•   管理人:愛参謀
  •   開設日:1999/4/30
  •   1280*768以上推奨
アクセスカウンター
  カラコン通販送料無料

北斗西斗 -北斗の拳を異常に研究するサイト-

北斗とスケバン刑事
2016年7月28日(木)

ハイパーヨーヨーブームですらもはや遠い昔。
今の小中学生は目にした事すらないんじゃないかというヨーヨーという存在。


そんな玩具を立派な殺傷武器として自在に操った女戦士マミヤさん。







そんなマミヤさんよりも遥かにヨーヨー使いとして名高いのが
麻宮サキこと通称『スケバン刑事』」です。



ヨーヨーを武器として戦うという点。
そして「麻宮(あさみや)」の読み方を変えれば「マミヤ」になる点から考えても、
マミヤのモデルがスケバン刑事であることは間違いないでしょう。


ちなみにマミヤが初登場したのが1984年の5月
ドラマ「スケバン刑事」が始まったのが1985の4月。


スケバン刑事の方が後じゃねーか!と思われる方もおられるかもしれませんが
スケバン刑事には原作漫画がありまして、



こちらの連載期間が1975年〜1982年なので
やはりマミヤのほうがスケバン刑事をパク・・・・モデルにしたのは間違いないのです。







とまあここまでは割りと有名なお話。

今回私が調べたかったのは




ジャギのヘルメットと





ドラマ 『スケバン刑事2』で
二代目 麻宮サキが被っていた鉄仮面は
どちらが先なのか、という謎。



もちろんこれもドラマスケバン刑事の方が後出しなのだが、もし原作漫画にも同じデザインの鉄仮面が出てきているのであれば、北斗のほうがパクったという疑惑が強くなる。
というかヨーヨー女子をパクってる時点で限りなく北斗側が怪しい。


しかし先日、当サイトの掲示板にて「スケバン刑事のほうがパクった」との情報が寄せられたため、ここは自分の目で確かめるしかないと思い立ち、今までなかなか読む機会に恵まれなかった漫画 スケバン刑事を全巻購入し、調べてみました。





結果、

漫画 スケバン刑事に
ジャギメットと思しき鉄仮面は
登場してませんでした。




というわけで、鉄仮面のデザインに冠しては、
スケバン刑事の方が北斗から拝借した可能性が高い
と考えて良さそう・・・・・ではあるのですが




実は、ジャギのとはデザインが全然違うんですが
「鉄仮面」自体は漫画スケバン刑事の中に登場しておりまして



麻宮サキのサポートを担当する私立探偵の神恭一郎というキャラクターがいまして、かつて悪の組織"猫"を追っていた際に敵の手に掴まり、鉄仮面を被せられるというシーンがあるんですね。ただこの仮面は視覚と聴覚が完全に奪われる拘束具で、彼はこいつをつけたまま地下の洞窟で2年半過ごすという地獄を味わっています。





一方、ドラマ版のサキは、幼い頃から例のジャギメットを強制的に被らされていました。なんでもこの仮面の中に「キドラの秘宝」なるものの在り処が隠されており、その宝を狙う悪者から命を狙われるため顔を隠さなければならなかったとか。(逆に目立ちまくると思うけど)


麻宮サキの方のは目も耳も使えるし、装着期間も2年半と10年以上なので差がありますが、自らの意思とは無関係に仮面を長期間被らされ、苦痛を強いられたという点では両者とも一致していますので、この設定は漫画からドラマへと継がれた部分だと考えてよいと思います。





長期間頭部を覆われていた筈なのにクロスアウトした時にやけに髪の毛がトリートメントされた感じになっているというツッコミポイントも一致していますしね。



以上の結果から
ドラマ版スケバン刑事2の鉄仮面は
「漫画スケバン刑事」と「北斗の拳」の融合

である可能性が高いという結論に至りました。
あくまで、可能性ですけど。

以上、検証おわり。







そんなわけでまた新たな北斗ムダ知識が増えたわけですが
それよりも今回一番の収穫だったのは
漫画スケバン刑事が凄え面白かったと言う事。




正直言って、ドラマばっか有名で漫画は殆ど噂すら聞いたこと無かったし、花とゆめコミックスだからって理由で相当ナメてたんですが、いやはやビックリしました。一気に全巻読んじゃいましたよ。ドラマのほうも結構エグい回とかありましたけど、大分マイルドになってたんだなって思いましたね。

