★☆★☆★☆パソコン豆知識★☆★☆★☆
中古パソコンショップ【北加伊堂】

 ショートカットキーの活用

文書などを作成中にわざわざ右手をマウスに持っていかずにキー操作だけでマウス
の操作ができる便利な機能です。

※[Ctrl]キーを使った主な機能

[Ctrl]+[S]:[上書き保存] [Ctrl]+[P]:[印刷] [Ctrl]+[X]:[切り取り] [Ctrl]+[C]:[コピー]
[Ctrl]+[V]:[貼り付け] [Ctrl]+[Z]:[元に戻す] [Ctrl]+[Y]:[繰り返し] [Ctrl]+[A]:[すべて選択]
 この他にもありますのでメニューバーの[ファイル][編集]をクリックして[プルダウンメニュー]
から確認してみてください。

※[Alt]キーを使った主な機能

[Word]を例にするとメニューバーに
ファイル(F) 編集(E) 表示(V) 挿入(I) 書式(O) ツール(T) 罫線(A)……
と並んでいますね。

1.[Alt]キーを押して[F]キーを押せばファイル(F)のプルダウンメニューが
[Alt]キーを押して[E]キーを押せば編集(E)のプルダウンメニューが表示されます。

2.次に例えばファイル(F)のプルダウンメニューが表示されている状態で
[S]キーを押すと上書き保存(S)が、
[P] キーを押すと印刷(P)が実行されます。

このように、括弧内のアルファベットは、[Alt]キーを押してそのキーを押せば該当する操作を実行できます。

3.尚、ファイル(F)を表示した状態で方向キーの[→]で編集(E)に移動できますし、
 プルダウンメニュー内の上下の移動も方向キーの[↑][↓]で移動できます。

 また、副次的に表示されるメニューで括弧内のアルファベットが無いものも方向
キーで移動して[Enter]キーで選択できます。

4.[Alt]+[F4]:「ソフトの終了」([Alt]→[F]→[X]と同じ)
  [Alt]+[Tab]:「タスクバーにあるソフトの切り替え」

※[Outlook Express]で使う主なショートカットキー

[F1]:ヘルプを表示 [Ctrl]+[A]:すべて選択 [Ctrl]+[P]:選択したメールを印刷
[Ctrl]+[M]:メ−ルの送受信 [Ctrl]+[N]:メッセージの作成
[Ctrl]+[R]:送信者に返信 [↓]([↑]):一覧の次の(前の)メールに移動
[Shift]+[↓]:次のメールも併せて選択 [Ctrl]+[I]:受信トレイに移動
[Ctrl]+[U]:次の未開封のメールに移動 [Ctrl]+[Y]:フォルダに移動
[Ctrl]+[Shift]+[B]:アドレス帳を開く [Ctrl]+[Shift]+[S]:署名の挿入

ショートカットキーではありませんが便利な機能
あるメールを選択→[Shift]+該当メールをクリック:連続した範囲内のメールを選択
あるメールを選択→[Ctrl]+該当メールをクリック:離れたメールを併せて選択


 デスクトップのアイコンの整理

貴方のパソコン、デスクトップにいくつぐらいアイコンが並んでいますか?
長く使っているとデスクトップはアイコンだらけ…
目的のアイコンを探すのに大変…なんてことになっていませんか?
アイコンを整理して広いデスクトップを取り戻しましょう。

1.新しいフォルダ(アイコン)を作成してアイコンをしまう
デスクトップ上で右クリック→[新規作成]→[フォルダ]をクリック→[新しいフォルダ]という名前の
フォルダが出来る→フォルダの名前を入力確定させる→フォルダを右クリック→[プロパティ]を
クリック→([カスタマイズ]タブをクリック)→[アイコンの変更]をクリック→好きなアイコンをクリック
→OK、適用をクリックすれば図柄が変更できる。→このアイコンにドラッグ・アンド・ドロップして移動する
●アイコンの名前・整理例
「使用していないソフト」
パソコンを購入した当初からあるアイコンで一度も使ったことのないソフト
「便利なソフト」
地図検索ソフト、名刺作成ソフト、はがき作成ソフト等あまり使わないが便利なソフト

