「SPIRIT」のトリビア




Trivia for Huo Yuan Jia (2006)



アンソニージョーンズ(ネイサンジョーンズ?)は撮影中ひどく落ちて何本かの歯を折った。治療を断って撮影を続けた。

Anthony Jones took a fall badly during filming and almost lost several teeth. He refused medical attention and kept filming.



エキストラの一人を持ち上げて床に落とす撮影中、ジョーンズは「スピリット」に夢中になりすぎ、落とされたエキストラは肋骨(ろっこつ)を折って病院行きになってしまった。

During filming when Jones was to pick up one of the extras and toss him to the floor, Jones got too into the spirit and the extra ended up going to the hospital with cracked ribs.



ジョーンズはとても大きくて中国のホテルのベッドはとても小さいので三つのベッドをくっつけていた。

Jones is so large, and the beds in Chinese hotels so small, he had to fit three beds together.



ジェットリーのためにユエンウーピンが用意した動きのうち、頬や後頭部をはたく動きが含まれるいくつかの動きは、リーによって美学上や文化的な理由から止めになった。こういった動きは西洋人には無作法すぎると感じたからだ。

Several moves planned by Yuen Wo-Ping for Jet Li was deleted by Li for aesthetic and cultural reasons, including cheek slap, and back-of-head slap. Li felt that those moves are too impolite to Westerners.



中村獅童はマンダリンを話さないが映画の中では要求されたので、監督は彼に覚えて暗唱するように言っただけだったが、個人指導教師を探した。

Shido Nakamura does not speak Mandarin, but he needed to in the film, so he found a tutor, even though the director told him to just memorize and recite the sounds.



また、中村獅童は上海のTVを見ようとしたが・・・一週間たたないうちにスタッフの一人が見つけたのだが・・・広東チャンネルを見ていて、もちろんそれは広東語でマンダリンではなかった。

He also tried watching TV channels in Shanghai, but it wasn't a week later until one of the film crew noticed that he was watching a Cantonese channel, which of course, speaks Cantonese, not Mandarin.



はすの池のシーンは上海から2時間ほどの池で撮影した。その池にはもともとはすは無い。200以上のはすを杭州(こうしゅう)から飛行船で運んで撮影中に咲くようにした。

The lotus pond scene was filmed in a lake two hours out of Shanghai, and that lake had no lotus. Over 200 lotus plants was air shipped from Hang Chow to ensure they will flower during filming.



Anthony De Longisとジェットリーは、剣で闘うシーンで最初の撮影だけで少なくとも6本の剣を折った。

Anthony De Longis and Jet Li broke at least six swords during their sword fight just for the first take.



Anthony De Longisは撮影が終わって後日ジェットリーに本物のスパニッシュソードをプレゼントした。

Anthony De Longis gave Jet Li a genuine Spanish sword the day after filming was finished.



Brandon Rheaはある撮影中に気を失った。どうやら着ていた衣装が少し苦しすぎたようだった。

Brandon Rhea fainted during one of the takes. Apparently the costume he wore was a bit too restricting.



Brandon Rheaは「マオ」として知られている長いスティックの武器は独特な鋭い先がついているもので、それがないとおかしいと主張した。彼は自分の腕前を見せるにあたって一人のエキストラに3メートル離れたところで新聞の束を持たせ、一突きして・・まっすぐにその束の真ん中を突き刺した。これにはユエンスーピンも感動していた。

Brandon Rhea insisted that the long stick weapon, known as "mao", be equipped with a proper sharp point, else it'll look strange. He demonstrated his accuracy by having one of the extras hold a stack of newspaper three meters away from him. He did one lunge... and thrusts the point straight through the middle of the stack. Even Yuen Wo-Ping was impressed.



アンソニージョーンズは体系を維持するために日に6食食べてミネラルウォーターをリットル単位で飲み干していた。休憩の時はいつでも150回の腕立て伏せをしていた。

Anthony Jones, in order to keep his physique, eats six meals a day, gulps down mineral water by the liter, and do 150 push-ups whenever he gets a break.



Betty Sunは水田での腕立て伏せにびくびくしていた。いつも彼女は脚をラップで巻いていたが、それがカメラに映ってしまった。監督は彼女に外すように言わなければならなかった。

Betty Sun was scared by the push-ups in the rice paddy. She originally tried to wrap her feet in cellophane, but it showed on camera. Director had to order her to take it off.



 


HOMEへ