なんつっても主人公のサキのキャラがいいですね。キレイで強くて芯が通っててコミカルな部分もあって勉強できないけど賢くてキレたらとりあえずボッコボコにするっていうシンプルさね。主人公が魅力的な作品はやっぱり名作ですよ。

ストーリーもかなり入り込まされる内容で、某主要キャラが死んだ時は普通にロスになっちゃいました。漫画のキャラが死んでショック受けたのなんぞいつぶりだろうか。最終回もねぇ、なんかもう、引きずっちゃう感じで・・・。今まで敬遠してた自分が言うのもなんですが、未読の方は是非一度読んでみてほしいですね。







それとまあ、今回の内容とは一切関係ないんですが
私が声を大にして言いたいのは



スケバン刑事っつったら
ビー玉のお京こと
相楽晴子の可愛さに
尽きるということ。


今見てもすっげえ可愛いな・・・
この人のせいで俺はショートカットじゃないと駄目な人間になってしもたんや・・・・


パチスロ北斗 修羅の国編
2016年7月12日(火)

というのが出るらしいのですが、


その公式PV Part1の中で


フフフみつけたぜ!!(ズゥン)








遂に!









ヌメリが!!












3D化されたぞおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!

勝ち鬨じゃああああああああああああああああああああああああああああ!!!






よく聞いたらちゃんと「へやーっ!」つってる!!
チョビヒゲもガチャ歯も胸の蛇もちゃんと再現してある!!

まあ見た感じ、単体での登場では無さそうなので
名前まで出るかは怪しいところですが
それでもこれは素直に嬉しい










あとリンさんはこれ何してんの?
どういう状況?









ヌメリが指プルプルさせてる時に描いてた妄想かな?



パチスロ北斗の拳 修羅の国編 公式サイト

スマショレビュー
2016年6月30日(木)

以前軽く御紹介しました「北斗の拳 スマートショック」





なんぞや、という方の為にご説明いたしますと
こちら、DeNAが配信する北斗の拳の新作スマホゲームで御座います。

製作は、 DeNA Seoul Co.,Ltd.という韓国のDeNAの子会社らしい。
・・・悪い予感がするのう。





なお、公式サイトの謳い文句によると,、

「原作のストーリーや奥義を忠実に再現した本格RPG」
とのことらしいのだが、

あの「哀★絶章」を髣髴させるゲームが良ゲーのはずが無いので

プレイ前からクソゲーであることは確定しております。

そして私はそれを望む者であります。




しかしそんな私の思いとは裏腹に、運営サイドの力の入れようは中々のもの。

twitterの公式アカウントは、毎日うんざりするくらい事前登録を告知するのは勿論、ゲームに関する質問をフォロワーから募集してそれに答えたり、プレイヤーに配るカードのキャラクターを選ぶ人気投票企画を行ったりと精力的に活動を行っていました。


また声優陣も、スマホゲーにしとくには勿体無いレベルの顔ぶれ。

ケンシロウ:河本邦弘
ラオウ様:玄田哲章
トキ:堀内賢雄
ジャギ:金光宣明
シン:桐本拓哉
レイ:緑川光
ユダ:中尾隆聖
シュウ:大塚芳忠
サウザー:大塚明夫
バット:浪川大輔
リン:沖佳苗
ユリア:魏涼子



これは凄い・・・・!