2.クイック起動バー(タスクバーの左に用意されたアイコンを収める場所:スタートボタンのすぐ
右側)にいれる
ショートカットアイコンを[クイック起動バー]にドラッグ・アンド・ドロップするだけで簡単に入れられる。
このときドラッグしているポインターをバーにあるアイコンの間に合わせて、縦の線が表示される場所で離す。
クイック起動バーにアイコンを追加すると元からあったアイコンが隠れてしまう場合があるが、この時は
クイック起動バーとタスクバーの境目をポイントし、両端が矢印の形になったら右にドラッグする。
クイック起動バーにショートカットアイコンを入れてもデスクトップには元のアイコンが残るので削除しゴミ箱
からも削除しよう。
●利点
クイック起動バーのアイコンはシングルクリックで起動できる。
開いているほかのファイルを最小化せずに他のソフトが開ける。


 ショートカットアイコンの作成

作成方法は三つあります。自分の好きな方法を選択してください。
1.メニューバーの[ファイル]から作成
目的のファイル(フォルダ)を1回クリックして選択→メニューバーの[ファイル]から
[ショートカットの作成]を選びクリック→「○○へのショートカット」というアイコンが出来る
(このアイコンは移動後に右クリックで削除してもかまわない)
ので、これをドラッグ&ドロップでデスクトップに移動します。
2.右クリックで作成
目的のファイル(フォルダ)を右クリックするとメニューが表示されるので、
その中から[ショートカットの作成]をクリック→「○○へのショートカット」というアイコンが出来る
(このアイコンは移動後に右クリックで削除してもかまわない)
ので、これをドラッグ&ドロップでデスクトップに移動します。
3.右ボタンでドラッグ&ドロップして作成
目的のファイル(フォルダ)にマウスポインタを重ね、右ボタンを押してデスクトップに
ドラッグ&ドロップするとメニューが表示される。
その中から[ショートカットをここに作成]をクリックします。

『3』の方法がいちばん簡単ですね。
デスクトップに出来たアイコンの「○○へのショートカット」という名前はこのアイコンを右クリックして
[名前の変更]を選択、名前を入力すれば「○○」だけに出来る。
同様にして[プロパティ]をクリック[アイコンの変更]でいろいろなアイコンが表示されるので好きな
アイコンをクリック、OK、適用をクリックすれば図柄が変更できる。


 迷惑メールの対処

コンピュータウィルスが飛び回っていますが、
ウィルスが無くても迷惑メール(スパムメール)が横行しているようですね。
受け取らない決定的な手段はありませんが、
Outlook Express のメッセージルールを使うのも一つの手段かも?

【迷惑メール(送信者を禁止する)

【削除方法】
怪しいメールが届いたら、それを選択(青く反転した状態:添付ファイルは決して開かない)
→[メッセージ(M)]→[送信者を禁止する(S)]をクリックすればその送信者からのメールは
自動的に削除済みアイテムに入れられます。

【復活方法】
[ツール(T)]→[メッセージルール(R)]→[禁止された送信者の一覧(S)]をクリック
[メッセージルール]ダイヤログボックスの[禁止された送信者一覧]から解除したい
アドレスを選択→[解除(R)]→[OK]で復活できます。

削除済みアイテムは定期的に削除してください。(私は毎日削除しています。)
また、大手プロバイダでは、メール受信拒否のサービスをしているところもありますので
確認してみてください。

とにかくむやみにメールアドレスを教えない。迷惑メールには返信しないことも肝心です。

【迷惑メール(特定のメールアドレス)を受信する前に削除】

【操作手順】
1)該当のメールアドレス(送信者)をクリックして選択→[メッセージ]→[メッセージからルールを作成]をクリック
2)[ルールの条件を選択してください]→[送信者にユーザーが含まれている場合]にチェック
3)[ルールのアクションを選択してください]→[サーバーから削除する]にチェック
4)[ルール名]ボックスに任意の名前:例えば「このメールアドレスはサーバーから削除」と入力して、[OK]をクリック

