看護師が独立開業して、訪問看護ステーションの開設を応援するサイト。看護師社長、介護保険、医療保険。

訪問看護で看護師社長


■始めにお読み下さい
トップページ
看護師社長の道のり
■訪問看護のイロハ
訪問看護というお仕事
訪問看護サービスの流れ
病院と在宅医療の違い
在宅看護市場の現状
■訪問看護師への理解
1日の仕事流れイメージ
バッグの中の持ち物
仕事の基本的な姿勢
訪問看護師のやりがい
■在宅医療・社会保険の現状
在宅医療・在宅療養
介護保険制度の動向
医療保険制度の動向
■介護保険法の訪問看護
介護保険の訪問看護
介護保険の利用対象者
ステーションの開設者
人員と設備の条件
訪問看護サービス内容
介護保険法の介護報酬
介護報酬の請求事務
その他重要なポイント
■健康保険法の訪問看護
介護保険制度との相違
利用者と医療保険報酬
■独立開業前の基礎知識
お客さま志向とCS
マーケティングの4P3C
人事管理・労務管理
経理の基礎知識
法人と従業員の税金
経営計画シミュレーション
■ステーションの開設
人・場所・資金の確保
法人・会社の設立登記
都道府県知事への申請
申請書類の一式
書類作成の注意点
開設の重要なポイント
運営での成功の鍵

介護保険法の訪問看護 > 介護報酬の請求事務

介護保険法の訪問看護制度における、介護報酬の請求事務の流れについて見て行きたいと思います。

介護報酬の請求事務は非常に複雑かつ煩雑で、管理者や事務担当者の頭を悩ましている作業でもあります。

実際、訪問看護ステーションの管理者へのアンケートによると、請求業務の事務作業が大変だという声が上位にきます。

そのため、請求業務の全てをアウトソーシングしている事業所もあります。

ここでは詳細までを知る必要はありませんので、おおまかな流れだけを知っておいて頂ければと思います。

介護報酬は、介護サービスの費用であり、「介護保険法」に定められた基準により算定されます。

介護報酬は単位数で表され、1単位10円に地域区分ごとの割合を乗じたもので算定され、金額換算は小数点以下切捨てとなります。

保険による給付割合は9割で、利用者の自己負担は1割です。

次に介護給付費の請求手順について説明したいと思います。

・居宅介護支援事業者から対象月の前月末にサービス提供票とサービス提供票別表がケアマネージャーから送付されてきます。
  ↓
・訪問看護ステーションでは、そのサービス提供票に基づいて、支給限度基準額内での看護サービスを利用者に提供し、利用者はサービスの提供に関する利用料の1割を支払います。(但し、支給限度基準額を超えて訪問看護を利用した場合は全額自費となります。)
  ↓
・訪問看護ステーションは、1ケ月分をまとめて、介護給付費請求書を作成します。
  ↓
・訪問看護を実施した月の翌月10日までに審査支払い機関である国保連合会に介護給付費請求書をISDN電話回線にて伝送します。(他にはフロッピーディスク等の時期媒体を送付する方法と紙の帳票を送る方法もあります。)
  ↓
・国保連合系では、居宅介護支援事業者が作成した給付管理票と各事業者からの請求書をつき合わせて、支給限度額の審査を行い、その結果、報酬を支払います。

上記の作業により、サービス提供月の翌々月に介護給付費が振込されることとなります。

なお、支給限度額とは、要支援1〜2、要介護1〜5の介護保険の状態区分ごとに決められている支給の上限額のことで、4,970単位から35,830単位までの値となります。(1単位は10円を基本とし、サービス地域によって10.78円から10円と格差が設定されています。)

戻る次へ


■ステーションの可能性
サテライトの経営拡大
居宅介護支援の併設
訪問介護サービス事業
療養通所介護事業所
■開設でのよくある質問
管理者に関するQ&A
人員基準に関するQ&A
設備に関するQ&A
その他よくある質問
■訪問看護の関連法令
関連する法律一覧
居宅サービス(省令)
居宅サービス(通知)
■その他関連コンテンツ
関係する機関・専門職
リスクマネージメント
事業者の指定取消し
独立開業向きの看護師
運営に役立つ雛形文書
■書籍・ニュース・統計
参考になる書籍一覧
訪問看護最新ニュース
厚生労働省のデータ
訪問看護の10年後
■看護師の起業リンク
訪問看護ステーション
看護師の会社社長
開業看護師を育てる会
介護の助成金制度
起業に役立つサイト
■求人情報・マッチング
訪問看護師の求人情報
独立希望、起業応援
お問合せメール


Copyright© 訪問看護で看護師社長 All Rights Reserved.