても聞こえてるんだったら、それもすごいよね。

今日は梅ちゃん夕方3時間ほど寝てくれたのはいいけど、夜になっても寝ない。すごいご機嫌で笑顔でニコニコー…はいいけど寝ない。いい加減私もこの日記を書こうと思ってるのに。書くの中断して梅ちゃんの寝ない写真撮る(写真参照)。あんまり寝ないので、ちょっと疲れさせようと思い、このコマ付きの椅子(日本では何て言うんだろ)に乗せて遊ばせる。ちょっと私から離れたところに置くと知らない間に私の所に来てるんだけど、再度離れたところに置いて『おいで』って言うと、こっちに来たいのに、足を前に出して前に進むことを知らないので、足をピーンと立てて爪先立ちになって『ッへー!ッへー!』と唸ってる(笑)。やっと足が付くか付かないか位にしか付いてないんだけどね。おもしろい。いつもは遅くても22時半には寝付くのに今日はもう23時過ぎ。

…で、今やっと疲れて寝付いてくれたところ。で日記がやっと書けました♪
-----7ヶ月22日目
2004年11月14日 18時43分56秒  旦那の心の内

毎週恒例の昼食。今日は義母の手作りニョッキ。ニョッキとはじゃがいもと小麦粉で作ったパスタのこと。私達が着いた頃には義母のパスタ作りがもう最終段階の終わりかけであった。私は今までニョッキと言ったらスーパーで売ってるニョッキしか食べた事が無かったのだけど、義母曰く、『スーパーなんかで売ってるニョッキは本物じゃない。あれはジャガイモの代わりにアミド(片栗粉の一種でとうもろこしから出来ている)を使ってるのよ。』らしい。確かに食べてみると市販の方がアミドのせいか、もちもちとした食感が有る。やっぱり手作りって何でも美味しいよね。材料も何が使われてるか分かってる分安心して食べれるし。その他、お肉や野菜やいつものようにいっぱい。デザートも義母作の手作りジャムの乗ったクロスタータ。

私は旦那と知り合うまでカナダの移民を真剣に考えてて書類をかなり揃えていた。ちょうど3年前一人でカナダに友達に会いに行った時にも(この時は自分の住んでいたバンクーバーではなく東の方のトロント、モントリオール、ケベックへ行った。)必要書類を集めたり、元職場のモントリオールにある本社まで足を運んだりもした(本社のお偉いさんが私のこと覚えててくれて招待してくれたのもあり)。この本社には働いてる頃に仕事の関係で3回ほど訪れたことがある。ともかく、当時イタリアの生活がどうしても、どうしても好きになれず、カナダを出た時からずっと戻りたいと思っていたしで、書類関係が集まり次第提出する予定だったのが、旦那と知り合ってしまったのだ(^^;)。もちろん、付き合い始めてすぐにこの事はちゃんと伝え、『これだけはどうしても譲れない』って言い通してたんだけど、同時に自分の中でもいろんな葛藤もあった。旦那は『君が行くなら僕も着いていく』とは言ってくれたものの、英語もそんなにしゃべれないし、40過ぎて一からやり直すのもかなり勇気が要るだろうし、私もあんまり遅くなる前に子供が生みたかったし→カナダに行くと最初の何年かはきっと子供なんて作れないだろう・・・云々考え出すと、どうしても答えが出てこなくなってしまい、旦那と結婚を決めた時点で考えるのを止めよう、と心に決めたのだ。この方向転換もこうやって書くと簡単に見えるかもしれないが、自分の中ではほんとにすごい葛藤だった。義父母もとってもいい人達だし、この人達から息子を遠いところに連れて行くことにも、まるで自分が悪人のように感じたり(笑)。何よりも、旦那は『君が行くなら・・・』で、『行きたい』ではなかったから。

今では、『ここが自分の住む国なんだ』と思うようになってからは、以前よりもイタリアのいい所も見え出したりし(と言うか、嫌な事に目を瞑ってるだけだったりして(爆)。見えない振り?慣れかなー、怖い怖い。(^^;))、カナダの友達とメールやメッセージのやり取りをする度に懐かしくはなるけど、『もう住みには戻れないんだ』って思ってる分現実味がもう無くなって来ていた。
・・・だが。昨日、なんと旦那の方から『カナダの移民のことどう思う?』で、私『え?どういうことよ』、旦那『もうほんとにこの国の社会体制に辟易してるんだ。ここには住みたくない。』だと。 普段からもしょっちゅうこの国(典型的イタリア人)の文句言ってるからね。文句と言うよりも、『恥ずかしい』って。ま、私もやっと方向転換が終わり、諦めかけてたところなのに…ムムム、である。で、旦那に『後になって、気が変わったって言わないんなら、また情報集めてみるから』で話は一応終わった。その後も、お互い色々頭で考えてたのは見ても分かった。ふーむ。旦那って結構深く考えずに思いついた事を口にすることがよくあるし、こっちもそんなに期待せずに様子を見よう、っと。
移民移民って言っても、申請が通るのってすごく難しい。私達がファミリーで申請しても通らない可能性もある。駄目もとで申請してみてもいいかなー。一回諦めてるから駄目でもそんなに落ち込まないかも知れないし。昨日から色々考えてるんだけど、ちょっと弱気になってきてる私にも自分ながら少し驚く。当時の私だったら手放しに喜んでるだろうに。カナダの教育水準はかなり高いらしいので、梅ちゃんにとってもいいかも知れない。カナダに住めば梅ちゃんはきっと3ヶ国語がしゃべれるようにもなるかも、だしね。うーむ。でも壁は高いぞー。ちょっとゆっくり考えねば。
-----7ヶ月21日目
2004年11月13日 17時28分47秒  帝王切開事件

昨日、おとついとニュースで『ローマ市近郊の私立産婦人科病院で、帝王切開をした妊婦死亡。子供は無事生まれる。』と言うのを見た。
なんでも妊婦が下腹部に痛みを覚え、緊急帝王切開手術が行われ、手術翌日腹部内部に出血が見られ子宮摘出をしたがその翌日容体悪化、死亡したらしい。なんかこの病院では過去2年間の間に二人帝王切開した妊婦が死亡していたらしく、この生まれたばかりの赤ちゃんと他に3人の子供と共に残された旦那さんが病院相手に訴えを起こしているそうな。
なんとも可哀相な事件。このママさんも待ちに待った出産だったろうに。それも自分が出産で死ぬなんて思っても見なかっただろうと思う。もちろん旦那さんにしても、回りの家族にしても、第4子目にしても嬉しいイベントだったはずの出産が一変してこんな形に変わってしまうなんて。なんだか、この生まれたての赤ちゃんの世話と他に3人の子供達の世話で走り回る旦那さんをイメージしてしまった。
子供産むって命がけよね。病院側に落ち度が有ったにしても、手術は手術。何が起こるか分からないし。私は今回の自分の分娩で、ほんとに辛い思いをしたし、産後の回復もほんと大変だったので、第2子のことは常に『いつ頃にしよう』なんて考えるけど、次回は帝王切開のほうが楽かなー、なんて考えたりもしていた矢先だったので、このニュースでちょっとまた考えさせられた。
スペイン人の友達のお姉ちゃんは第1子目に30時間、第2子目も(通常2子目からは楽に生まれるらしいが)19時間だったかな、の難産だったらしい。それも、私と同じで、お腹の上から先生に搾り出されて出てきたらしい。あれって死ぬほど辛かったわ。お腹の上に先生の全体重かけられて、先生の腕で肋骨辺りから下に搾り出される。私が分娩のときはあれを3回されたからね。この光景を見ていた旦那もかなりびびったらしい。先生に『ほんとに、ほんとに、ほんとに痛いんですー!!』って叫んだけど、選択の余地はなかったから結局我慢せざるをえなかったけど、ほんとに死ぬかと思った。下腹部の強烈な痛みと、先生に押されてる間息が出来ずに窒息しそうな苦しさ。まるで首絞められてるみたいだった。で、このお陰でおそらく肋骨にひびが入ってたんじゃないかな。産後3週間ほどは寝返り打てないくらい、いや身体ちょっとねじるだけでも肋骨あたりに激痛が走ってたから。授乳中でレントゲンも取れなかったしね。世の中には安産な人も居るのに、どうして私が…なんて思ったわ(笑)。
ま、なんにしても、このニュースで帝王切開について考えさせられてしまった。イタリアでは帝王切開率って結構高いらしい。でも私が行ってた母親学級に参加してた人たちはほぼ皆、無痛の自然分娩を希望してたけど。20年助産婦をしていたと言う母親学級の講師も無痛分娩を勧めはしないけど、『頭の中で候補に入れときなさい』って言ってた。痛みは美徳、と言う時代はもう終わったって。隣のフランスとかだと無痛分娩は当たり前らしい。その点イタリアはカトリックの濃い国だから、未だに痛みは美徳と思ってる人が多いのも現状らしい。私も色々と話を聞いたりインターネットで調べたりした結果無痛分娩を選んだんだけど、実際出産の時点まで『子宮口が最低でも3cmか4cm開かないと、麻酔は出来ない』と言うことを知らなかった。で、私の場合は子宮口3cmが開くのに16,7時間は掛かったんじゃないかなあ。(詳しくはまた出産記かなんかを将来UPしたいと考えてます)
なので、陣痛の痛みは思う存分味わったかな。無痛分娩希望だったにもかかわらず(^^;)。梅ちゃんを一人っ子にしたくないのともう一人くらいは欲しいってので2人目は考えてるけど、いやはや『妊娠・出産』と言う、すばらしい、が辛い経験を無くしては有り得ないのを考えると『もうちょっと休憩してから』なんて思ってしまう今日この頃。・・・と言いながら、自分の年のこともまた考えちゃうのよねー。うー、続けて産んだ方が楽なのか、ちょっと梅ちゃんと年を離した方が楽なのか…。仕事復帰のこととかも考えると、女ってほんと不利よね。うーん。
それにしても、義父のお祖母ちゃんにあたる人って24回も出産したらしいのには吃驚。ギネスもんよね、って思うけど当時は結構普通のことだったみたい。家の畑仕事を人を雇ってまでは出来なかったらしいので、子供をたくさん産んで手伝わせてたって。当時は流行病とか、ワクチンが無かったり、医療も今ほど進んでなかったから子供ってすぐに死んじゃってたみたいね。24人産んで最終的に生き残ったのはたったの7人らしいから。旦那がうそか冗談かは知らないけど『当時は畑仕事しながら畑で子供産んでたらしいよ』だって。ひえー。で、当の本人は至って健康、戦争の爆撃に遭う90何歳まで生き延びてたらしいからね。人間って頑丈に出来てるもんだね。-----7ヶ月20日目
2004年11月12日 22時08分36秒  カナダからの便り

