•   管理人:愛参謀
  •   開設日:1999/4/30
  •   1280*768以上推奨
アクセスカウンター
  カラコン通販送料無料

北斗西斗 -北斗の拳を異常に研究するサイト-

よしもとアーキグラム
2017年11月8日(水)

よしもとクリエイティブ・エージェンシー様より、現在企画進行中の
「よしもとアーキグラム」なる企画をホクサイで紹介してもらえないかとのメールを頂き、内容的にもうちのサイトの趣旨に沿ったものでしたので、喜んでお引き受けいたしました。

あ、もちろんリベート等は頂いておりませんので・・・






「よしもとアーキグラム」は、京都の伝統工芸の若き職人や伝統を守る人たちと、ゆかりのある漫画やアート、よしもと芸人たちという現代のコンテンツがコラボし、新しいモノやカルチャーを生み出していくプロジェクトだそうです。


この企画はクラウドファンディングで計画されており、今年の12月31日 (日)までに、600,000円以上集まった場合に成立となるとのこと。

・・・なのですが、どうやら現時点で目標金額には到達してるみたいですね。
まあ希望者が多いにこしたことはないと思うので、興味お有りの方は一口乗ってみるのもまた一興ではないでしょうか。登録はツイッター等との連携アプリですぐできますので至極簡単です。





今回、北斗の拳とコラボされるのは、 京扇子の職人さんだそうです。
今のところ3種類の扇子が発売される予定とのこと。



- 商品No.1 -
【北斗の拳コラボ京扇子(モノクロ)】



京都府の地域ブランドである京扇子。
扇面、扇骨、仕上げ加工すべてを京都・滋賀を中心とした国内で生産した京都ならではの技法の扇子です。
扇子が出来上がるまでには骨作りから地紙作り、絵付け、組み立てなど、約88の行程があり、熟練を要するために、それぞれが分業となり、職人さんが腕をふるっています。
1200年の歴史を持ち、文化や美意識を取り入れてきた京扇子と、北斗の拳のケンシロウの渾身のコラボです。

*価格 2,800円(税込 送料無料)
*サイズ 23cm X 41cm
*モノクロ(白黒)のプリントとなります。


「京扇子とケンシロウの渾身のコラボ」とのことですが、見ての通りレイです。


うーむ、コマのチョイスはともかくフォトショが雑すぎる気が・・・
まああくまでイメージ画なので、本チャンは流石にもうちょい綺麗に加工されるとは思います。

しかしこれどこで使うんだろう。広げても相手に喧嘩売ってるようにしか思えないんだが、大丈夫なんですかね。


ていうか宣伝してほしいって言われてるのにこんなディスっていいのか儂。




- 商品No.2 -
【北斗の拳コラボ京扇子(フルカラー)】



原哲夫氏の鮮やかな色彩そのままに扇子になったフルカラーバージョンです。
マンガの世界観が鮮やかに蘇るレアな逸品!

京都府の地域ブランドである京扇子。
扇面、扇骨、仕上げ加工すべてを京都・滋賀を中心とした国内で生産した京都ならではの技法の扇子です。
扇子が出来上がるまでには骨作りから地紙作り、絵付け、組み立てなど、約88の行程があり、熟練を要するために、それぞれが分業となり、職人さんが腕をふるっています。
1200年の歴史を持ち、文化や美意識を取り入れてきた京扇子と、北斗の拳のケンシロウの渾身のコラボです。

*価格 3,500円(税込 送料無料)
*サイズ 23cm X 41cm


3つの中では一番スタンダードなタイプですね。
ケンシロウの右腕が扇の弧の形に上手いこと添っていて収まりが良い。
申し込み数を見てもこれがダントツの一番人気のようです。