【迷惑メール(件名に「未承諾広告※」とあるメール)を受信する前に削除】

【操作手順】
1)[ツール]→[メッセージルール]→[メール]
2)[メッセージルール]ダイヤログボックスの[メールルール]タブを選択
3)[新規作成]→[新規のメールルール]ダイヤログボックスを表示
4)[ルールの条件を選択してください]→[件名に指定した言葉が含まれる場合]にチェック
5)[ルールのアクションを選択してください]→[サーバーから削除する]にチェック
6)[ルールの説明]欄の青く反転している「指定した言葉が含まれる」をクリック
7)[単語の入力]ダイヤログボックスの上の欄に「未承諾広告※」と入力[追加]→[OK]閉じる
8)[ルール名]ボックスに任意の名前:例えば「未承諾広告はサーバーから削除」と入力して、[OK]をクリック

【迷惑メール(件名に「未承認広告※」とあるメール)をメッセージルールに追加】

※操作手順
1)[ツール]→[メッセージルール]→[メール]
2)[メッセージルール]ダイヤログボックスの[メールルール]タブを選択
3)「未承諾広告はサーバーから削除」を選択し青く反転させる(選択されている場合もある)
4)[仕訳ルールの説明]欄の下線をクリック
5)[単語の入力]ダイヤログボックスの上の欄に「未承認広告※」と入力[追加]→[OK]閉じる
6)[仕訳ルールの説明]欄に「未承認広告※」が追加されたのを確認→[OK]
これで違う件名で送られてきたメールを追加できます。(^_^;)
参考までに「未承諾広告×」「未承諾広告!※」等の件名でメールが来ました。


 メールの送信者名を変える

電子メールを受信すると送信者の名前がメールアドレスではなく、任意の名前に
なっているメールを受け取ったことがあると思います。

この方法は
[ツール(T)]→[アカウント(A)]→[インターネットアカウント]のダイヤログボックス
の[メール]タブを選択→変更したいアカウントを選択→[プロパティ]→[アカウント名
プロパティ]ダイヤログボックスの[全般]タブを選択→ユーザー情報の[名前]を変更
→[OK] これで設定完了です。


 メール本文の表示が崩れるのを防ぐ

電子メールを受信していると行末がそろっていない、文章の段落が崩れている等
読みにくい経験をしたことがあると思います。

これを直すには
1)行末をそろえる(等幅フォントにする)
[ツール(T)]→[オプション(O)]→[読み取り]タブ→[フォント(F)]表示された[フォント]
ダイヤログボックスの[プロポーショナルフォント(P)]と[固定ピッチフォント(F)]を→
[MSゴシック]を選択→[規定に設定(D)]→[OK]→[OK]

2)文書の段落の崩れを直す(1行の文字数を指定する)
[ツール(T)]→[オプション(O)]→[送信]タブ→メール送信の形式から[テキスト形式の
設定]をクリック表示された[テキスト形式の設定] ダイヤログボックスの
[送信時に自動的に文字を折り返す]の数値を指定する[OK]→[適用]→[OK]
注)数値は「70」位が良いでしょう(全角で35文字)…私見ですが


 受信メールの仕訳

数多くのメールを受信し、受信トレイを賑わすのは良いけど、その処理に困った事は
ありませんか?受信したメールをフォルダに振り分けると非常に処理が楽になります。

※操作手順
◎事前にフォルダを作る
1)[ファイル]→[フォルダ]→[新規作成]
2)[フォルダの作成]ダイヤログボックスが表示される
3)[フォルダ名]に名前を入力(例えば:友人・知人:会社:取引先等)
4)[フォルダを作成する場所を選択してください]→「ローカルフォルダ」をクリック→[OK]