今朝、起きて朝ご飯を食べ、梅ちゃんのオムツも替えたところで電話が鳴る。義兄からであった。『今、家の下に居るんだけど邪魔じゃなければ上がっていい?』家の下に居る人間に対して、邪魔とも言えないし、『大丈夫、邪魔じゃないよ、上がって』と答える。
旦那は今日は久々の休暇の日でまだ起きたてでパジャマを着てて、トイレから出てきたところに『お兄ちゃん今来るってよ。家の下に居るって。』って言うと旦那もちょっと怒ってる。『何でいつもこんな突然なんだよ・・・』って。義兄も通常週中は仕事が有るはずなんだけど、今日は行く気がしなかったらしく、病欠を取るつもりで家に居たんだけど、朝からひっきりなしに仕事場からの仕事連絡等の電話が入るので、結局昼から出ることにした、と言っていた。

昨日の晩インターネットに接続した時にメールが2件入ってきた。2件ともカナダの友達から。二人ともカナダで一緒に働いた職場仲間で、一人はバンクーバーに住むリサ、もう一人は今現在モントリオールに住むメリージョー。リサはカナダ生まれ&育ちの中国系カナディアン。メリージョーはケベック出身(フランス語圏)で、知り合った当初バンクーバーに英語の勉強&ケベック出身の彼と一緒に住む為にバンクーバーに住んでいた。知り合ったのは二人とももう10年位前。私がカナダを出た96年はまだコンピュータも今ほど普及されてなかったし、お互いEmailも持っていなかったので、お互いの実家の住所を知っていた、くらい。メリージョーとは日本に帰ってからも偶に手紙のやり取りをしていたんだけど、知らないうちに連絡が途切れてしまっていた。で、私が3年前にカナダに遊びに行った時に別の友達を通して彼女のEmailアドレスをゲットし、連絡を再開し始めたのだ。リサに関しては、97年にカナダに遊びに行った時以来。98年にクリスマスカードが実家の方に届いたんだけど、その時既に私はイタリアに居たし、最初の何年かは住居を転々としていたので、返事をしそびれていて結局返事を今まで書いていなかった。ずっと頭のどこかで『リサに手紙書かなくちゃ』とは思っていたんだけど、Emailだとすぐに返事を書くのに手紙となるとすごく筆不精になる私(^^;)。でも、2週間ほど前に『今書かないと、また書きそびれる。リサに手紙を書くぞ!』と奮起して手紙を書いた(大袈裟だね、ほんと(笑))。で、昨日返事が来たのだ!なんかすっごい嬉しかった。連絡を途切らせたくはない、と思ってはいたものの、『何でもっと早く書かなかったんだろー』とも思ったり。
なんと、リサは先月女の子を出産したらしい。彼女の作りたてのホームページで、彼女の写真や私の知ってる彼女の友達たち、彼女の旦那さんになった人(彼女達の結婚した日がなんと私達と5日違いだった)、赤ちゃんの写真とかを見た。うわぁー懐かしい顔がいっぱい。

なんか私を含め、私のカナダ時代の職場仲間(カナダ国内&アメリカに400店舗以上を持つカナダ系の某小売店で約3年間働いてました)のリサもメリージョーも、マネージャーんとこもみーんな今年女の子産んでるー。メリージョーは私より3週間ほど後(第2子)、マネージャーんとこは5月の頭に両方とも女の子産んでる。でもって、カナダに行った最初のひと月だけ語学学校に通ってたんだけど、その時に仲良くなった日本人の子も4月頭に女の子(第2子)産んでるし。なんか、今年は知り合いの出産ラッシュなのかしら(^_^)。

メリージョーからのメールは第2子のクララちゃん、現在7ヶ月に突入したところで、ハイハイしまわってるらしい。(←うちはしないぞーまだ。(^^;))で、母乳育児をやめ、粉ミルクに切り替えたらしい。ふーん、そっかー。偶に私のHPに来て写真を見てくれてるらしい。

リサもメリージョーもほんとに仲良くしてくれてたからなー(リサが辞めた後メリージョーが代わりに入ってきたので二人はお互いを知らないんだけど)。なんか今でも連絡取り合えてるって、嬉しいな。あの頃にEmailがもっと普及してたら未だに連絡取り合えてるだろう友達も、他にもっと居ただろうになー。
ほんと今回はリサの朗報にとっても嬉しくてウキウキしてしまった(^_^)。あー、今すぐにでもカナダに飛んで行きたいよー(涙)。
-----7ヶ月19日目
2004年11月11日 22時28分21秒  減ってきたかな?おっぱいさん

ここ一月くらいかなー、なんとなく『おっぱいの生産量が減ってきた』ような気がする。今までは両胸とも3時間空けるとカンカンになってしまってたのが最近では特に右胸が6、7時間は持つようになって来た。最初から左胸の方がとてもよく出ていて、3時間以上経つと石のようにカチカチになってたのが、今では『張ってる』程度になってきている。ムラ飲みのある頃で偶におっぱい飲んでくれない時なんてほんとに困ったもんだけど、今はそんな悩みもなくなってきてうれしいような、でもおっぱいも若干以前のサイズに戻りつつあるようでちょっぴりガッカリだったり(笑)。

私の場合ほんとにラッキーにも出産後3日目か4日目くらいからおっぱいが順調に出てきてくれて、病院を退院する5日目にはもう既にカンカン状態にまでなってた記憶がある。初めておっぱいがカンカンになった時は吃驚した。で同じ病室に居たおばさん達に『おっぱいってこんなにカチカチになるんですか?』って聞いたら、笑って『そうよー。搾乳機使いなさい。』って言われた(^^;)。病院に入院中は、4時間ごとくらいに赤んぼが病室に連れてこられておっぱいタイム。その時点で赤んぼが飲まないと、新生児室で粉ミルクを飲まされていたみたい。なので、タイミングが合わないとあっちで飲んでお腹が良くなってるために運ばれて来ても飲んでくれなかったりした。そのせいでこんなカンカン状態になってしまうのだ。こっちの病院って病院によっては生まれてすぐ自分のベッドの横に赤んぼ置いてくれるところも有るみたいだけど、ほとんどの病院が新生児室でこうやって管理されるみたい。特に公立の病院ではそういった例が多い、と母親学級の講師が言ってた。

病院から退院してから毎日毎日、かっちかちになってしまうおっぱいが乳腺炎になりわしないかとびくびくしながら生活していた。ひどいときは母乳パッドしてても服の上ににじんでくる位。出ない人も悩んでいるんだろうけど、私もほんと毎晩おっぱいが心配で寝れない日が続いたくらい。でも有り難い事にもともと小さ目のおっぱいだったのだが、サイズが軽く2位はアップしたようだ(^_^)。

・・・それが、最近ではサイズもまた以前に近づきつつあり、そんなにカンカンになることも大分なくなってきた。『おっぱい出さなくちゃー』のストレスはなくなったけど、サイズが1は減ったかな、が少し残念。ま、寝る前に搾乳機使わないといけないかもしれない、って毎晩思いながら生活することもなくなったし、最終的には嬉しいかな。ストレス軽減したみたいで。それに卒乳するのもこうやって自然に減ってきてくれた方が簡単そうだし。それにそんな張ってないのに、梅ちゃん機嫌良く飲んでるの見ると出てることは出てるみたいだしね。
離乳食も始まったし、どっちみちおっぱいの回数は減っていくのが普通だからこれが自然なんだろう。

昨日梅ちゃんと誕生日が一日違いのサワちゃんのとこのHP日記を見て、バナナを美味しそうに食べるってのを見たので、うちも今日あげてみた。サワちゃんちも梅ちゃん同様離乳食がなかなか進んでなかったみたいなんだけど、初期食を中期食に変えたら食べ始めたとの事。梅ちゃんにも以前バナナを潰して水で薄めたのをあげたことがあるんだけど今日は薄めず潰したのをそのままあげてみる。3cm位だけど、食べた。機嫌良く(^^)。以前から思ってはいたんだけど、梅ちゃんもおそらくサラサラよりもドロっとしたものの方が好きみたい。なんて、まだ他にいろんなものあげてないから分かんないけどね(笑)。3月生まれの子を持つお母さん達のHPや掲示板覗いてると、皆ほんと頑張って離乳食あげてるなーなんて。私も見習わなくちゃね。ちょっとグーたら過ぎるかしら…(^^;)。
-----7ヶ月18日目
2004年11月10日 22時02分22秒  暖房点く!

