龍ヶ峰城
石川県河北郡津幡町

主郭跡

戦国時代 一向一揆の土豪 村上右衛門が拠る。
天正年間
1573〜1592年
上杉謙信が攻め寄せ、落城する。
のち佐々勢が入る。
1585年 佐々与左衛門が守る。前田秀継が攻め寄せる。佐々勢は敗れ、南の上藤又方面へ敗走する。

2郭

約20m四方ある。2郭の東側にも郭がある。
2郭に付属する下郭。

虎口があったと思われる土塁。
3郭。

主郭を降りたところにある城最大の郭。北国街道には一番近い。。
3郭土塁。

右下を通る北国街道から城への道から城を守る土塁が、左上柵の所にあった。
堀切。

土塁、竪堀などがあちこちに残る。
大手道。

大手のあたる道。いくつかの虎口に守られていたらしい。
        縄張り図。

中央の赤い矢印の先が主郭。右が北側で2郭。2郭から上に伸びる道が大手。主郭左の広い部分が3郭となっている。左下の黒い線は北国街道。

現在の北国街道。

城の南側に北国街道を臨む、要衝にあった。



龍ヶ峰城は、加賀・越中国境の倶利伽羅峠を通る北国街道沿いにあった。初め一向一揆が築いたが、その後 上杉氏佐々氏前田氏と城主を変えている。1585年には前田・佐々の抗争の戦場となり、数度にわたる戦が行われたという。佐々成政はここや小原越えなど加越国境を固めている。戦の時だけに使われた城ではなく、泉が在ったと言われており、兵が常駐していたのではないかと思われるらしい。
ここは2005年4月に城址公園として整備された。遊歩道も休憩所も真新しい。新聞によると、津幡町には10いくつの城跡があるらしく、この後も城址公園化していくらしい。
                                                                   (参考. 北国新聞
                                                                        掲示板)

城の種類 案内表示 地図表示 駐車場 道の状態
山城 (連郭式) × ×
地図
こちらへ→