◎受信したメールをフォルダに入れる
1)受信したメールをクリック(選択)
2)[メッセージ]→[メッセージからルールを作成]→[新規のメールルール]ダイヤログボックスが表示される
3)[ルールの条件を選択してください]→[送信者にユーザーが含まれている場合]をチェック
4)[ルールのアクションを選択してください]→[指定したフォルダに移動する]をチェック
5)[ルールの説明]欄の「メールアドレス」をクリック→[ユーザーの選択]ダイヤログボックスが表示される
  →名前又はキーワードを入力→[追加]→[OK]
6)[ルールの説明]欄の「指定したフォルダ」をクリック→[移動]ダイヤログボックスが表示される
7)[アイテムの移動先]欄の該当フォルダを選択→[OK]
8)[ルール名]ボックスに任意の名前を入力して、[OK]をクリック
9)[ルールは追加されました]→[OK]

◎受信メールからフォルダを作る
1)前項1)〜6)まで同じ
7)[移動]ダイヤログボックスの[アイテムの移動先]欄の「ローカルフォルダ」をクリック
  →[新規フォルダ]をクリック→[フォルダの作成]ダイヤログボックスが表示される
8)[フォルダ名]に名前を入力→[OK]→[OK]
9)[ルール名]ボックスに任意の名前を入力して、[OK]をクリック
10)[ルールは追加されました]→[OK]


 メールの文字サイズの変更

メッセージ作成時の規定のフォントサイズの変更は
※操作手順
1)[ツール(T)]→[オプション(O)]→[作成]タブ
2)表示されたダイヤログボックスの[作成時のフォント][メール]の[フォント設定(F)]ボタンをクリック
3)フォントサイズを選択して→OK→OK
これで、規定のフォントサイズを設定できます。


 メールの文字に色をつける(書式の設定)

受信したメールの文字に色がついているのを見たことがありますか?
今回はOutlook Expressで文字に色をつける方法です。
※操作手順
1)[メールの作成]→[書式]→[リッチテキスト(HTML)]にチェックする
2)件名の下に書式ツールバーが表示される
3)色をつけたい文字をドラッグ→[A(色)](その他の書式)を設定する
または
2)メニューバーの[書式]→[フォント]→[フォントダイヤログボックス]を表示
3)[色]その他の書式を設定する


 メールに画像を挿入

受信したメールに画像が入っているのを見たことがありますか?
今回はOutlook Expressで本文に画像を挿入する方法です。
※操作手順
1)メールの形式をHTML形式にします
  [ツール]→[オプション]→[送信]タブ→「メール送信の形式」の「HTML形式」を選択→
  「HTML形式の設定」から「メッセージに画像を添付する」にチェック→OK→適用→OK
2)メールの本文入力部の画像を挿入したい所にカーソルを移動
3)[挿入]→[画像]→[画像]のダイヤログボックスが表示される
4)「ファイル名」の[参照]ボタンをクリックして目的の画像を選択→[開く]→[OK]
5)(必要ならば4)の[OK]の前に[間隔]の欄に画像の大きさ(ピクセル値)横、縦に数値を入れる)


 パソコンのメンテナンス

起動方法:
タスクバーの[スタート]ボタン→[プログラム]→[アクセサリー]→[システムツール]→
[1.ディスククリーンアップ]
[2.デフラグ]
[3.スキャンディスク]
[4.システムの復元]

1.ディスククリーンアップ(ディスクの空き容量不足の解消)
上記起動方法の他に[マイコンピュータ]→[C又D]ドライブを右クリック→[プロパティ]
ダイアログボックスの[ツール]タブ→エラーチェックの状況の[チェックする]をクリック
削除しても影響の無いデータと容量が表示されるので、左側にチェックを入れて[OK]を
クリック→[増加するディスク領域の合計]分、空き領域を増やせる。

この他に使わないアプリのアンインストール(削除)する方法もあるが、[ごみ箱を空にする]
[不要なメールを削除する]ことは常に心掛けたい。

2.デフラグ(アプリの起動や処理スピードが遅い:断片化の解消)
上記起動方法の他に[マイコンピュータ]→[C又D]ドライブを右クリック→[プロパティ]
ダイアログボックスの[ツール]タブ→最適化の状況の[最適化する]をクリック→デフラグ
作業が開始されます。