この8月の頭に買ってまだ半年位しか経ってないほうき型の掃除機が壊れ、保証書も有ったので修理に出したんだけど、全然直っていない(さすがイタリア(^^;))。旦那が修理後(?)の掃除機を引き取りにわざわざ家から地下鉄2回乗り換えて約一時間掛かる修理屋まで行ったすぐ後にその修理屋が長い夏休みに入ったために、8月いっぱいは再度持って行くことが出来なかった。9月10月と結構旦那のスケジュールが忙しかったし、私も梅ちゃん連れて地下鉄使って、独りで掃除機抱えて行くわけにもいかず、結局未だに持って行っていない。
コードレスの充電式ですごく便利だし有名メーカーのだからこんな簡単に壊れると思っていなかった。私が思うにバッテリーがちゃんと作動してないんだと思うんだけど、修理屋のおじさんはそれを否定し、接触不良と言ったらしい。その『接触不良』を直したらしいんだけど掃除機は直ってないし、充電器は未だに温かくならない。充電中って充電器であるアダプター部分が温かくなると思うんだけど、修理屋の親父は『そうとも言えない。温かくならなくても充電はされている。』らしいのだ。修理後の掃除機、充電器がたま〜に温かくなることがある。それも一週間に一回位。で、温かくなった後は使えるのだ。ただ、毎日使いたいのに週に一回しか充電されないのではとても困るし普通じゃないと思う。で、先日それでも使ってたら突如掃除機から変な音がしたと思ったら、中で焦げるような臭いがし始めたのですぐに使うのを止めた。これは完璧に逝っちゃったみたい(^^;)。

やっと旦那のスケジュールが合い、ほんとは今日それを持って行くはずだったのだ。皆で一緒に車で行こう、なんて言ってたんだけど、今朝急遽旦那に仕事が入ってしまいまた延期。で、義母がなんか今日梅ちゃんに会いに来たい、と電話してきたので、家に居ることにする。今日は義父が散髪をしに行っていた為義母一人で来ていた。義母が作ったピッツァも持ってきてくれる。イタリア人が家でピッツァを作る感覚ってきっと日本人が家でお好み焼きを焼くような感覚かしら、なんて(笑)。

義母が家に着いてから気付いたんだけど、ふと暖房機を触ると温かい。やったー!!暖房が点いた!!良かった。今日もブルブル言ってたんだよなー。暖房が点くとうちはすごく温かい。建物の中を走る暖房の(温水の流れる)パイプって、通常下階から上階へと流れるらしいんだけど、1階部分から温水が流れ出し、上の階へと流れて各階順に暖房を起こす、と言う仕組み。なのでうちのような2階は、一日の中で暖房が点くのが1階の次に早く、暖房が消えるのも最後なのだ(^^)\。
何日か前まで異常気象であったかかったのに、今日なんかは平年の4度下の寒さである。差があまりにも有りすぎる。でも私の予感では12月にまた少し暖かくなるんじゃないかなーって。去年も11月の方が断然寒くて、12月は結構温かかったのを覚えてる。
最近湿気が多かったので、家の中、特にバスルームの壁にカビが出てきていた(>_<)。この暖房で少しは乾いてくれることを祈る。
-----7ヶ月17日目
2004年11月9日 23時25分33秒  去年の日記

ほんとに寒くなってきた。今日は雨もしとしと降っていてより一層寒い。私はとても寒がりなので、『去年って暖房いつ点いたんだっけ?』と思い去年の(妊婦)日記を開けて見る。(うちのアパートはセントラルヒーティングでアパート中の暖房がこの時期一斉に点いて4月頭頃に消えるようになっている)去年、妊娠する直前位からちょうどタイミングよく日記を付け始めたのだ。と言うのも、以前の日記にもPMSについて軽く書いたが、このPMSについて詳しく書いてある本を読んだ時にその本に『自分のPMSの周期をよく理解するために、毎日の基礎体温、その日に食べたもの、その日の気分等を日記でつけておくと分かりやすい』と有ったので、その通りに基礎体温やその日に食べた物やその日どんな気分だったか(例えば苛々してたらそれがどのくらいの苛々だったか、とか)を簡単に日記に書き始めて一月経った頃に妊娠が発覚したのだ。そのお陰で、最終生理日や、おそらく受精したであろう日とかがすごく分かりやすかった。なんかまるで、この妊娠の為に付け始めたかのような日記になっていた。
話は戻り、去年暖房が点いた日を確か書いてあったはず、と思い見てみると11月7日だった。最初の1ヶ月は夕方17時から22時半位まで、その後は昼から夜22時半ごろまでずっと点いていたみたい。今日は…もう11月9日。んー、確かに今年は3日前まで異常気象であったかかったから遅れてるんだろうなー。でも、もうこんなに寒いから早く点けて欲しい。今日なんか鼻水垂らしながら家に居たもんなー。

日記を開けたついでに去年の今頃のことを読む。この頃って妊娠のせいで食もかなり偏ってて、特に日本食が恋しかった頃。スーパーで珍しく大根が売っていたので、毎日の様にニンジンと大根を煮てご飯と一緒に日本の味で晩御飯を食べてた。肉も魚もつわりのせいで食べたくなくなってて、食べれるものが有ると毎日毎日同じものを食べていた。当時妊娠21週目の終りくらい。ちょうど妊娠期間のど真ん中、って感じだ。当時、確か『こんなに妊娠してから長く感じるのにたったの半分しかまだ来てないの?』なんて思ってたっけ。妊娠期間中ってほんとに長く感じて、『なんかずーっと何年も妊娠してるみたい』とか『一生続きそう』な感じもしてたのに、いざ子供が生まれると『えっ?私ってお腹おっきかったっけ?妊娠してたなんてうそみたい。』なんて、忘れてしまうのはすごいね。よく、『出産の痛みは子供が生まれるとすぐに忘れる』って言うけど、私の場合は25時間にも及ぶほんと辛い出産だったので、あれは忘れられないね。だけど妊娠してたことはなんかもうほんと忘れかけてる(笑)。でも、忘れかけてるけどこうやって日記振り返ったりしてみてると当時の辛いダイエットや、つわりや便秘になったことやお腹が張ってしんどかったことや動悸が激しくて辛かったこととか思い出すのよね。たった3行位の日記だったんだけど。あの頃、去年のちょうど今頃お腹の中でパタパタ魚の様に泳いでた梅ちゃんが今ここに、私の隣に居るってほんとすごい。

梅ちゃん今日おかゆを作ったけど、全然食べてくれなかったぞ。母ちゃんのおっぱいがそんなに美味いか(笑)。
-----7ヶ月16日目
2004年11月08日 21時55分03秒  最近の変化

さむい、さむいぞー!気温、ほんとに急な下がり方だ。ひどいとこなんか今日のニュース『2日前27℃、今日が8℃で差が19℃』だって。身体が着いてけないわ、こんなじゃ。Brrrrr....。

昨日の夜から突然梅ちゃんのボキャブラリーが増えた。声に抑揚が付けられる様になって、『O』の発音も出来ている。今日も随分いろんな新しい言葉をしゃべってくれ、旦那と顔合わせて笑う。"うぎょぎょぎょぎょー"とか、"おぶじぇぼー"とか、"はうけー"とか。たま〜に、"おとた"とか言うので、旦那に"ほら、おとうたんって言ったよ!"って言ったり。普通の"あーあー"って言うのも、抑揚つきで音程も変えて言うので、鳥か鶯のさえずりのようにも聞こえる(笑)。おもしろい。自分の名前ももうすっかり覚えたみたいで、おじいちゃんとかが呼んでも振り向くし。腕と腹筋の力もここんとこ急に付いて来てて、45度くらいの角度に寝かされてても簡単に上半身を起こせるようになってる。今日なんてベビーカ-から腰をほんの少しだけ持ち上げようとしたので、ほんとにそろそろこの室内用ベビーカーとも卒業しないとね。卒業した後どうしようかなぁ…それもちゃんと考えないと。これほんと便利だったからなあ。家の中の移動とか寝かしつけとか。肩が異常に凝るから家の中でおんぶして用事…なんて私には出来ないしね。今日なんかも肩凝りから来る頭痛が来てる。子供出来る前からもずっと肩凝りがひどかったけど、育児でもっとひどくなってるし。その他、握力もここ2、3日の間にすごい付いて来てる様な気も。なんせ、私を掴もうとする時のあの強さ。爪は伸びてないんだけど、指じゃなくて爪で物を握ろうとするために(猫みたい(^^;))、いろんなとこ爪で掴まれて痛い(T_T)。昨日は顎とほっぺたの辺りをぎゅーって爪でされてとっても痛かった。旦那も鼻のところをされたらしい(笑)。

後、すっかり物置と化しているベビーベッドも掃除して片付けないと。添い寝してるとは言え、私の入浴中とかそこに寝させた方がいいかもしれないし。添い寝もいつかは卒業になるのね…なんか寂しいわ。なんか私のほうが添い寝してもらってるような感じもしないではないが(^^;)。卒乳する時に卒添い寝になるだろうね、きっと。

以前母が日本から持って来てくれた育児雑誌の中の広告で『赤ちゃんはタグがとっても大好き。なのでタグのいっぱい付いたこのおもちゃで思う存分遊べるよ』みたいな宣伝を見たことが有る。ただのぬいぐるみみたいな生地で出来たおもちゃに洋服とかに付いてるようなタグがいっぱい付いてあるのだ。日本って何でも発明するんだね。でも、赤ちゃんがタグが好きってほんとだわ。梅ちゃんも涎掛けでもぬいぐるみでも洋服でも何でもタグを見つけると、触って、良く見て、舐めて、感想まで言ってるからね(^^;)。

…と、昨日今日でまた一層急に成長したように見えた梅ちゃんでした。
-----7ヶ月15日目
2004年11月07日 18時44分43秒  義父母結婚46周年記念

毎週恒例のお昼ご飯を義父母宅にて。今日のメニューは先週と全く同じメニューだった(写真参照:これプラスローストビーフ、ピーマン炒め、サラダ、義母作チョコレートケーキも有った)。昨日の11月6日は義父母の46周年結婚記念日だったので、本当は義父母は外で食事を…と思ってたらしいのだが、今日からイタリアは急に寒くなり、義父母とも年なので体調を崩してもいけない、と言うことでいつも通り義父母宅にて食事をすることに。昨日からニュースでも急に気温が10度くらい下がるとは聞いていたけど、ほんと寒いくらいになった。それに雨もしとしと降ったりやんだり。やっと11月らしい気温になってきたようだ。
今日は梅ちゃんにあの義父母が買ってくれた7ヶ月のお祝いの洋服を着せたので、二人とも大喜び。私が選んだんだけど、ものすごく着せにくい服だったので、ちょっと失敗かなー。脱がせるのも一苦労だった。これから服買うときは脱ぎ着の楽さも考えて買わないとね。

実は義父母の46周年結婚記念日と言うことを、私も旦那も義兄も皆忘れていたのだ(^^;)。出かける前に旦那が義母に電話をしたときに義母が『カメラを持ってらっしゃい』って言っていて、旦那が『何で?』って聞いても、義母は笑って『何でもいいから』なんて会話をしていた。お祝いするためだったのね。ごめんなさーい。去年はレストランへ行って皆でお祝いした記憶がある。あの時は私のお腹が大きかったんだよなー。それにしても一年経つの早いわー。次回の昼食までに何かお祝いのプレゼントでも買わないと。

食事の後の義母作お祝いケーキにロウソク立てて火を消し、シャンパンを開ける。義母が自分のグラスに指を入れて濡らして梅ちゃんの唇にシャンパンを付ける。それを見た旦那がすごい怒り出す。『だから、安心して梅ちゃん預けられないんだよ。シャンパン舐めさせたり、チョコレートケーキあげようとしたり…!絶対駄目!』って。実はこないだの義父母宅でのパーティーの時も義母はこっそり梅ちゃんにシャンパンを舐めさせていたのを知ってる。旦那に隠れてやってたのを私は見てたんだけど、わざわざ旦那に言ってまた怒り出すの見るのもあれなんで黙ってたんだけどね。まあ、ほんとこの義母は何でも試したがるから私もちょっと預けるのはまだ安心して出来ない。先週なんかでも自慢げに『○○(旦那)の時は生後3ヶ月から離乳食始めて、パクパク食べてたのよ!』らしい。だからかー、旦那が便秘症なのは、なんてその時思ったんだけど。もちろん言わなかったけど。早すぎるよね、3ヶ月なんて。義母はそれを自慢にしてるけど、私から見れば、そんな恐ろしいことは出来ないよ。まだ赤ちゃんの腸内環境も全然出来てないうちから(^^;)。で、旦那が席外してる隙に、義母が私に『チョコレートケーキのカスを口に入れて見なさいよ』なんて言うので困った。なので、指に付いてるか付いてないか位のカスを梅ちゃんに食べさせる真似したけどね。変な顔してたわ、梅ちゃん(笑)。これを見た義父が義母を叱ってたのは言うまでもないけど。
ほんと、梅ちゃんおもちゃよね、爺婆にとったら(^^;)。
-----7ヶ月14日目
2004年11月06日 22時04分50秒  ルーさんが出産?!