最近の北斗の拳ではお馴染みとなりつつある方々や、

真シリーズ以来となるW大塚氏の起用も嬉しいですが
中でもやっぱり緑川レイが放つエロさが際立っております。

昔から多くの人が「合うんじゃない?」と思ってたろうけど・・・
今になってやるかね! 2016年になって今更これを!
どうやら製作側の中にとんでもない助平がいるようですねぇ・・・






そんな期待と不安が混在しまくる中、去る6月17日、遂に配信開始と相成りましたので、早速ダウンロードしてプレイしてみました。





ゲーム始まって最初の画面がこれかよ。


まさかのえろばスタート。こいつぁ斬新だ。

どうやらマミヤの村でのVS拳王様戦がチュートリアルになっているらしい。






たまに原作のコマをそのまま表示させるという若干手抜き気味な会話パートを進めていくと








唐突にバトル開始。









つーか味方メンバーが豪華すぎる


それはいいのだけれども


原作を忠実に再現とは何だったのか



しかし、グラフィックに関してはかなり良い出来じゃないですか?これ。
デフォルメはデフォルメなんだけど、6頭身くらいに留める事で、顔の造形もしっかり見れる縮尺に収めてあるところがいいですね。フェイスをしっかり作ったから見て欲しいんだという製作側の拘りを感じます。


でもなんか・・・・なんかクセが強いのよね・・・





特にこの黒王とかね

やけにタテガミがしっとりしてる所とか
前足の間接部分のくびれ具合などが
無性に気になります



とまあいきなりイジりたい部分は多々あるが、まだこれはチュートリアルバトル。
ここはまず肝心な戦闘システムのお勉強のほうにシフトしていこう。





チュート先生によると、バトルの肝となるのは、この画面下部のアイコン
これをタッチしたりスライドしたりして、攻撃する相手や順番などを決めるらしい。


各キャラクターには相性があり、左下の球の色が優劣に影響する。
オレンジ(剛)グリーン(技)に強く、
グリーン(技)ブルー(心)に強く
ブルー(心)
オレンジ(剛)に強い。
ので、自キャラと相手の色で相性を判断し、攻撃対象を決めるのが良いらしい。


ふむ・・・・


また、球に書かれている文字は各拳士のタイプを表しており
「撃」は攻撃アップ
「絶」は秘孔アップ
「癒」は回復アップ
「裂」はクリティカルアップ

の効果があり、チェイン数が高いほど各タイプの効果が高くなる・・・らしい。


ふむ・・・


その他にも必殺技がどうとか、全員秘孔状態にするとどうとか、色々と説明されましたが、初老に片足つっこんでる奴の脳キャパでは覚え切れませんでした。
またモチベーションが高まればご紹介させていただきたいと思います。




とりあえず色によるジャンケンシステムだけは頭に入ったので、せっせと有効色を選んでスライドさせていたのだが




攻撃するときに
全員で一斉にバーって飛び掛って
一瞬だけダメージがパッと表示さて
また低位置にババーって戻るので
全く効果の程がわからない


ドラクエみたいに一人ひとり順番に攻撃してくれたらダメージの増減もわかりやすいのだが、こんなタイムセールの御婦人が如く殺到されたら全然状況がわからん。
頑張って考えて行動しても、手ごたえが無いので至極つまらない。

というわけですぐオートにしました。
ていうかこんなん絶対みんなオートでやるでしょ。
完全にシステム失敗してるわこれ。






てなわけで、何の成果も得られぬままチュートリアルが終了。
そしてここからが本番となる。



早速本編を進めていきたいところだが、先ほどのチュートリアルで仲間として一緒に戦ってくれていたレイ、シュウ、トキ、フドウの四人は夢幻が如く消え去っていたため、残されたのはレベル1のケンシロウのみ。

というわけでまずは、メンバー集めからスタートとなる。

幸い、最初はタダで10連ガチャを引かせてもらえるとのことなので
お言葉に甘えて回させていただいた。








ふえぇ・・・・









これはひどい


牙大王はまだいいとしても、ニコイチの片割れだけ来られても、なあ。
フォックス最高幹部さんに至っては、今から小便する場面の絵だぜ
夢も希望も清潔感もない。



そりゃまあ、最初から最強メンバーが揃ってるゲームなんぞ面白いわけがないんだから、これくらいの面子のほうがやりがいがあるとも言えなくもないけどさ、
いくらなんでもさっきまでの面子と落差ありすぎだろ




流石にこれではやる気も半減なので最初からやり直そうかとも思ったのだが、どうやら最初のガチャは絶対にこの結果になるらしいので、諦めて続けることにした。







ストーリーモードを開始。
ナレーションは大塚明夫氏。
何気に北斗のナレ担当されるのは初じゃないか?



