■いんちき釣師の奮戦記番外編【北海道・道の駅スタンプラリーの旅】
ルート229元和台

 日本海に突き出た小高い丘に位置し夕日が大変きれい。隣接する海のジャンボプール・元和台海浜公園は安全でリゾート感覚の海水浴が楽しめる。
・国道229号
・ルート229元和台
・爾志郡乙部町字元和169番地
・(01396)-2-3009
・1/1〜1/3
・8:00〜18:00(6〜9月)
・8:30〜17:00(10〜5月)
No:000347
建物内物産コーナー
スルメ関係オススメ!
『潮笛』
寛政7年(1795)この地の
漁師重兵衛・孫太郎・
安次郎が小舟でコンブ漁に
出漁中、強風に会いダッタン
(中国吉林省)に漂流、
北京をへて2年後、長崎出島より
苦難の末帰郷した。
この力を讃え、岬に打つ波涛と
潮風にこめ作品とした。

建物裏手にある
モニュメント
その波涛
おみやげ@
「のしするめ」
おみやげA
「ソフトかわはぎ」
おみやげB
「ゆりもなか」
・2006年3月24日
・おばちゃん代わってたけど、同じく愛想がいい。 物凄く風の強い日で、建物が飛ばされないか心配だった。

・2005年3月25日
・相変わらず道の駅中最高に愛想の良いおばちゃんが居る。お土産のスルメの美味かった。建物自体はやや小さめで、ほぼ物産コーナーで一杯。

・2003年11月15日
・道の駅には珍しい愛想の良いおばちゃんが居る。お土産のスルメも美味しい。「また寄ってね」と帰り際に声を掛けてくれるのはココぐらいかも・・・?
・訪れたのがシーズンオフなのでやや寂しい感じ。けど売店のおばちゃんの愛想でちょっと心温か。