今日のニュースで、明日からやっと秋らしい気温に戻るそう。明日からは急に気温が下がり10度くらい違うそうだ。風邪ひかないようにしなくては。
今朝も変な夢を見た。ルーさん(♂)が子供を産む夢。3匹産んで、2匹がルーさんみたいな黒に白のボチ、残りの1匹が真っ白にちょっと黒のボチが入ってたかどうかはっきり覚えていない。

私が小学生低学年位だった頃、うちで飼っていた犬が子犬を3匹だったか産んだことがある。小学生低学年だった私には結構な衝撃であった。私が第一発見者で、ちょうど親犬のお尻から出てきた直後だった。まだ3匹とも膜に包まれてて、親犬がその膜の袋を舐めて破ってあげる。で、子犬が膜の中からゆっくりゆっくり出て来て私達の知ってる姿形になる、という光景を今でもはっきり覚えている。で、今回の夢の中でも膜の中に入ったまま誕生し、ゆっくりと子猫の姿を現してくるという感じ。でもその子供の頃の光景があまりにも衝撃的だったせいか、なんとなくあの時見た、犬っぽくも見えたのだが(^^;)。

ともかく、夢の中で子猫が増えて嬉しいやら、突然のことで戸惑うやら。で、夢の中で考える。『あ、でもルーさんって雄だからおっぱい出ないんだ。どうしよう。生まれたてだから母乳しかうけつけないだろうし、母乳を飲ませないと…。でもルーさんからはおっぱい出ないぞ。』で、困ってたんだけど、『あ、私のおっぱいでも大丈夫かなぁ。直接は飲ませられないから、搾乳機で絞って哺乳瓶であげれば…。か、こないだルーさんの強制餌食の時に使ったシリンジ使おうか…。』で、目が覚める。

現実の事ってよく夢に反映されるらしいけど、こんな夢見るのって育児疲れのせいかしら(爆)。大体雄のルーさんが出産する時点で、夢の中でもなんとなくおかしいとは思ってるんだけど、それでもそれを事実として受け止めて話が進んでいくところなんてほんと夢の世界だわ。

今日は旦那が梅ちゃん連れて散歩に行ってくれたお陰でやっと掃除機がかけられた。掃除機って意外と梅ちゃん居ると出来ないんだな。梅ちゃんのそばじゃ、掃除機から出る汚れた空気が気になって出来ないし、私が視界から居なくなると泣くし、寝てるときになんて掃除機の音がうるさくて起きちゃうから出来ないし。普段はハンドクリーナーとほうき、T字型のモップのようなもの使ってチョコチョコ床掃除してるんだけど、やっぱネコが3匹も居ると偶にはしっかり掃除機かけないと追いつかない。昨日もおとついも旦那が一日仕事でほとんど家に居なかったので、家事がほとんど出来なかった。いつも洗濯機回そう、って思っても実際回せるのが次の日か次の次の日、とかになったりすることもしょっちゅう。きっと私の要領が悪いのも有ると思うんだけど、旦那と一緒に買い物とかに出かけてしまったりすると、ほんともう何も出来ずに一日があっという間に終わってしまったり。
で、旦那が梅ちゃんと出かけてる間に、急いで洗濯機回して、掃除機かけて、アイロン掛け。はー、すっきりした。なんか家事が溜まっていくと気分までブルーになってくるのよね。

今日の離乳食はいつもよりも多めに作り(50〜60mlは有ったんじゃないかな)、鶏肉のベビーフード粉末を混ぜる。(一瓶24時間以内に消費することって書いてあるけど、小児科の先生曰く、2日までは大丈夫とのことなので、4分の一位使い、残りは冷蔵後に保存する。でも半分捨てることになること覚悟でね。もったいないけど。) 今日は多めに作ったけど、結局食べたのは従来通りの30mlくらい。で、いやいやが始まる。ま、仕方が無い。残りは私が味見。ほんとに鶏肉の味がする。
ほんと最近なんにでも手を伸ばすようになった。抱っこして家の中歩いてても常に手が何かを探してる。で、自分が掴みたい物もはっきりしてるから、それ目掛けて必死に手を伸ばしてる。これでハイハイが始まればほんとに目が離せなくなるね。ほんと早いうちに家の中梅ちゃん仕様に片付けなければ。
-----7ヶ月13日目
2004年11月05日 23時18分08秒  あぁ、義兄、義兄

今朝梅ちゃんが起きたので一緒に9時半ごろ起きて台所へ行く。トーストを食べようとパンをオーブンへ入れ、梅ちゃん抱っこしながら窓際で外を見ると、『あれ?義兄?』っぽい人がうちと向かいの道路の歩道で携帯で誰かとしゃべってる姿が。顔もなんとなくうちの方を向いてるような気も。サングラス掛けてるし、遠いからはっきりとは分からないが。旦那は仕事で早朝から居ないし、私も起き抜けでまだ朝食も取ってないし、何より低血圧の私は朝機嫌が悪いことが多い。最近連絡も無しに突然来る義兄にちょっとムッとしてたせいもあり、『えー、何ー?』なんて思い旦那の携帯に電話する。”ひょっとして○○(義兄)から電話有った?””うん、5分ほど前にね。””なんか○○らしい人影が外に見えるんだけど””なんかプリントアウトしたいドキュメントが有るらしいんだけど、上がっていい?って。”…うっわぁー止めてくれよ、朝から…。パン オーブンに入れたとこだし、パジャマ姿だし、梅ちゃんのオムツも替えてないし、頭もぼさぼさだし…。で、急に機嫌が悪くなってしまった。義兄が立っている所がちょうどファックス・コンピュータサービスやってる店の前で、どうもそこが閉まってるからうちで出来ないかって。せめて、焼いてるパン食べてオムツ替えてからにしてもらいたかったので、旦那に15分待ってくれるように言っといて、って言う。私が窓際で立ってるのも、きっと外から見えたに違いない。だから、寝てる振りも出来ないだろうし。旦那とも仕事中だからあんまりしゃべれなくて、でも旦那は私が怒ってるのを察知して、”分かった30分待つように言っとくから”って言ってくれたけど、”30分も待たせることは出来ないから!15分でいいから!”で、電話を切る。
急いでパン食べ、コンピュータのスイッチ入れてプリンタの回りを片付けて、梅ちゃんのオムツを替える。『ったくー、朝からなんでこんなバタバタしなくちゃいけないのよ』なんて思いながら、最近ちょっと義兄に対してムカつく事が多かったので余計にムカついてしまった。いい人なんだけど、彼は典型的なイタリア人。以前の『イタリア人大嫌い病に掛かってた頃の私』だったら、毛嫌いしていたかもしれないけど、今は家族の一員だし、何か困ったことが有った時に旦那の次に頼りに出来る人であるし、出来るだけいい関係を築こうとも思っているのは今も変わりは無い。ただ、バツ一で独りもん(彼女はベネズエラに居る)プラス姪っ子が出来たのとで最近私達一家と一緒に行動をとりたがる傾向にあり、私的には『もうちょっとそっとしといて欲しい…』なんて思うことも有った。
ともかく、15分経っても何の音沙汰も無い。呼び鈴も鳴らないし、電話も鳴らない、旦那からの連絡もないし…。で、もう一回旦那に電話する。いや、義兄の携帯番号知ってるし、直接電話しても良かったんだけど、旦那からどういう風に伝わってて、結局どうなったかってのを知らなかったので、まず旦那に聞いてみよう、と。”今から電話して聞いてみるよ、で折り返し電話するから。今ちょっとしゃべれないから。”って言われたので、待つことに。さっき義兄が立っていた場所を見ると誰かと電話でしゃべってるのが見える。で、それから梅ちゃん見たりして、もう一度そこを見ると義兄の車が発車しようとしているところだった。『えっ?なんで?来ないの?あ、にしても、今ってもう10時20分過ぎだからファックス・コンピュータサービスの店も開いてるはずだし、そこででも出来るじゃん』なんて思ってると旦那から電話が。”お店で済ませたから、もういいって。”.....はー。どっちでもいいけど、ほんと朝から止めて欲しいわー。それに私が起きてるの知ってるんだったらうちに直接電話くれればいいのに。普段いつも電話してくるくせに。(っておんなじことを旦那も言ったらしいが) 
で、梅ちゃんもまた眠い眠い、のグズグズが始まり、この件ですっかり気分が悪くなってしまったので、2度寝をすることに。2度寝をして、とっても怖い夢を見てしまった。なんか義父母に何かの身体検査を受けるためどこかに連れて行かれるんだけど、とってもこわい、普通じゃない検査が待ってて、真剣に逃げ回る夢。義母は絶対私に受けさせようとしてる。旦那に助けを求めても、検査後の旦那、魂抜かれた人みたいになってて、全然助けにならなくて”助けてくれないんだったら、もう家には帰らないから!”なんていってる夢。あー、怖かった(^^;)。
梅ちゃんの今日の離乳食は、ほとんど食べてくれなかった。でも今日は夕方から一緒にいっぱい笑いまくった(^_^)。ほんとに声あげてよく笑うようになったわ。でも昨日に引き続き、今日もグズグズ度合いが比較的ひどかった。なんでかなー。歯茎が気持ち悪いのかなー。か、湿疹のようなものが気持ち悪いのかなぁ。 -----7ヶ月12日目
2004年11月04日 22時14分39秒  桃ファミリーと散歩