順調に原作1話を進行。
しかしその途中にて、思わぬ名前と遭遇した。





『ウコク』だと!?


そいつは・・・・かつて北斗の拳オンラインでただ一度だけ使われた名前じゃないか!
そんなドマイナーな設定、今更リサイクルしちゃっていいの!?

つか割と浸透してきてる拳王侵攻隊隊長=ガロンは完全に無視したくせにこっちは採用すんのかよ。

・・・・いや別にいいけどさ、もしその情報源がコアミとかガンホーじゃなくてうちのサイトとかだったら、やめといたほうがいいっすよ。儂、責任もてんし。







その後、ジードにコテンパンにされるも、鍛えて再挑戦し勝利。
区切りがいいので、ひとまず初日はここまでにすることにした。




すったもんだありながらもまあまあ愉しめるじゃないか。
明日からも温かい目で見守りながら無課金プレイしていこうかな・・・・


と思っていたのだが
2日目にして早速異常事態発生。



全然繋がらねぇ。


タイトル画面から先に進まねぇ。


うーむ、正直そこまでプレイヤーが殺到するゲームとも思えないんだが・・・・しかしグラフィックに関しては結構力が入ってる感じなので、人数が少なくても一人ひとりの通信量が大きいからサーバへの負担がデカくなってるのかなぁ。いや詳しいこと解りませんけど。






そんなこんなしている内にメンテが開始。
しかし、明けても状況は何一つ変わらず。


運よくログインできても、ゲーム進行している途中にすぐ通信障害だコラァ!と言われてタイトル画面まで追い返される始末。

お詫びの品としてガチャを回せる石が配られるも、ガチャ回した途端にフリーズし、運悪ければ出たカード全部消失&石は消化済という地獄の有様。



そして遂に6月23日から4日間の長期メンテに突入。


迎えた6月27日、どうなったのかアプリを起動してみると


なんと更にメンテ4日間延長のお知らせが。







この惨状を受け、ネット上にはプレイヤーの憤怒の嵐が(当然)


「スマート(要素が一個もなくて)ショック」
「LOADINGとかいう敵が強すぎる」
「タッチしても動かない。秘孔を突かないと駄目なのか?」
「北斗の文句は誰に言えば」
「4日メンテしたのに更にメンテ延長とかホワイト企業すぎる」
「(チュートリアルで)ラオウ倒したからこれで全クリってことかな?」
「呟きまくってた公式アカウントがリリース後は完全に沈黙してる」
「ガチャでURを当てる運よりガチャを普通に回せる運が必要」
「タイトル画面でどの声優が「スマートショック!」って喋るのか当てるゲーム」



これが誇張した誹謗中傷でなく、
どれもこれも実に的を得た御意見というのがなんとも。



明日7月1日で8日間のメンテが明ける予定・・・・となっておりますが
今度こそメンテは終わるのか。
どうしようもないこの状況は改善されるのか。
運営はここから巻き返すことができるのか。
このレビューは続くのかどうかも合わせて、期待して待つとしましょう


【追記】
更に3日のびました

- 過去の記事 -



オススメ商品


レイの謎肉 醤油味
300g×4本




北斗×西武ライオンズ
黒夜叉コラボぬいぐるみ





愛羅承こんにゃく
(血痕付)250g





シマム SUPER EUROBEAT
-死刑判決-





北斗×寄生獣コラボ
ユダミギーストラップ





どうしてこうなった

アルフレッド/ハート著




流しそうめん器
「ラオウ襲来」



【過去のおすすめ商品】


アンチエイジング