これ、扇に使われる紙の素材によって結構印象変わりそうですね。
色の乗り難い素材の方が逆に趣が出そうな気がします。

どうでもいいけど「扇」と「奥義」をかけるという発想は無かったのかしら。





- 商品No.3 -
【北斗の拳コラボ京扇子 豪華版】



鹿革に、京鹿の子絞(きょうかのこしぼり)を施して、そこにケンシロウの胸の北斗七星をゴールドで、シルクスクリーンで刷った贅沢な逸品です。
柔らかい国産鹿革を薄く漉き、扇面と扇子をしまう扇子袋に使用しました。
染色は、伝統工芸士「重野泰正」氏による絞り染です。
着物の染色法を鹿革に応用した絞り染は、深く美しい色合いが特徴で、ひとつひとつ違う模様が楽しめます。

*価格 33,000円(税込 送料無料)
*サイズ 23cm X 42cm
*鹿革 
*京鹿の子絞(伝統工芸士 重野泰正氏作)
*鹿革京鹿の子絞(伝統工芸士 重野泰正氏作)の扇子袋付
*桐箱付(焼桐仕様)


あっ!これいい!これいいね!

パッと見でケンシロウのハダカだと解らないところがお洒落じゃないですか。
ネガ&ナナメにするとこんなにいい感じになるんですね。

でも・・・高ぇ!流石に3万オーバー高ぇ!!
貧民が戯れで出せる価格じゃない・・・

現在の各申し込み数を見ても、やはりこれだけ極端に少ないですね。
全部同じ価格なら間違いなくこれを買ってるんだけども・・・
無理に小鹿さんの皮を剥がなくてもよいのでは?





というわけで、とりあえず北斗関連の作品だけ御紹介させていただきました。
その他の作品に関してはサイトの方で御覧ください。

あ、あとこのような動画もありましたので一応・・・





わ、私が出来るのはここまで・・・ガク


記事にコメントする


北斗の拳大解剖 改訂版
2017年11月1日(水)

約3年前にレビューしました、「北斗の拳 大解剖」





その改訂版とやらが発刊されてましたので、早速購入してみました。




「改訂」などと銘打っているということは、以前の記事で私がツッコんだ箇所なんかは、ちゃーんと修正されていることでしょう。でもレビューを書いた張本人として、一応確認はしておかねばなるまい。大丈夫・・・ですよね?




本の内容的には、8割方前回まま。
ところどころカラーを変えるとか、掲載順を調整する等して新調感を出してはいるものの、文章はほぼ全くといっていいほど変化は無い。
数ページだけコーナーが追加されていたり、それによってまた新たなミスが生まれたりしているので、そのあたりだけピックアップしようかな。


●カラーイラスト

3枚だけ追加されていました



●北斗神拳奥義経絡秘孔位図

ユダ様をモデルにしての秘孔位置紹介。
前回私が指摘した「下突」は「下扶突」にちゃんと修正。
秘孔紹介なのに何故か紛れ込んでいた「北斗断骨筋」は「北斗断骨筋の秘孔」(そこまでしてまで入れる必要ある?)と変更されていました。

しかし「明」「解門天聴」の誤記はそのままでした。

はい改訂失敗!!



●【新】世紀末を代表する拳法&奥義

新たに追加されたコーナーの一つ。
北斗神拳以外の拳法・奥義の紹介。

定番の「南斗鷲拳」「擾光掌」「暗琉天」といった漢字間違いはあったものの、特に大きな表記ミスは見受けられなかった。ん?内容?別に・・・普通。

一番気になったのはジュウザの拳の紹介に「雲の拳」と「我流拳」があったことかな。なんで分けたんや。一緒やろ。だいたい「雲の拳」って、便宜上うちのサイトではそういう呼称も使ってるけど、作中には出てこへんやんけ。実際に雲の拳て呼んでいいのは呼雲流栄拳くらいでしょ。

うちのサイトといえば・・・この本のシュレンの拳の紹介で「突然の発火は敵を怯ませる。また傷口から体内を燃やせるため、傷を負わせただけで相手の命を奪える」と解説されてるんですが、これホクサイでの五車炎情拳の解説とえらく似てますねえ・・・・うーん、偶然かな?

その後の泰山流、華山流の紹介文も似てるし、シャチが使った技の名を「幻闇壊に似た奥義」という呼称にしてるのも一緒だし、他では「牙族長」呼びなのがここだけうちと同じ「牙大王」になってますねぇ・・・

偶然・・・ですよねぇ? まさかネットから拾ったりしてませんよねぇ?