今日は旦那が朝から一日仕事で居なくて、予定も何も無かったので昼前から梅ちゃんと一緒にお昼寝をする。昼2時ごろ起きて、小腹が減ったので、久しぶりに日本のラーメンでも、と思い食べ始めたら電話が鳴る。桃ママからであった。『今からそっちの方に行くけど一緒にお散歩でも』とのお誘いであった。『ok!』で返事をして、ラーメンを食べ終わってから出かける支度(まだパジャマ姿だったので(^^;))を始めようと思ったんだけど、梅ちゃんの視界から私が消えると大泣き。片手で出来ることは片手に梅ちゃん抱っこして済まし、でも両手でしか出来ないことは抱っこ紐使って(おんぶはやったことないから前抱きでね。なのでとってもやりづらい)やって、でもそれでも出来ないことは『梅ちゃんごめん!』で、一瞬だけ一人で居てもらって急いでする(その間の大泣きしてたけど(^^;))。なんか珍しく今日は梅ちゃんいつもよりグズグズモードが強い。出かけても大丈夫かなぁなんて一瞬心配になったけど、ま、外に出れば逆に機嫌が良くなるかも、とも思い、準備を続ける。

オムツも替えたしおっぱいも飲んだし…で、『着いたよー』の電話。ベビーカーは外のガレージの車の中だったので、抱っこ紐に梅ちゃん入れて外に出るつもりだったんだけど、暴れまくって入らない(^^;;)。焦ると余計に入んないんだよね、これが。で、観念して抱っこのまま外に出ることに。あんまりにも急いで出たので、靴下さえ履かすの忘れて出ちゃった私(笑)。
ガレージからベビーカー出すのを桃ママに手伝ってもらって、靴下その他を取りに戻り、やっと散歩へ…(桃ちゃん、桃ママ&パパ、ごめんねー。お待たせしちゃって(^^;)A。) いつも出かけるときは旦那と一緒で、旦那が全部ベビーカー出したりとか、準備する間旦那が見ててくれたりするから、ほんと一人でやると手際の悪い私。ははは。

ローマ市内で4日ほど前に悲惨な交通事故が有った。歩道を渡ろうとしていた一家(両親と14歳の男の子)が、70歳代の老夫婦の運転する車に跳ねられ、両親即死、14歳の子も重症で病院で治療中、運転していた70代男性と奥さんも結構重症だったみたいで病院に運ばれたらしい。3日前の時点ではテレビで『まだこの14歳の子は両親が亡くなった事を知らないでいる』って言ってたけど、ほんとかわいそうな話だ。ニュースを聞いてから4日も経つのに未だに頭の中に残ってる。今日もたまたま桃パパ・ママとも散歩しながらこの話をしたりした。なんか子供を産んでから余計に命の大切さって言うか、家族のメンバーが居なくなることの重大さって考えてしまう。この子が意識を取り戻した時に両親がいなくなったことを伝えられたときの気持ちとかを考えるととっても気持ちが重くなる。でもそれと同時に、この子の両親を死なせてしまったこの老夫婦のことも考えてしまう。70代って言ったらちょうど旦那の両親と同じ位。なんか旦那の両親とかぶせて想像しちゃって、この老夫婦のことも不憫に思ってしまった。この事故が起こった場所って以前にも事故が有ったらしく、おそらく事故が起こりやすい場所だったのかもしれない。老夫婦だからおそらくそこいらの若い運転の仕方も知らずに飛ばしまくってる連中のような運転はしてなかっただろうし、この事故が起こるまでは平凡な定年退職生活を夫婦で送っていただろうに。普通の人間であれば、自分の運転する車でこんな事故を起こしてしまったら罪悪感に駆られて残りの余生を過ごさなくてはいけないだろう。それに死なせてしまった二人もひょっとしたら自分の子供(が居れば)と同じ位だろうし。…ってなんか一人でこの事故のニュースから色々想像してしまった…。
-----7ヶ月11日目
2004年11月03日 21時16分53秒  アウトレット へ行く

ここ何日か梅ちゃんの口の回り(特に下唇の下側)に、赤いポツポツができていたので、今朝掛かりつけの小児科へ連れて行って診てもらう。先生曰く『おしゃぶりから来る湿疹かもしれないので、一応薬を塗ってみて様子を見てください。それでも治らない場合にヘルペスとかを疑ってまた診ましょう。』とのこと。私は口の外側だけと思っていたんだけど、今日先生が口の中も診てくれて、口の中にもポツポツが有るみたい。先生が『ここんとこ食べる量が減ったでしょう』って言うけど、食べる量は全然変わってないと思う。なんだかこのポツポツ見てるとちょっと痛々しくて可哀想。

先生のところへ行った後、その足でローマ郊外にあるアウトレットへと車を走らせる。最近出来たばかり(去年位だったかな)で、とても綺麗。プラダやグッチなどの大御所ブランドは入ってないけど、高級ブランドの中ではエトロやフェラガモ、ベルサーチとか入ってた。若者向けカジュアルブランドでは、ディーゼル、Guess、Miss sixty、Timberland とかが有名どころかなぁ。どこの店も全般的に約30%定価より下がった値で売られてた。私達はただのウインドウショッパーで、特に何も買わなかった(^^;)。ここに来たのも、買う目的とかじゃなくてどんなとこなんだろう、くらいで来たし。買ったものといえば、食器屋さん兼コーヒー屋さんのお店で、コーヒーとかに入れるヘーゼルナッツのシロップを買ったくらいかな。カナダに居た頃はヘーゼルナッツ風味のコーヒー豆をいつも買ってた。シロップとかもカナダで売ってたけど(スターバックスとかで)、シロップ入れると甘くなり過ぎちゃうのでいつも豆を買っていた。でもヘーゼルナッツ風味の豆なんてイタリアには売ってないし、このシロップさえも今まで見たこと無かったので、試しに買ってみようということに。お店で味見させてくれたんだけど、旦那も気に入ったことだし(^^)。これでまたカフェイン抜きインスタントコーヒーの楽しみが増えた(^^)。

今日のこのアウトレットで感激したのは、オムツ替え場が(アウトレット内、2箇所も)有った事。個室になってて一つしかないんだけど、授乳できる椅子まで有ったし、赤ちゃんを置く台の上に敷く紙まで有った。台の横には洗面台が付いてるので、手が汚れてもすぐに洗えるし。個室になってたため、旦那も一緒に入ることが出来たし。こう言うのって女性トイレの中の一部になってたりするのが普通なんだけど、旦那が一緒に入れて手伝ってもらえたのは嬉しかった。オムツを替えた後となりに有ったトイレにも入ったんだけど、トイレも『イタリアの公衆トイレ』かと思うほど綺麗くて、トイレットペーパーもちゃんと有ったし、洗面台の石鹸までちゃんと有ったのには吃驚。普段、何にも無い、汚い、のに慣れてしまってるから余計に感動(笑)。トイレだけでも20室(個?)位は有ったかな。すごい。イタリアじゃないみたい(爆)。
で、もう一つ驚いたのに、トイレとオムツ替え場につながる廊下の壁に『皆さんがゆっくりとお買い物を楽しめるために、あなたのお子様のオムツセットをインフォメーションデスクで無料で配布いたしております』という看板があった。これをすかさず目に留めた私、旦那に″インフォメーションデスクへ行こう!"と言って、どんなセットかも見てみたかったので行ってみた。あいにく、『セット』はきらしていて無い、と言われてオムツ2つのみをもらった。インフォメーションの人たちも偉く親切で、ほんと感動した。
ローマの市内とかもこういう施設が増えてくれるとほんと子連れの身としては嬉しいんだけどね。以前両親が来た時は街のデパートのトイレの蓋の上でオムツ替えたけど、ほんと梅ちゃん動き回って落ちそうになるし狭いし、汚いしで困ったもん。

夕方帰宅してすぐに義父母が梅ちゃんに会いに来た。バナナジュースをあげるのを見て、お風呂に入るのも見て、いっぱい抱っこして大満足で帰って行った。
-----7ヶ月10日目
2004年11月02日 21時59分30秒  ルーさんとローラ、検診&ワクチン日

今日はイタリアは祝日ではないんだけど、『死者の日(?)』と言って、お墓参りに行く習慣のある日だった。私達は義父母も健在だし墓地には行かなかったけど。日本で言ったらお盆みたいな感じになるのかな。それにしても、今日も暑い。ローマ27℃。テレビで142年以来の記録って言ってた。

午後ルーさんを検診に連れて行くのにローラも一緒に連れて行くことに。今朝、ローラちゃんうんちをトイレじゃないところにし、その後ゲロって食べたものを吐いたのだ。年だしちょっとボケが入り始めてんのかなー。で、ここ2年位の間にすごい体重も落ちてきたし、よく吐く。でも元気で見た感じは普通なんだけど、まあ年だし一応、って感じで。ほんとはゾヤさんも連れて行って、みんな揃って診てもらいたかったんだけど、梅ちゃんも居るし旦那も両手にルーさん・ローラで無理なので、ゾヤさんは次回にすることに。

ルーさんは手術の縫った痕を診て貰い、縫ったところの両端の糸を結んだ部分を取ってもらい、後はワクチンを打ってもらう。実は私イタリアにルーさんとゾヤさんを連れて来てから一度もワクチンを打ちに行ったことがなかった。って言うか、ワクチンに関する怖い話をインターネットとかでも読んだことがあるし、『ワクチンを打ったがためにうちの子が逝ってしまったんです』みたいなのを読むと怖くて。実際完全に室内飼いだし、ワクチンは完全室内飼いだと打たなくていい、もしくは3年に一度位でいい、とかの情報も読んだ事があるような。

でも、今回ルーさんの腸閉塞でこの病院にお世話になったし、まあ信頼できそうな獣医さんだし…で、獣医さんも"さあ、打っときましょうね!"って感じになったので打つことになった。ワクチンの種類はファイザー製薬のFelocell CVR。日本語でなんていうワクチンかもちゃんと調べないと。うちの猫ちゃんたちが打たれるワクチン名くらいはちゃんと理解しときたいし。