3.スキャンディスク(ディスクの状態のチェックと修復)
上記起動方法[3.スキャンディスク]から[スキャンディスク]のウィンドウが表示される
→ [エラーをチェックするドライブ]を選択→[チェック方法]は[完全(T)]を選び[エラーを
自動的に修復(F)]チェックボックスをクリック→[開始]ボタン→作業が終了したら[閉じる]

4.Windows Me/XPのシステムの復元(正常動作時のシステムに復元)
上記起動方法[4.システムの復元]から[コンピュータを以前の状態に復元します]を選択
すると、カレンダー形式で過去の記録が表示されるので、正常に動作していた日を選び、
復元を実行する。
この機能を使うには、正常に動作しているうちに、
[マイコンピュータ]→[コントロールパネル]→[システム]→[パフォーマンス]のタブ→
[ファイルシステム(F)]→[トラブルシューティング]のタブ→[システムを復元しない(R)]
のチェックをはずしておく。
また、Meの復元機能には重大なバグがあるとのこと
下記、マイクロソフトのサイトで修正パッチを導入しておく事も大切(私はまだですが)
 http://www.microsoft.com/japan/
同サイト右上の「検索」「サポート技術情報」で「Windows Me」と「システムの復元」を
キーワードに検索すれば、ダウンロードページが見つかる。


 マウスのカスタマイズ

クリックのスピード、マウスポインタのデザイン、速度等を変更できます。

[マイコンピュータ]→[コントロールパネル]→[マウス]→[マウスのプロパティ]の
ダイアログボックスを表示する

1.ダブルクリックのスピードの変更
[マウスのプロパティ]のダイアログボックスの[ボタン]タブ→[ダブルクリックの速度(D)]
のつまみで速度を調整→右側の箱をダブルクリックして人形が現れればOK(もう一度
ダブルクリックすれば人形は隠れます)→[適用]→[OK]
・ボタンの選択(B):右利き用、左利き用にチェック
・クリックロック(C):必要ならばチェック

2.マウスポインタのデザインの変更
[マウスのプロパティ]のダイアログボックスの[ポインタ]タブ→[ユーザー設定(C)]と
[配色(S)]デザインを選択(右側のボックスに選択したデザインが表示される)
→[適用]→[OK]

3.マウスポインタの速度等の変更
[マウスのプロパティ]のダイアログボックスの[ポインタオプション]タブ→ポインタの
速度(S)のつまみで速度を調整→[適用]→[OK]
・動作(N)・表示(V):必要ならばチェック

4.埃とネジに要注意
マウスポインタを移動さすのに、ガラガラ音がして、右下隅に移動しない。
それで、マウスの裏側の蓋を外し、ボールを取り出して掃除をしましたら多少は良くなりましたが、
それでも音がしてスムーズには動きません。
最後の手段!!(説明書では禁じられていました)
ネジを外し中を開けてみました。埃が回転している軸にいっぱい。
埃を取り、きつくネジを締めたら解決。
実行するかどうかの判断は慎重に…自己責任にて。


北加伊堂は中古品・新古品販売のお店です。
原則として債務整理関連の品物を取り扱っております。
その品物を、中間業者等を介さない弊社独自のルートで仕入れ、
またインターネットを利用することで、
無店舗販売による低コスト化を実現しました。
当店ではパソコンを
大変お求め安い価格にて皆様にご提供いたしております。

是非一度お立ち寄りください。
必ずいいものが見付かります。

こちらからお入りください
【入口】

お時間のございます方はこちらもよろしくお願いします

中古品販売
の激安店
北加伊堂

北の美味いを
お届けする
【北加伊堂】


北海道
いんちき釣師

奮戦記

いんちき釣師の
奮戦記
【北海道・道の駅】
スタンプラリーの旅

にゃんちゅうは
おりこうさん

家にアメリカン
コッカースパニ
エルとヨーク
シャーテリア
中古品販売の激安店【北加伊堂】
〒060-0006
北海道札幌市中央区北6条西22丁目2番3号707
TEL:0120-171-291

URL:http://www.tkt-net.com/
MAIL:webmaster@tkt-net.com