●【新】激戦!最強vs最強の戦い

ケンシロウの名勝負5選(サウザー、トキ、ファルコ、ヒョウ、カイオウ)紹介。

「破天の構え」とかいうちょっとキツめの誤記や、「北斗琉拳第二の羅将」とかいう微妙におかしい呼び方がちらほら。
内容?普通・・・。この本、全部フツーやで。



●【新】ラオウ最強伝説

ラオウ様が最強となるための礎となった6人の男の敗北っぷり紹介。
(リュウケン、レイ、トキ、ジュウザ、フドウ、コウリュウ)

新たなミスも色々あるけどここの活孔が一番笑ったわ。
あながち間違ってないような気もするけど。



●世紀末極悪人図鑑

前回はヒルカが



拳王先遣隊の人になってましたが今回は・・・






無事修正されていました(当然)
よかった・・・



・・・と思ったのだが、前回は画像だけに目がいって気づかなかったのか、紹介文になんか変なことが書いてありますね。

「オカマ言葉が玉にきず!」

オカマ言葉・・・?そんなのヒルカ使ってたか?

と思って読み直してみたところ、どうやら
「一瞬にして串ざしよ!」とか「とどめは死の抱擁よ!」といったような台詞を「串ざしよ!↑」というイントネーションと解釈したのだろうという結論に至った。

ええ・・・・



●人物相関図

前回、シャチの流派が謎の「南斗琉拳」と表記されてましたが、直ってました。
流石に致命的なミスは修正してあるみたいね。

しかしこの相関図、改めて見ると、リュウケンとかがいないのにサヴァの三馬鹿は入ってるって絶対チョイスおかしいよね。



●【新】悪党どもの死に様ヤラれ様

派手に死んでいった奴等の死に様を紹介する新コーナー。

一人目のジード「北斗百裂拳によって抹殺!」

おお、合ってるぞ。「烈」になってない。

その後もミスなく紹介は続き・・・

いよいよ最後のボルゲの紹介!パーフェクトなるか!

「北斗百拳(?)で頭部を無残に破壊!」


なんでじゃあああ!!!



●北斗の拳 外伝紹介

前回、「金翼のガルダ」の作者紹介が、天の覇王の長田先生の名前にすげ変わっているという一番やっちゃいけないミスをやらかしてましたが、無事修正されていました。よかったですね山口先生。






以上で校正作業は終了となります。
うーむ・・・やっぱり内容的にもミスの面白さ的にもイマイチだなこの本。
レビュー殺しだわ。


でもまあ、書籍としては結構いい出来ですよ。
全篇カラーで見やすいし読みやすい。それほど素っ頓狂な事も書いてないし、各コーナーも上手く要点をまとめて書いてある。一方でストーリーはそれほどしっかり紹介されていないので、北斗の拳をほぼ知らない層の人達もネタバレを心配せず読むことが出来る。北斗の拳に触れてもらうためには良いとっかかりになる本と言えるんじゃないですかね。

ただ全然踏み込んだ内容ではないので、ある程度作品を読み込んだ人たちには物足りない内容なんですよね。まあそれは層を絞った結果なので仕方の無いことだとは思うのだが、それなら「大解剖」なんて仰々しいタイトルにはして欲しくなかったですね。全然解いてないし剖いてないんだから。


記事にコメントする

蒼天の拳リジェネシス 第1話(2)
2017年10月27日(金)


蒼天の拳リジェネシス 第一話感想の続きです。



攫われたエリカを助けるため、オランダ軍の戦艦に落下傘で降りてきた拳志郎。

超久々の拳さんとの再会の余韻に浸る間もなく、続けざまにもう一人の男が上空から舞い降りてきた。







ヤサカだぁ!!

ヤサカさんだぁ!!

お久しぶり!!!



もうヤーマのお墓に勾玉は届けたのか!?