ルーさんはワクチン打たれる間も、抜糸(基本的には解ける糸みたいで両端のみ)の間も私が押さえてはいたけど、おとなしくいい子にしてた。それに比べ、ローラの時なんて、始終『う゛ーっ!!』ってすごい怒りまくり。私もあんなに怒ってるローラはちょっと怖くなったので、もともとの飼い主である旦那に託す。2匹ともワクチン打たれて、で、ちょっと安くしてくれたらしく、今日の出費は40ユーロ。まだゾヤさんが済んでないし、先生がローラの年齢から言っても血液検査をしておいた方が、と言うのでまた後日ここに戻ってくることになりそう。血液検査高いんだよなー(^^;)。

今日この獣医さんが言ってたんだけど、一月ほど前に動物にもパスポートが出来たらしい。で、海外に出る前にパスポートの作成が必要となり、それプラス、マイクロチップを動物の身体に埋め込んで、飼い主の情報とかもそれで分かるようになるらしい。人間並みだね、ほんと。
動物病院のあと帰りみちにスーパーへ寄る。梅ちゃんを抱っこしながら入ったんだけど、入ってすぐにカートが目に付き、"梅ちゃんを入れてみよう!"と。腰もだいぶしっかり据わってきたし、乗せてみると意外にちゃんと座れてる。あまりの可愛さに、『ハイ、ポーズ!』で写真。スーパー内でも店員さん達に大人気の梅ちゃん。7ヶ月の赤ちゃんがカートに乗ってる姿って珍しいのかな。たくさんの人たちに注目されてしまった(^^;)。

夕方のテレビのニュースで、『厚生省で、赤ちゃんの粉ミルクが今までの価格より約30%下がることに決まった』と言っていた。今までも、イタリアの粉ミルクの高さはテレビで何度も取り上げられていた。隣のドイツでは、同じメーカーの同じタイプのものが半額で入るのだ。粉ミルクだけではなく、紙おむつやその他諸々、イタリアがどうもヨーロッパで一番高いらしい。私はほんとにラッキーにもおっぱいたくさん出るので未だに粉ミルクを使ったことがないのだけど、中には出なくなってしまった人とかおっぱいをあげられない人とかもたくさん居るはず。そういう人たちにとったらほんと死活問題よね。ちなみにスーパーで売られてるミルク缶を見たら大体1000gを25ユーロ前後で売ってるみたい。一月4缶消費するとしたら100ユーロ(1万4千円位。でもこっちの物価から言うと、日本の2万ちょっと位になる。)も掛かるってことよね。ミルク代だけでね。ひー。でも、今日のニュースでは薬局の値段の相場を言ってて、1000g当たり35ユーロから45ユーロって言ってた。私もミルク買ったことないから、この差はなんなのか知らないけど。なんにしても、『高い』である。なので、このニュースはたくさんのママさんにとったら朗報になったことだろう。
-----7ヶ月9日目
2004年11月01日 18時22分27秒  聖人の日

昨日からこちらは冬時間が始まり、時計を一時間戻した形になり夕方日が落ちるのがより一層早くなった。日本との時差も7時間から8時間になる。11月に突入したと言うのに、ここローマはまだ暖かい。今日もほんとジャケット無しで外出できる位。気温もおそらく25度前後くらいは最低でも有ったんじゃないかな。

今日はイタリアは『聖人の日』と言う祝日だった。毎週日曜に義父母宅にて昼食をとるはずが昨日はガイアちゃんの洗礼式で行けなかったため、今日みんなで昼食をとることに。第一の皿はマカロニの大きいバージョンのパスタ(カネロニを3分の1位に輪切りに切った様なパスタ。名前忘れちゃった…(^^;))の中にモッツァレッラチーズと生ハムとクリームソースを入れてトマトソースを上に掛けてオーブンで焼いたもの。ラザニアに似てるかな。第2の皿は、野菜を牛肉で巻いたもののトマトソ-ス掛けとソース無しバージョン。その他、野菜にアーティチョークやサラダやピーマンや、ねぎ卵焼きやら色々いつもの様に余るほど作ってあった。アーティチョークはこの季節初の物であった。義母の作るアーティチョークはとてもおいしくて、私の好物でもある(と言うのを知ってて去年の冬から今年の春に掛けてアーティチョークが無くなるまで毎週作ってくれていた義母(笑))。これもちゃんとレシピを教わらないと…と思いつつ今に至る(^^;)。イタリアに来た頃はこのアーティチョークってかなり抵抗あったが、この義母の作るのを食べ始めてからはすごく好きになった。
野菜の肉巻きはパスタをいっぱい食べたせいで入らなかったので、お持ち帰りにすることに(^^)。その他、色々持って帰ったので、今日の夕飯はもう出来てる状態(笑)。毎週日曜はこんな感じで、義父母の作る料理で昼食、夕食が済む。

家に帰ってから今日は梅ちゃんに初めてバナナのすりつぶしをあげてみた。すりつぶしたものを水で薄め、いつもと同量を上げる。あ、そういえば、昨日このいつもの量って実際どの位なんだろう、って量ってみたら約30mlだった。でこのバナナのすりつぶし約30mlをあげてみたところ、最初の何口か初めての味なのですごく変な顔をする。ちょっといやいやモード入りながらだったけど、何とか半分位食べた。ま、初めてだし、味見程度で十分。甘いしきっと好きになってくれるだろう。

明日はルーさんを検診に連れて行く予定。もうすっかり元気を取り戻している。食欲なんてほんとにすごい。で、ルーさんが食べると他の2匹も食べる!ルーさんが体調を崩す前って、結構餌を残し気味の日が多かったんだけど、ルーさんが残すと他の子達も残す。でも今ってルーさんがガツガツ食べるせいで、他の子たちも一緒になってガツガツ食べてる(爆)。面白いね、猫達って。なので、ルーさんが復活してからは餌入れが3つともいつもピカピカだ。良かった、ほんとに。
-----7ヶ月8日目
2004年10月31日 06時01分18秒  ガイアちゃんの洗礼式

今日はガイアちゃんの洗礼式に行ってきた。去年の5月にガイアママとパパが結婚式を挙げたときに会ったガイアママ・パパの家族の人達、親戚の人達、式に来てた人達にも久しぶりに会う。

ガイアちゃんは式が始まる前からずっと泣きっぱなし。ガイアちゃんって3ヶ月になる頃からかなりの人見知りが始まってて、ママやパパをかなり困らせてる(^^;)。前回、ガイアママの誕生日パーティーに行った時もずっと泣きっぱなしだったし、その他の場でも彼女の知らない所や、知らない人に囲まれるとこうなるらしい。で、今日もずーっと泣きっぱなし。偶に泣き止んだかなー…って思ったら、また泣き出す、の繰り返し。おっぱいも飲まないし、オムツ替えても泣き止まないし、でママ困りっぱなしだった。それに比べて、うちの梅ちゃんは始終ずっとおとなしくしてて、皆に『ほんといい子ねー、ぜんぜん泣かないし、よく笑って愛敬あるし。』なんて(^^;)。ほんと私ってラッキーだと思うわ。
で、おとなしい梅ちゃん抱っこしてるのが悪い気までしてきた(笑)。

式が恙無く終わり、式の後は"リンフレスコ"と言って、カジュアルなブッフェタイプのお祝いパーティー。イタリアでは、こう言うなんかの"式"の後は、通常"プランツォ"と言って、レストランを貸し切りにして皆でフルコースの昼食をとる例と、こうやって堅苦しくない形で"リンフレスコ"をする例とが有る。結婚式とかのもっと重要な"式"の場合は、"プランツォ"をして、その後"リンフレスコ"の両方をするのが結構メジャーな形かな。でも、最近では結婚式の後とかでも、レストランを貸し切って、"プランツォ"ではなく"リンフレスコ"だけをする人達も増えている。だって、"プランツォ"をするとすごくお金も掛かるしね。日本で言ったら、"披露宴=プランツォ"と"2次会=リンフレスコ"のようなものである。ちなみに私達の結婚式の時は、プランツォのみにした。ほんとはリンフレスコだけでも良かったんだけど、旦那の両親の親戚の手前、プランツォをすることにしたのだ。

今日のリンフレスコでは、小さな公民館のような所の部屋を借りてそこでガイアママ・パパのお母さん達が作った(のかな?)であろう、サンドイッチや、パスタやお肉料理やらが色々とテーブルの上に並べられてて、好きな物をとって食べると言う感じであった。ぜんぜん気取らないこういうリンフレスコもいいなーって思った。結構人目気にしていいレストランとか使う人も多い中、こういう素朴なのも味が有っていいと思う。
最後のデザートはガイアちゃんの顔写真付きのケーキ。今日もお腹いっぱい食べてしまった。ケーキを食べるくらいから梅ちゃん眠くなってしまったようでちょっとグズグズ言い出す。で、旦那の仕事がその後有ったしで、おいとますることに。車に乗ってすぐ梅ちゃんは眠りの世界へ…zzz…。
帰ってからもお疲れモードの梅ちゃん、おっぱい飲んで、オムツ替えた後からずっと寝てるため、今日の離乳食はパーッス!
-----7ヶ月7日目
今日の洗礼式の模様をAlbum内に入れてます。
2004年10月30日 22時45分38秒  ガイアちゃんのプレゼント探し

午後お店が開く時間(通常イタリアは13時から16時までが小売店のお昼休み)に早速眼鏡屋さんへ。古いメガネで出かけ、新しいのに付け替える。全く別の世界。なんか古いのが合ってなさ過ぎたから、急に合うのになって最初歩くのもふらふらしそうな感じだった(笑)。その後、明日ガイアちゃんの洗礼式に招待されてる為、プレゼントを探しに行く。普通、洗礼式のプレゼントでオーソドックスな物と言ったら、金のブレスレットやペンダントトップなどのジュエリー類。特に珊瑚(珊瑚は幸せを呼ぶって迷信がある為)と金の組み合わせとかも良く使われる。5年ほど前に日伊カップルの友達の長女が生まれたときは、洗礼式のお祝いに金と珊瑚のブローチをプレゼントした記憶がある。で、通常ブローチって針が付いている為、"プレゼントしてはいけない"と言う迷信もあるために、最小の小銭(日本で言ったら1円とか5円位)で買い取るって形にしてもらって渡した(これもイタリアの古い言い伝えの一つ(^^;)。針の付いたものとかはこうやってプレゼントするらしい。)。

