飯盛神社 流鏑馬

 

毎年10月9日(旧暦9月9日)に、福岡市西区の飯盛神社で流鏑馬が行われます。

これは飯盛神社の秋季大祭(くにちまつり)に、五穀豊穣、武運長久、無病息災を祈って行われてきた伝統

行事です。古文書などの記述によると、約400年の歴史があるといわれています。

流鏑馬は狩衣姿の武者が、素早く疾走する馬の上から的をめがけ矢を放つ、心技体ともに高度な集中力を

要する勇壮かつ神聖な行事です。福岡市指定無形民俗文化財だそうです。

   

石段の上の小高い上にある飯盛神社           境内には流鏑馬の像もあります

 

2002年の10月9日はお日柄もよく、まずまずの好天に恵まれ、平日だというのに狭い会場にはたくさんの人が

集まり、通路に沿って鈴なりの人がびっしりとカメラを構えていました。

本殿の前はすごい人で溢れていました

 

さて、まずは仮装行列が始まります。老若男女色とりどりの装束に身を包み、ゆっくりと流鏑馬のコースを歩いて

きます。神事のわりには、何かゆったりとした雰囲気です。

わりとゆったりとした足取りです

 

   

段取りがちょっと不安そうです               この的を目掛けて弓矢を放ちます

 

さていよいよ馬の入場です。鞍上の狩衣姿はちょっと派手ながらも艶やかな装束です。

刺繍も色あざやかで、見るものを楽しませてくれます。

いよいよ主役の登場です

 

   

鶴の羽ばたく見事な刺繍模様               毛皮がたくさん使われています

 

ようやく流鏑馬の始まりです。待ちくたびれたのはギャラリーばかりではなく、馬の方も長時間待たされて、

随分とイレ込みすぎて口を割ったりする馬も見うけられます。射手になだめられ、徐々に馬の興奮も収まって

きます。

馬もかなり待ちくたびれて、ご機嫌ななめです

 

落ちついた馬もいます

 

馬がスタートを始めました。予想以上に速いので、撮影する方は大変です。競馬場での撮影に慣れている

とはいえ、馬だけでなく弓や的もあるわけですから、なかなか上手くは撮れませんねぇ。

そばで見ているとものすごい速さです

 

静止して射る儀式もあります

 

馬もおだやかじゃありません

 

見事!的中しましたっ!!

 

何頭か馬が登場する中に、一頭だけ他と比べてずいぶん小柄な馬が出てきました。なかなか可愛いです。

他の観衆の会話を盗み聴きしていると、どうやら対州馬らしいです。なるほど体型などは対州馬そっくり。

ここは九州。考えてみると、対馬原産の在来馬が九州の祭りに登場するのは、極めて自然なことです。

可愛い小柄な対州馬アーサー君が登場

 

   

彼が一番待たされたそうで、お怒り気味です      少し落ちついてきました

 

流鏑馬が終わってからの彼は、優しい表情でした

 

射手のみなさんの技は見事としかいいようがなく、ほとんどの弓が的を的中しました。

弓が的を射た瞬間、ギャラリーからは歓声があがりますが、的の中心の扇のど真ん中に矢がささったときの

歓声はすごかったです。実際に現地で観戦した方が楽しめる物は多いですが、流鏑馬の臨場感はすさまじい

ものがありました。馬の駆ける蹄鉄の軽やかな響き、馬とともに流れてくる風の速さ、射手の俊敏な弓さばき、

どれもその場でしか味わえない独特の空気でした。大変満足させてもらいました。もちろん、無料の甘酒と

破魔矢もしっかりいただいてきましたので。(2002年10月9日作成)

 

福岡の祭りへ戻る

HOME