ちょっと、おいまさか・・・この展開は・・・
拳志郎とヤサカが共闘するのか!?
色々あった二人が、今やこんなバディ関係になっていようとは・・・

と思いきや、到着早々喧嘩を始める拳志郎とヤサカ。エリカが心配でジッとしていられなかったんだろうと図星を突かれたヤサカは、その恥ずかしさを誤魔化すためにドシリアスに拳志郎と睨み合う。


いや・・・あんた拳さんにコテンパンに負けたでしょ。
もう完全に格付け済んでるでしょ。
宗武に



って言われるくらいに戦力差あったじゃないすか。

なのによくそんな五分五分感出せたな。


・・・・いや待て、この1年でヤサカだって強くなっているのかもしれない。ヤーマの墓に行った時に何かすんごいパワーもらったのかもしれん。そういやあそこには西斗月拳の伝承者と高弟12人の霊が祀られていた筈。スリラーパークのルフィやエアマスターの渺茫みたいに身体に霊をパンパンに詰め込んで強くなった可能性も捨てきれない。



一方、連続で飛び蹴りを喰らわされた上に、自らを無視して喧嘩を始められたボー将校はブチ切れ。だがそこは阿蘭陀紳士のたしなみ。怒りを抑えながら、おもむろに懐から手帳を取りだし、二人の素性を確認する。




 手帳小さっ!! 情報少なっ!!

上海を震撼させた閻王の情報がA6サイズ1ページに収まるわけないだろ!プロ野球名鑑やないねんから!ていうかボーさんオランダ人なのに漢字読めるんですかね。

どうでもいいけど「北斗」と「西斗」を並べて記述されると、なんだかうちのサイトを宣伝して頂いてるみたいですね。あざっす。




ここに至ってようやく事態の重大さに気づき、今更ながら二人を取り囲んで銃を構える優秀(笑)なオランダ海軍達。しかし長年上海ヤクザを相手に立ち回ってきた拳さんにそんなものが通用するはずは無い。きっとまたガラス片でピピピッとやったり、雷暴神脚で包囲網から脱出するなりして華麗にこの危機を・・・

と思いきやヤサカのコートの内側に大量の手榴弾を仕込むというジャッカル式防衛術で銃を封殺するのだった。

ま、まあ相手が戦艦だからね・・・これくらいの準備は要るよね・・・



「ドッカーン!!」という大声で兵士達をビビらせ、その一瞬の隙をついて兵士全員に秘孔 新胆中を突いて動きを封じる拳さん。そう、マミヤの村でトキがケンシロウを金縛りにしたあの秘孔です。敵1グループに突いてるから、FCのRPG的に言うと新胆波ですね。

そんな木人形と化した役立たずの部下達に対し、鋼鉄の蛇腹鞭を一閃するボー。次の瞬間、周囲に居た数十人の部下達は、映画ゴーストシップの冒頭シーンばりに肉体を切断され、甲板に肉片を撒き散らした。その圧倒的な殺傷力の前に、流石の拳志郎とヤサカも表情も強張らせる。


しかし、その程度で拳志郎が怯むはずは無かった。


「エリカは朋友から託された・・・俺の大事な娘だ」


飛燕から託されし「娘」を泣かせた罪・・・・
その代償を、ボーの身をもって償わせようとする拳志郎。


やばい・・・泣ける・


ところで飛燕と言えば・・・ちょっと気になってるんですが、
今回なんかヤサカの喋り方が変じゃないですか?


語尾をやけに「なぁ〜〜〜〜」と伸ばしてみたり、「だぜぇ」とか「やるずぇ」て感じにキレが悪かったり・・・君そんな喋り方だったっけ?

もしかして飛燕の訛り口調を真似てるのか?
ヤサカもヤサカで、彼なりのやり方で飛燕の意思を継ごうとしているのだろうか・・・。完全に方法間違ってるような気もしますけど。




ボー将校の高速鞭ラッシュを難なく躱し、「スローすぎて眠っちまいそう」というどこかで聞いた事のある台詞で煽る拳志郎。そして次の瞬間、ボボオンという音と共にボーの両掌に大きな風穴が開いた。最初の攻防で、既に拳志郎はボーの秘孔を突いていたのである。

もはや勝負は決した。
戦意を失ったボーの身体に向け、拳志郎の裂帛の連続拳が炸裂する。






北斗鋼筋破断拳!!