で、今回も"なんにしよー"なんて色々悩んだ挙句、靴をプレゼントしてあげることに。ガイアちゃんはもうすぐ5ヶ月で、まだおそらく靴は持ってないだろうし、この冬のために靴なんてどうかなーなんて。だって、ジュエリー関係って私が思うに、赤ちゃんにはネコに小判、私も義父母から梅ちゃんにって貰った珊瑚と金のブレスレットとかネックレスとかあるけど、着ける機会もそうそう無いし(って言うか有るのさえもふとすると忘れてる私(^^;))、あんまり実用的じゃないかなーなんて。それにおそらく親戚関係からとかもそう言う物は貰うだろうしね。で、きっと貰って喜ぶのはそういう迷信大切にする爺婆の世代じゃないかなーなんて。…ってことを旦那に話し、靴は?で、旦那も賛成。私たちが逆の立場だったら嬉しいからね。義父母にも一応『靴のプレゼント』で変な迷信は無いかって聞いたけど、無いらしい。良かった。下手に物選べないからね、こういう迷信が多いと(^^;)。例えば靴は大丈夫だけど、靴下はプレゼントしちゃいけないらしい。

で、子供靴の店へ行き、ワインレッド色の革の表面に光沢のある仕上げとお花の飾りの付いたハイカットの靴にした。梅ちゃん用にも欲しい位だったけど、来月の8ヶ月のお祝いにでもお願いしちゃおうかしら〜♪なんて(^^)。ガイアちゃんは月齢の割りに大きめだし、このクリスマスくらいから履いてもらえれば、と思って1歳前後のサイズにした。喜んでくれるかなー、ガイアちゃんのパパとママ。

午後出かける前に梅ちゃんに離乳食をあげる。今日は鶏肉のベビーフードの粉末も混ぜる予定にしてたんだけど、このベビーフード箱の中に3つ入ってて、注意書きに"一度封を開けると24時間以内に使い切ってください"って書いてあり、今の梅ちゃんの食べる量じゃとてもじゃないけど24時間以内には消費できないし、もったいないのでもう少し食べるようになってからあげることにした。で今日は結局いつものメニュー。今日もすばらしい位綺麗に笑顔で平らげてくれた。途中から旦那も参加し、旦那初めて梅ちゃんに食べさせる。
こんなに調子がいいと、もう少し量を増やしていってもいいかな。で、もちっとメニューにも変化つけたげないと…ね。
-----7ヶ月6日目
2004年10月29日 21時53分21秒  視力測定

午後から視力測定に。今日の視力測定のため、昨日の夕方からコンタクトを外し今日一日メガネで過ごさなくてはいけなかったので、なんかちょっと不便だった。
去年もコンタクト買うときに視力の測定をしたんだけど、それからまた視力が下がってるみたいだった。眼鏡屋の視力診てくれたおじさん曰く、授乳もいくらか関係してるらしい。こちらの視力測定値って日本とは違って0から始まり、-10まであるらしい。0が一番見える段階で、-0.25ずつ下がっていく。去年私の視力は、左-4、右-3.75。今回計ったら、左-4.25、右-4になっていた。ちなみに私が持っているメガネは-2.75の設定になっていて、全然合ってなかったらしい。合ってないのは分かってたけど、そこまで合ってなかったなんて。確かこのメガネを昔作ったときの視力は0.1で作ってたと思うから、日本の0.1がこっちの-2.75になるのかな。でも一体今回の-4.25と-4って日本のいくらになるんだろう…。0.1より悪くなってたなんて、ちょっと吃驚。カナダで10年位前、視力測ったときはたしか両目5.3とか言う表示だったから、カナダはカナダでまた違う表示になるのかな。国によって色々違うのね…。
で、待望のメガネは明日の午前中に出来るらしい♪今日は結局家に帰ったのが夕方だったから、コンタクトに付け直すのもめんどくさくて今もメガネのままなんだけど、肩が凝るし眼が疲れる。きっとよく見えてないせいなんだと思うけど。

そう言えば、今日の朝11時過ぎに母からの小包が着いた。母に先日の小包紛失事件を話し、送るならEMS(国際郵便)で、ってお願いしたから今回はちゃんと着いた。ほとんどが梅ちゃんの洋服やらパジャマ。冬もんだから結構洋服だけで箱がいっぱいになってる。義妹からの荷物も便乗組で一緒に入ってた(弟夫婦と両親が2世帯同居のため)。義妹からは姪っ子とお揃いらしい服とフリーズドライの離乳食。日本ってほんと何でもあるね。可愛い服がまた急にたくさん増えて、もうこれでこの冬は服買わなくて済みそう。

で、先日の小包紛失の件を旦那の友達である小包課の課長さんに今日電話で伝えた。(今朝配達人が来た時に直接聞いてみれば良かったのに、旦那ったら受け取る際に聞くのをすっかり忘れてたみたい)彼女曰く、今いつもの配達人が体調壊してて入院してるらしく、代打がやってるとのこと。この代わりの人も日替わりくらいで変わってるらしい。なので、彼女のアドバイスは元の配達人が戻ってくるまでは、EMSか書留で小包を送ってもらえ、とのこと。元の配達人であれば、ちゃんとうちの旦那が課長の友達って知ってるから日本からの小包は普通郵便の分でもちゃんと課長さんに預けてくれるらしい。で、紛失した小包は未だ誰からのものか謎のまま…。

梅ちゃんの今日の離乳食も、昨日と同様、笑顔でぺろり!すごい!ちゃんと口を開けてくれるし。ぶぶぶーっ!も今日は無かった。今までは掛かり付けの先生に言われたずっと同じメニューの野菜スープにお米クリームの粉末だったんだけど、こんなに調子がいいなら明日からは先生に言われた次の段階の、このメニューにプラス肉類の粉末(ベビーフード)を付け加えてみよう。肉類って言っても、既に旦那が以前買ってきてた鶏肉の粉末があるので、それを使って。さあ、食べるかな。

もう少し食べるのに慣れてくれるようになったら、手を掛けて何か他のものとか作ってあげたいんだけど、今のところほとんどベビーフードに頼ってる感じになっちゃってる(^^;)。ごめんよ、梅ちゃん。
でも最近毎日アイスクリーム食べるときに梅ちゃんの口にちょっとだけアイスクリーム触れる位に付けてあげて、”おいちぃぃぃーっ!”って言うと、梅ちゃん味を確かめながら口をぺちゃぺちゃ動かして喜んでるからそれで"食べる"事に関してちょっとは興味を持ってくれだしたのかなーなんて思ったり。でもアイスクリームの味はあんまり覚えさせたくないんだけどね、まだ。美味しいものから覚えてしまって好き嫌いの有る子になっちゃったら困るし。(でも梅ちゃんしっかりアイスクリームの存在は知ってしまったみたいなんだけど(^^;)。)
-----7ヶ月5日目
2004年10月28日 22時53分36秒  新技発見

ここんとこ天気が崩れる日が多い。今日も午後からしとしと。やっぱり季節の変わり目だからね。これから雨が降るたびにどんどん寒くなっていくんだろうなー。
今日はなんと梅ちゃん用意した分の離乳食を完食してくれた!(用意した分って言っても未だに梅ちゃん用のお茶碗に5分の1位かな。)今まで*ほとんど*完食、は有っても100%完食は無かった。それも上機嫌で笑顔でパクパク。普通はスプーンに半分位乗せて食べさせるのが今回は調子が良かったのでスプーンいっぱいに乗せて食べさせた。すばらしい…。終わって梅ちゃんに拍手喝采する私(^^;)。まだ日によって食べる日と食べない日のムラが多いから、明日はどうなるか分からないけど、今日の食べ具合とか見てると食べるのも大分上手になってる気が。(最後の何口かはまたぶぶぶーっ!!!が始まったけど何とか食べさせられた(^^;)。今日発見したのは、『ぶぶぶーっ!!』って息を全部吐き出した直後、息を吸うため口を開けるので、その時にスプーンを口に入れる技(笑)。)

で、調子に乗った私はこの後赤ちゃんせんべいを梅ちゃんの手に持たせる。一枚だけど『うわぁん、うわぁん、うわぁん』って言いながら、口にせんべい挟んでこれも何とか食べた。で、口の周りはせんべいのカスがいっぱい付いてパリパリになってる(爆)。

話は変わるが、新しい授乳テクニックも発見。お座りがほぼ完璧になった今、着替えやオムツ替えのためにテーブルにちょいっと座らせたときによく私にしがみ付いて私の胸元に顔をくっつけて頭を横に振ったりする。で、ちょっとおっぱいを出してみると、座った姿勢でおっぱいを吸いだすではないか(爆)。両手で私の胴体を掴み、必死におっぱい吸ってる姿はなんとも言えず面白くて可愛い。で、普段の授乳体勢よりもしっかり飲んでる気が。本人もなんかとっても飲み易そうだし、何より普段の抱っこ式授乳体勢よりも、肩が凝りにくいような気も。(ただしテーブルの位置が合ってる事が基本だけどね) 旦那に見せると大ウケ。写真まで撮ってた(^^;)。

先日、苛々に任せて旦那に『育児参加』についてちょっと抗議をした。きっと大体どこの家庭でも同じような課題で悩んだり喧嘩したりしてるとは思うんだけど、うちも例に漏れず。よっぽど旦那さんが子供好きでメロメロになっている以外は、男ってこんなもんだと思うんだけどね。きっと旦那なりにやってるんだろうけど、私から見れば『私に任せすぎ?』のようなとこも有り、それにもっと梅ちゃんにも『父親』に触れてもらいたいって気持ちも有ったので。何よりムカついたのは、梅ちゃんが通りすがりの旦那にニコーって笑っても、気付きもしないで通り過ぎること。これが一日に何回も起こると梅ちゃんが不憫で、こちらも気分が悪くなる。抗議した時は、旦那なりに言い返したりしてたけど、今は考え直してくれたみたいで以前よりももうちょっと積極的になってくれた。さあ、これがいつまで続いてくれることやら(笑)。
でも今日は午後に梅ちゃん連れて30分ほど散歩に行ってくれたので、久しぶりゆっくりピアノも弾けた♪

