TOP


フドウ


 登場:原作(110〜130話) アニメ(87〜104話)、真救世主伝説シリーズ等
 肩書:南斗五車星
 流派:五車の拳
  CV:飯塚昭三 郷里大輔(真救世主伝説)

 身体データ

 身長:225cm
 体重:270kg
 スリーサイズ:240・200・230
 首廻り:90cm


 南斗最後の将を守護する「南斗五車星」の一人。通称、山のフドウ。かつて鬼と恐れられたほどの巨人であり、北斗の道場で行われた試合では、門下生達をゴミのように抹殺し、当時のラオウに恐怖すら抱かせた。だがその後、幼いユリアに命の大事さを教えられ、改心。武具を封印し、南斗五車星の一人としてユリアに仕えることを決意し、孤児達を養って生きる善のフドウとして生きる道を選んだ。

 ケンシロウ南斗の城に連れてくる任務を任せられ、正体を隠したままケンシロウ一行と合流。後に自らの正体を明かし、南斗の城へ来てほしいとケンシロウを説得し、リンの後押しもあってなんとか願いを聞き入れてもらった。その後、ケンシロウを単身城へと向かわせたものの、拳王軍ヒルカに自らが育てるタンジとジロをさらわれてしまい、流砂に投げ込まれた二人を助けようとして危機に。しかしカンより危機を聞きつけてケンシロウが戻ってきたため、九死に一生を得て生き延びた。その後、もはや隠す必要もないと判断し、最後の将の正体がユリアであることを明かした。
 暫くは療養を兼ねて自らの村で待機していたが、恐怖を取り除かんとする拳王の襲来をうけ、闘いに。劣勢であったが、自らと、そして子供達の瞳に宿る哀しみで拳王を退かせ、拳王自らが引いたデッドラインを超えさせた。しかし、本来は拳王に放たれるはずだった巨大矢を全身に受け、瀕死に。今際の際に到着したケンに、この時代を抱き包むよう願い、果てた。

 TVアニメ版では、正体を明かす前に南斗五車星であることがばれ、バットに暫く怪しまれていた。
 
 真救世主伝説 ラオウ伝 激闘の章では、リュウケンに戦いを避けられたとして、ケンシロウに勝負を挑む形で登場。しかしその鬼の振る舞いの中にある善人の心を見抜かれ、戦いを避けられた。

 ジャギ外伝 極悪ノ華では、悪の象徴としてジャギの憧れの存在であった事が明らかに。ジャギのつけている棘付の肩当が、鬼時代のフドウのものをモチーフにしたものだとして描かれた。

 ジュウザ外伝 彷徨の雲では、ヒューイシュレンジュウザとともに、将を守る宿命を持った子供たち(?)の1人としてリハクの下に集められるというエピソードが描かれた。しかし訓練には全く顔を出さなかったらしい。また、他の面子と比べるとやはり一人だけかなり齢を食っていたらしく、ジュウザにオッサンよばわりされていた。

 北斗の拳外伝 金翼のガルダでは、 ガルダが城へ迫っているとしてリハクより召集を受け、トラックの荷台に乗って将の城へ。道中、ジュウザと遭遇し、共に連れて行こうとしたが、逃げられた。
 城へと到着後、体当たりで壁もろともガルダをフッ飛ばしながら登場。駆けつけたヒューイ、シュレンと共に三人がかりでガルダに挑んだが、互角の戦いに持ち込むのが精一杯だった。




彼の活躍度は相当なものである。過去に唯一拳王様を恐怖させたという称号。半引退からの現役復帰で、しかも力は衰えていないという燃える展開。過去には消せない黒い歴史と現在のやさしさとのコントラストも素敵だ。そして勝負としても一応拳王様に勝った事になっており、大金星も得た。それに、将の正体を明かすという超大事な視聴率急上昇シーンでも、映っていたのもこのオッサンの顔であった。しかも最後はケンシロウにも匹敵する哀しき瞳という最強の武器まで手に入れてしまった。脇役としてはレイをも超えるこれ以上ないほどのおいしいポジションである。
 だが、視聴者の脳裏に一番残っている彼の活躍シーン(?)は、あのヒルカの罠にかかっている場面を挙げる人が多い。この間も「フドウの最後のシーンは感動したな〜」と、この場面の事を語られた。最後じゃねえよ!死んでねえよ!ストーリー上ではあのラオウ戦のほうが遥かに重要であるはずなのに、どうも印象が薄いようだ。体がデカイだのといった特徴は判るものの、彼の行動を思い出せないと言う浅いファンは多い。
 原因はある程度わかる。正直彼はかっこいいわけでもなく、好きなキャラクターとしてさほど名前が挙がるほどでもない。北斗一人間味ある気さくな三枚目キャラとして人気を博してはいるが、黄色い声援が飛ぶようなキャラではないのだ。強さも申し分ないのだが、ジュウザほど拳王様を苦しめた印象もない。結局、オトコマエなルックスと、スマートな拳をもつ方々のほうがスポットを浴びるわけですよ。それは北斗の拳においてもかわらないわけですよ。
 しかし彼の死亡シーンは、ユリア永遠にをBGMにしての名場面回想という、他のメインキャラをも超える豪華な演出であった。アニメスタッフはちゃんと彼の苦労を理解し、これほど感動的名最後を与えてくれたのだろう。よかったね。そういうのも含め、いろいろな意味で幸せなキャラであったと私は思います。
 幸せといえば、フドウが南斗五車星になれたのも相当な幸せであるといえる。彼は南斗の里の宝物庫を狙って押しかけた賊である。そんな男が、命の大切さを知ったとかいうよくわからん理由だけで罪をすべて免除されたどころか、将を守るという、実力以上に信頼が必要となる役職に就いたというのは、究極のサプライズ人事である。いったい何をトチ狂ったのだ南斗宗家よ、としか言えない。おそらくそこには深刻な戦力不足があったのだろう。戦力の軸として考えられていたジュウザが、無頼に走ってしまったのがそもそもの計算ミスであったのかもしれない。ぶっちゃけた話、ジュウザ、フドウ抜きの最後の将の軍など、KING軍、聖帝軍に大きく劣る。UD軍より弱いかもしれない。なんとかして戦力の強化を図らねばならぬと考えた末、決まったのが、本来なら賊として処刑されるべきであったフドウだった・・・みたいな事があったのかも。