新技キター!!


全身の筋肉を「退化」させる奥義・・・北斗鋼筋破断拳。
効果や名称からして、北斗鋼筋分断脚の上位技といったところかしら。

「退化」というのがイマイチ良くわからないが、ボーの筋肉がみるみるうちにしぼんでしまった点を見るに、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の症状を早回しで起こすような感じなのかもしれない。アイスバケツチャレンジで注目された難病ですね。

でも、うーん・・・技としてはいいんだけど、名前がイマイチな気が。
筋肉を「縮ませる」技なのに「"破断"拳」てネーミング的にどうなの?
なんかモヤモヤするっす。



全身の筋肉をしおしおのぱーにされ、さらに天高く打ち上げられたボーは、そのまま強烈に甲板へと打ちつけられて気絶。

次に目覚めたとき、彼がいたのは、巨大主砲の砲口の中であった。

砲弾を撃てばその身体は木っ端微塵。同時にその一発が彼の弔砲にもなるという超お得なバリュー方式の処刑に晒されるボー。そんな被南斗人間砲弾状態となったボーに対し、拳志郎のドSな尋問が始まる。

え?命門や上顎や解唖門天聴を使えばいいじゃないかって?

そんなんつまんないじゃん。
全部秘孔で解決してたらアルナイのくだりも生まれなかったんだよ?




オランダ軍の狙いは、やはり希望の目録であった。

希望の目録・・・それはヒトラーが血眼になって探している、ユダヤ人達が隠した2万点にも及ぶ美術品の在処を示す、エリカの記憶にのみ現存する文書・・・

だがその目録には、拳志郎達も知らない「本当の価値」があるのだという。

それを探しだすため、ボーらに命令を下していた彼らの「王」・・・。

それは、高貴なる血を引く一族の者であり

そしてエリカもまたその血を引いているのだった。






エリカが・・・実は特別な血族・・・?

デジャヴ!!

なんかすごいデジャヴ!!

ボクこういう話、どっかで聞いたことある!




弔砲処刑の脅迫に負け、観念したボーが「王」の名を口にしようとしたその時、突如その体が激しく痙攣を始めた。やがて力を失い、ぐったりと頭を垂れるボーであったが、次の瞬間、その身体にボーではない"何者か"が憑依し、語りだした。


「愚民ども………これ以上我に近づくべからず……
 さもなくば……大いなる罰が下されん」



そう言い終ると、まるでその役目を終えたかのように、ボーはその立派な鼻をパンパンに膨らませながら顔面を爆発四散させて死亡したのだった。


ボーを死に至らしめたそれは、紛れも無く北斗の術・・・。おそらく特定のキーワード、今回の場合はその「王」の名前を口にしようとしたことで効果が発動するという秘孔を突かれていたのだろう。


うん・・・ていうか、また北斗が相手なのかい?

北斗神拳に流派は無いとは一体なんだったのか。
シュケンが心を血に染めて行った惨殺劇は一体何だったのか。
一子相伝?門外不出?どこがやねん。ガバガバやないか。




名前こそ聞くことはできなかったものの、ボーは死ぬ前にその「王」の居場所を口にしていた。

それは東インド・・・つまりはインドネシア

オランダ領であるその国に行くことは、敵のアジトにつっこむも同然。
だがもはや拳志郎の腹は決まっていた。

名物ナシゴレンを食うため・・・
エリカと同じ血を引くという者達を探すため・・・
希望の目録に隠された本当の価値を知るため・・・
そして、突如現われた「北斗の拳」の正体を確かめるため・・・