ルーさん、今ではほぼ完璧復活!!すごい食欲。一日何回も"餌くれー!"ってやって来る。嬉しい限り。こんだけ元気が戻ればもう大丈夫かな。
-----7ヶ月4日目
2004年10月27日 21時47分16秒  歯医者へ

ここ何日か、左奥歯の辺りがなんとなく食べ物が当たる度に何か感じるようなので、歯医者で診てもらうことに。母乳あげてるときって虫歯になりやすいとか何とか聞いたこと有るし、虫歯だったら悪化する前に治しとかないと授乳してるから麻酔も出来ないしね。妊娠してる最中も同じような症状で歯医者に行ったんだけど、何も無いって言われた。先生が"おそらく妊娠で血液の量が増えてそれで歯の神経辺りを血管で押してるせいかも"とか何とか言ってたと思う。今はもう出産したし、血液の量も妊娠前のように戻ってるはずだし…で一応診てもらうことに。結果は何も無し。良かった。

こっちって歯の治療は保険が利かないから,ちょっとした治療でも結構な出費になる。ルーさんの件で大きな出費が有った直後だしね。で、旦那と梅ちゃんも一緒に来てくれてたんだけど、私の歯の検診が終わった後、旦那がついでだからと歯石の掃除をしてもらうことに。旦那って結構ヘビースモーカーだからすぐに歯が汚れちゃうのよね。でも今日の掃除でピカピカになった(笑)。梅ちゃんは比較的良い子にしててくれたので助かった。待合室のあのシーンとした中で泣かれると焦るしね。一度グズグズが始まりそうだったけど授乳したらすぐにご機嫌になってくれた。

歯医者から出た後、帰り道で眼鏡屋さんの前を通りかかる。今使ってるメガネって実は13年位前に作ったもので度が合ってない。前々から新しいメガネが欲しかったんだけど、『日本の方が全然安いし帰国した際に作ろう!』と旦那と言ってたんだけど、今の滞在許可証の申請状況じゃぁいつ帰国できるか分からないし。で、『値段だけ聞いてみよう!』と言うことになり、店に入る。この店は旦那がしょっちゅうコンタクトレンズの液を買いに来る店なので、店の人にも顔を覚えられているみたい。で、はっきり『日中はコンタクト使ってて寝る前しかメガネを使わないので安いのでいいんですが、レンズとフレーム全部込みで100ユーロ以下の物って有りますか?』って聞いたら結構有った。なんか今セールしてる分が有るとかで、形も山ほど出してくれて、あれやこれや試着してるうちに気分はすっかり『お買い上げ〜♪』モード。ま、想像してたよりは安かったので『買ってもいいっか』のスイッチが…。日本にいくらか貯金が有るので、カードで買えば…なんて。で、旦那も前からメガネを欲しがっていたので、"誕生日プレゼントに!"と思いつきフレームは*私*が選び、買ってあげることに。私の分はMiss Sixty のフレーム、旦那のはディーゼルだったか、どこだっけかな?のフレーム(選んだのが出してもらった中で一番高かったらしい(^^;))にする。両方ともちゃんとしたブランド物なのに、レンズ込みで私のも旦那のも95ユーロ。二人分で、190ユーロ。ま、いいっか。今日はコンタクトを着けてたので、測っても視力がちゃんと測定できないとのことであさって古いメガネを掛けて来店することに。その時点で視力を測定してレンズを作ってもらえる予定。あーなんか嬉しい。新しいメガネだ。これで飛行機乗るときも安心してメガネで乗れる。(飛行場とかでメガネだとゲートとかの標識の看板が見えなかったのよね。かといって、長時間フライトってコンタクト着けてると目が乾いて困るし…。)普段の生活だと、ほんと夜だけだから今のメガネでもそんな不便は感じなかったんだけど、古い型なのでメガネで人に会うのも恥ずかしかったし。

てな感じで昼から出っ放しだったので今日の梅ちゃんの離乳食は…パーッス!ごめんね、梅ちゃん!
-----7ヶ月3日目
2004年10月26日 23時57分20秒  体形維持できてますか

苛々の元が来た。予定よりちょっと早かったけど。だからかー、この眠気と苛々と食欲旺盛は。
今日は朝から梅ちゃんと昨日作った囲い付きのマットの上で遊ぶ(^^)。

先日セールになってたジーンズをデザイン違いで3本も買ったので、それの裾上げをしようと思ってミシンを出してきたものの梅ちゃんあやしたりで結局出来ず。他にもミシン使って縫いたいものが有るんだけど、育児してるとずっとお預けのままになってる。妊娠中はお腹が出ていたせいで、洋服が全然買えなかった。セールで可愛いの見つけても、お腹の出た体形では合わないし、出産後体形が変化してるかもしれないと思うと先買いも出来なかった。

今は体形も元の通りに戻ったし、また好きな服が買えると思うと嬉しい。ジーンズも既にMiss sixty のお気に入りの型を一本持っているんだけど、うちの近所で店じまいセールしてる店が有り一本なんと5ユーロ(700円位?)で売ってるのを見かけそこで2本買い、別の店でもセールで7ユーロ(1000円弱?)と言うのを見かけ形が可愛いので即買い。ジーンズのステッチに合うようにオレンジ色の糸も買ったし、後は裾をあげないと。イタリアのいいとこは、可愛い服が安くで入る!ことである。やっぱファッションの本拠地、デザインの可愛いのやかっこいいのが多い。朝市なんかに行くと種類もいっぱい有って、店頭で買うのよりも半額近い値段で買うことが出来る。
以前、朝市で見かけた可愛いジャケット値段を聞くと49ユーロ。それがリッチョーネに行った時にちゃんとしたお店で全く同じ物が売っててなんと79ユーロで売られてた。朝市とかだと店の家賃が無い分安いのよね。

カナダに居る頃って、自分のサイズに合う服を探すのが一苦労だった。皆デカいから私のサイズなんてXXSかよくてXS。それさえ置いてない店の方が多かったしね。だから当時は日本に帰国するたびに洋服いっぱい買って帰ったもんだ。
でもイタリアって、私のサイズ結構有るのが嬉しい。こっちでも一番下か下から2番目のサイズで小さめサイズなんだけど、カナダに比べると私のサイズを置いてる店が断然多い。で、今回みたいに店じまいセールに一足後れて行っても私のサイズか特大サイズがゴロゴロ残ってたのが嬉しかった(爆)。妊娠直前は結構太ってきてたので、今まで穿いてたパンツ類が穿けなくなりかけてたんだけど、今授乳してるせいなのか、妊娠前よりも体重が減って、また以前のパンツがまた穿けるようになった(^_^)。

やっぱお母さんになっても、独身時代のようにカッコよくいきたいよね。(と言いながら家の中では旦那に"道端で物売ってる中国人みたい"とよく馬鹿にされているのだか(^^;)…。)でも、ローウエストのパンツ穿くと、お腹のたるみがちょっと目立ってしまうのが悲しい(T_T)。梅ちゃんが入ってたから伸びちゃったんだよなーお腹(涙)。腹筋しかないかな。

今日の梅ちゃんの離乳食は2口アウトでした(T_T)。
-----7ヶ月2日目
2004年10月25日 23時03分47秒  梅ちゃん7ヶ月!

今日で梅ちゃんは7ヶ月。なんか7ヶ月って響きが"大きくなったなー"って感じがする。バスルームの掃除と家の掃除機、雑巾がけをし、梅ちゃんが床でも遊べるように先日買ったパズル型のマットを敷く。猫の毛が簡単に入らない様にこのパズルマットのピースを使って囲いも作った。これで梅ちゃんゴロゴロ寝返りも自由に出来るだろうし、ちょっとしたはいはいの練習も出来ると思う。いつもベビーカーの中だもんね。もっと前に作ってあげたかったけど、今になってしまった(^^;)。囲いって言ってもきっとはいはいを本格的に始めるとすぐに潰されちゃうだろうけど、まあ今のことろはこれで良しとしよう。

毎月25日が来ると義父母が梅ちゃんのお祝いで、洋服を買ってくれる。今回は、義父母が『選んだ』のではなく、私たちが気に入ったのを買ってくれると言うので、夕方梅ちゃんを連れて(旦那は仕事だったので旦那抜き)、義父母と一緒に洋服を見に行った。やっぱ、義母が選ぶので"これ可愛いわねー、そう思わない??"って言われるのって…答えるのに困る(^^;A)。"好きじゃないです"って言うのも、買ってもらう手前言えないしね。ま、それでも自分の気に入ったのを特に強調して"これ可愛いー♪"って言うと、"あなたが気に入ったのならそれにしましょ"って言ってくれ、私の選んだのに決定(^_^)。冬用ジャケットコートとかも有ったけど、"それは又来月でも再来月でも買ったげるから"と言うので甘えることにしようっと♪今回選んだのは水色のワンピースにアイボリーの袖が付いたもの。後ろには同じ水色の頭巾が付いてて可愛い(^_^)。

出かける前に離乳食をあげたんだけど、今日は結構食べてくれて用意した分ほとんど食べてくれた。途中でいやいや言い出したけど、何とか口の中に放り込むと飲み込めるようになってる。で、最後の2口…ってとこで本格的ないやいやが始まり中止。でも、上出来。

ルーさんのほうは、昨日の晩から一人で食べるようになった。やっぱりお腹が空いて我慢できなくなったのか、昨日の夜寝る前に自分自ら餌置き場へ行き、カリカリと食べ始めた。でもやっぱりかなりちょっとずつしか食べないけど。でも今朝も自分で食べたしね。うんちは昨日の夜いっぱい有ったけど、どれがルーさんのかいまいち判りづらい。3匹も居るからね。これかなーって言う大き目のが有ったので、それがルーさんのであって欲しいけど。でも鼻もしっとり濡れてるし、水も飲んでるみたいだから脱水状態とかは起こしてないし、ここまで来ればかなり安心かな。今日なんてテーブルにジャンプして上れる位になってる。すごいね、猫って。年から言ったら人間で言う70歳越えてる年なのに、手術してお腹開かれて、何日か後にはもうこんな高いところにジャンプ出来るなんて。

なんか昨日位から結構な食欲と苛々が始まってる。なんかPMSの様な気が…。来週位に始まる予定だしね。時期的にもまさに…って感じ。口の中にも口内炎できてるし、苛々のためにもビタミン取った方がいいのかな。
-----7ヶ月1日目