有料老人ホーム入居は正しい選択です。

有料老人ホーム入居は正しい選択です。

ご両親に介護が必要なったことを他人に知られたくない・・・、家族に認知症の高齢者がいることが恥ずかしい・・・、など、今でも少なからずこのような思いを抱いている人がいると思います。子供からすると、親を老人ホームへ入居させることを「見捨てた」と考えてしまう方もいるようです。

しかし昔と違い、今では共働きの夫婦も増え、家庭内で要介護の高齢者の面倒を見ることが大変であることも広く認知されています。また、高齢化社会の日本では、介護が必要になることは珍しいことでなく、外部の介護サービスを利用するのも一つの手であると認識されています。

有料老人ホーム選びは難しい?

有料老人ホームを選ぶにあたっては、契約や費用、サービスの内容などによって、入居した後に、様々な不満やトラブルを生んでしまうことが多くあります。それは有料老人ホームに関する費用やサービスなどの契約内容が複雑で、一度や数回程度の説明では理解しにくいことが原因です。

しかしこれはホーム側の問題だけでなく、入居する側もしっかり理解しないまま契約に至ってしまったり、確認を怠ってしまった、または入居する本人より家族の考えを尊重してしまったことによる認識不足が原因であることも多くあります。

有料老人ホーム選びは、単なる不動産選びとは異なります。しかし、一人暮らしをするためマンションを探した・・・、マイホームを買うため不動産を勉強した・・・、など今までの「住まい」に関する経験は大きく生かすことができます。

このサイトは単なる入門サイトですが、有料老人ホーム選びに関する要点をまとめております。ホーム探しを始めた方のお役に立てるようご活用下さい。



  次のページへ>>