いんちき釣師の奮戦記番外編・北海道 道の駅スタンプラリーの旅
道の駅とは?

 長距離ドライブが増え、女性や高齢者のドライバーが増加するなかで、道路交通の円滑な「ながれ」を支えるため、一般道路にも安心して自由に立ち寄れ、利用できる快適な休憩のための「たまり」空間が求められています。
  また、人々の価値観の多様化により、個性的でおもしろい空間が望まれており、これら休憩施設では、沿道地域の文化、歴史、名所、特産物などの情報を活用し多様で個性豊かなサービスを提供することかできます。
 さらに、これらの休憩施設が個性豊かなにぎわいのある空間となることにより、地域の核が形成され、活力ある地域づくりや道を介した地域連携が促進されるなどの効果も期待されます。
 こうしたことを背景として、道路利用者のための「休憩機能」、道路利用者や地域の方々のための「情報発信機能」、そして「道の駅」をきっかけに町と町とが手を結び活力ある地域づくりを共に行うための「地域の連携機能」、の3つの機能を併せ持つ休憩施設「道の駅」が誕生しました。

■施設位置
・休憩施設としての利用のしやすさ、「道の駅」相互の機能分担の観点から、適切な位置に設置

■提供サービス
・駐車場、トイレ、電話は24時間利用可能
・案内人がいて、親切に情報を提供

■施設構成
・休憩目的の利用者が無料で利用できる十分な容量の駐車場
・清潔なトイレ
・道路や地域の情報を提供する施設
・様々なサービス施設

■地域側施設の設置者
・市町村または市町村に代わり得る公的な団体

■配慮事項
・年少者、高齢者、障害者等、様々な人の使いやすさに配慮
・景観に十分配慮し、地域の優れた景観を損なうことのない施設計画

【トップへ戻る】