看護師が独立開業して、訪問看護ステーションの開設を応援するサイト。看護師社長、介護保険、医療保険。

訪問看護で看護師社長


■始めにお読み下さい
トップページ
看護師社長の道のり
■訪問看護のイロハ
訪問看護というお仕事
訪問看護サービスの流れ
病院と在宅医療の違い
在宅看護市場の現状
■訪問看護師への理解
1日の仕事流れイメージ
バッグの中の持ち物
仕事の基本的な姿勢
訪問看護師のやりがい
■在宅医療・社会保険の現状
在宅医療・在宅療養
介護保険制度の動向
医療保険制度の動向
■介護保険法の訪問看護
介護保険の訪問看護
介護保険の利用対象者
ステーションの開設者
人員と設備の条件
訪問看護サービス内容
介護保険法の介護報酬
介護報酬の請求事務
その他重要なポイント
■健康保険法の訪問看護
介護保険制度との相違
利用者と医療保険報酬
■独立開業前の基礎知識
お客さま志向とCS
マーケティングの4P3C
人事管理・労務管理
経理の基礎知識
法人と従業員の税金
経営計画シミュレーション
■ステーションの開設
人・場所・資金の確保
法人・会社の設立登記
都道府県知事への申請
申請書類の一式
書類作成の注意点
開設の重要なポイント
運営での成功の鍵

独立開業前の基礎知識 >経営計画シミュレーション

このページでは、損益分岐点のシミュレーションをしてみたいと思います。

どのくらいの利用者を囲い込むことができれば、採算をとることができるのか(=赤字にはならなくてすむのか)について理解して下さい。

もちろん運営の仕方や規模などにより大きく異なるのですが、次のような条件で考えてみたいと思います。

なお、基礎データについては、書籍・統計調査結果カテゴリーの厚生労働省のデータに記載しておりますので、自分なりに一度経営計画をたててみて下さい。

■前提条件
常勤の管理者であるあなたの他に、非常勤の訪問看護師を常勤換算で1.5人雇用することとします

■基礎データ
1.利用者1人あたりの月累計訪問回数 − 5.7回
2.訪問看護1回あたりの平均報酬額 − 8,008円
3.常勤の管理者1人の給料 − 449,504円
4.非常勤の訪問看護師1.5人の給料 − 574,342円(382,895円/人×1.5人)
5.法定福利費10% − 102,384円(保険料等として3+4の10%)
6.事務所運営費 − 100,000円
7.事務所賃借料 − 100,000円
8.原価償却費 − 21,414円(事務所の什器200万円を耐用年数7年、定額法で償却)

上記の収入と支出の基礎データに基づき、損益分岐のシミュレーションをしてみると採算がとれる利用者の人数は、30名となります。

参考までに、仮に常勤の管理者であるあなたが赤字の間は給料をとらないとした場合、採算ラインは19名となります。

あなたはこの19名を「19名も」と考えましたか、それとも「19名か」と考えたでしょうか。

「19名か」と前向きに考えることができた方は、チャレンジしてみる価値はあると思いますよ。

戻る次へ


■ステーションの可能性
サテライトの経営拡大
居宅介護支援の併設
訪問介護サービス事業
療養通所介護事業所
■開設でのよくある質問
管理者に関するQ&A
人員基準に関するQ&A
設備に関するQ&A
その他よくある質問
■訪問看護の関連法令
関連する法律一覧
居宅サービス(省令)
居宅サービス(通知)
■その他関連コンテンツ
関係する機関・専門職
リスクマネージメント
事業者の指定取消し
独立開業向きの看護師
運営に役立つ雛形文書
■書籍・ニュース・統計
参考になる書籍一覧
訪問看護最新ニュース
厚生労働省のデータ
訪問看護の10年後
■看護師の起業リンク
訪問看護ステーション
看護師の会社社長
開業看護師を育てる会
介護の助成金制度
起業に役立つサイト
■求人情報・マッチング
訪問看護師の求人情報
独立希望、起業応援
お問合せメール


Copyright© 訪問看護で看護師社長 All Rights Reserved.