北斗の血の導きのままに、拳志郎とヤサカはインドネシアへと舵を取るのだった。




というわけで第一話はここまで。
早くも続きが気になって仕方がありませんが、とりあえずナシゴレン食べたくなったのでベビーフェイス行って来ます。



【総括】


予告の一枚絵を原先生御本人の画と見紛えた時から、これは良い作品になるとは確信してましたが、その想定以上の面白さでした。

まずやっぱりその絵の上手さに全力で拍手させてほしい。扉絵はともかく、漫画になると流石にクオリティ落ちるのでは?などという一抹の不安を全て吹き飛ばしてくれました。読んでるうちに、これが原先生の絵じゃないんだって事を脳が失念してしまうレベルですもん。絵だけじゃなくてちゃんとコマ割りとか作風もしっかり完コピできてるからなんでしょうね。いやほんと、本気で凄いですよ。アシスタント飛び越えてゴーストライター説が出てくるレベルですよ。
一つだけケチつけさせてもらうなら、あまりに忠実すぎて、エリカの体型がラストピースのリンばりのヒョロガリになってしまってるのは要らなかったかな、と。なんで最近こういうタッチにならはったんやろか。

ストーリーの方もこれ、相当期待しちゃっていいんじゃないでしょうか。第一部はホームタウンである上海を舞台にしたストーリーであり、かなり無茶苦茶していたとはいえ、一応は文明社会であるため、敵組織との戦闘も暗殺の応酬のようなシブい内容のものが多かった。それに対して今回は中国を飛び出してオランダ軍との正面きっての殴り合い。どちらかというと北斗の拳に近い、大軍団を相手にした大立ち回りのような戦闘も期待出来るわけです。シブいのもそれはそれでいいんですけど、拳志郎にもっと派手に闘える舞台を与えたらどうなるのか、メチャクチャ興味あるんですよね。折角新しいストーリー始まったのなら、第一部とはまた違う拳さんの活躍ぶりを見てみたいじゃないすか。

唯一気になるのは、今の所ちょっと既存の北斗、蒼天からのオマージュと思われるシーンが多いところかしら。別に駄目とは思いませんけど、連続すると流石にちょっと、新鮮味も欠けてきちゃいそうな気が。まあそのへんはね、繊細な部分ですからね。少しオリジナルの尺度を間違えたら「拳志郎はそんな事しねーよ」みたいな意見がワッサー浴びせられちゃうご時世ですから・・・人の事は言えませんけど。つーか拳さんなんてもう蒼龍天羅やっちゃった時点でほぼ何でもありなんだから、好き勝手に描いちゃっていいと思います。やったれやったれ。




今号には、リジェネシス連載開始に対しての原先生のインタビューも掲載されていました。

先生によると、計画としてはリジェネシスよりも新作アニメのほうが先であり、アニメに合わせる形で新連載の話が持ち上がったのだそうな。また、先生はもともと拳志郎を死なせる予定であり、前の連載ではそれが出来なかったが故に、自身の中ではまだ蒼天の拳は完結していなかったらしい。そして今回はその念願(?)である拳志郎の死を軸に、そこから逆算して物語を構築しているとのこと。
つまり、もはや拳志郎の死は回避不可能ということなんですね・・・
それはそれで淋しいですね、やっぱり。



あと、11月26日より「マンガほっと」で連載開始する
「北斗の拳 拳王軍ザコ伝説(仮)」の第一話が少しだけ掲載されていました。
名も無き一般市民が、嘘求人に騙されて拳王軍に入ってしまうというギャグストーリーのようです。

もう北斗のギャグとかオナカ一杯だよ〜と思っていたのですが、冒頭からザク様が登場し、しかも進行役のようなポジションを与えられていたので、掌返して応援していくことにしました。

しかしこんな描きこみ量多いキャラを準メインにしちゃって大丈夫なのかしら。






あと、拳王軍がフドウの村に押しかけた際にいた、額に拳王軍マークを彫るという、ひときわ拳王軍愛に溢れたモヒカン兵の名前が「バーズ」であることが明らかになりました。

口が臭いらしいです。



またデータベースが潤ってしまうのか・・・。


記事にコメントする
- 過去の記事 -



オススメ商品


レイの謎肉 醤油味
300g×4本




北斗×西武ライオンズ
黒夜叉コラボぬいぐるみ





愛羅承こんにゃく
(血痕付)250g





シマム SUPER EUROBEAT
-死刑判決-





北斗×寄生獣コラボ
ユダミギーストラップ





どうしてこうなった

アルフレッド/ハート著




流しそうめん器
「ラオウ襲来」



【過去のおすすめ商品】


アンチエイジング