アーチェリーの紹介

アウトドア

<個人戦>
屋外の平坦なグラウンドで、4つの距離(男子:90、70、50、30m。女子:70、60、50、30m)からそれぞれ36射、合計144射するのが、アウトドアターゲットラウンドです。一般に、省略してターゲットと言われています。リカーブとコンパウンドの2つの部門があります。

90、70、60mを長距離といい、1エンド 6本の矢を4分以内で射たければなりません。標的の直径は122cmです。50、30mを短距離といい、3射(2分以内)を12エンド行います。こちらの標的は直径80cmです。標的は、どちらも5色の色環帯(中心から、黄、赤、青、黒、白色)がさらに10個の得点帯に分割され、直径8cmの中心が10点、外に向かって1点ずつ少なくなります。

世界選手権大会は、このラウンドが予選となり、各部門の男女上位64名が決勝ラウンドに進出することができます。全日本選手権大会は、現在リカーブの男子32名、女子16名を決勝出場のカットラインとしています。

決勝ラウンドは、1対1のマッチ戦が、70mの距離で122cm標的を使って行われます。射つ矢数は1マッチ、18本。対戦は、あらかじめ定められた組合せ表により、1位対64位、2位対63位(全日本では、男子は1位対32位、女子は1位対16位)等々となります。

勝ち残った8名の選手で行われる準々決勝戦からは、1マッチの矢数が12本となります。全日本選手権の3位決定戦と決勝戦では、二人の選手が交互に1本ずつ射ち、そのつど得点がアナウンスされます。


<団体戦>
予選ラウンドのチームの上位3名の合計点により、16チームが団体戦に出場することができます。距離は70m、標的は122cmです。

団体戦は、1エンド9射を3エンド行う、27射のマッチ戦です。各チームの選手は、1エンドに3本ずつ、順番に射つことになります(3選手×3射×3エンド=27射)。制限時間は個人戦の半分、1エンド3分に減少します。時間内に完射するためには、3名の選手の時間配分が重要となり、チームワークが勝利の鍵となります。

現在、国内で公式の団体戦が行われているのは、国民体育大会と高校選手権(インターハイ)の2大会だけです。


インドア


インドアは、リカーブとコンパウンド部門で行われる、室内のターゲットアーチェリーです。射距離はすべて18m。ちなみに、インドアの発祥はアメリカです。18mという半端な距離は、20ヤードをメートルに換算したときの置き土産です。

1ラウンドは、直径40cmの標的を、1エンド3射で20エンド、合計60射します。1エンドの制限時間は2分です。

標的はターゲットと同じで、黄、赤、青、黒、白の5色。これがさらに2分割されるので、黄色は10点と9点、赤が8点と7点等々となります。10点の直径は4cm。ただし、コンパウンドにかぎり、直径2cmのインナーテンが10点となります。

世界選手権大会や全日本選手権大会では、5点以下をカットした標的(直径20cm)を1枚の紙に3個、縦に並べた的紙を使用します。選手は、3本の矢を3個の標的に、別々に射たなければなりません。1標的に2本の矢が当たっている場合、高得点の矢は0点となってしまいます。

ここまでが予選ラウンドですが、1対1のマッチ戦だけが行われる決勝ラウンドは、アウトドアターゲットとほとんど同じ流れになります。

各部門上位32名が決勝ラウンドに出場します。ただし、全日本選手権では、リカーブ女子16位、コンパウンド男女がそれぞれ、8位、4位と、出場者数によって、予選通過順位が異なります。マッチ戦は、予選1位が最下位との対戦となります。ベスト8が決定されるまで、矢数は3射×6エンドの18射です。

準々決勝戦から、マッチは3射×4エンドの12射となります。射ち方も、対戦する選手が1本ずつ交互に射つ方式に変わります。

国内の主要大会では実施されていませんが、世界選手権では予選ラウンドの上位16チームにより、団体戦が行われます。3名の1チームは、1エンドに9射し、これを3回繰り返して、合計27射でマッチ戦を行います(3選手×3射×3エンド=27射)。