追分流れる歴史とロマンの町「江差」。民話のシンボル「繁次郎像」と美しい夕日、漁火が自慢の「道の駅」。GWには釣り客で、夏期にはキャンパーで賑わいを見せる。
・国道227号
・繁次郎観光案内所
・檜山郡江差町字尾山町1番地
・(01395)-2-1177
・毎週月曜日(11〜3月)(月曜日が祝日の時は翌日)
・無休(4〜10月)
・年末年始(12/31〜1/5)
・売店(12/30〜1/5)
・9:00〜17:30(4〜9月)
・9:00〜17:00(10月)
・10:00〜16:00(11〜3月)
No:000456
大人気(?)
繁次郎
建物正面入り口
せま!
物産陳列ケース
おみやげ
「瓶子もなか」
・2006年3月24日
・なんにも書くことが無い。“ももすけ”が「繁次郎グッツ」を買おうとしたので止めた(笑) 町並みや観光に割と力を入れている感じなのに「道の駅」はどうして改革されないのか?

・2005年3月25日
・相変わらず狭い。観光案内所がメイン施設なので、仕方が無いのかも・・・。係りのおじさんの応対は印象が良かった。「お菓子の中身は何ですか?」の質問にはしどろもどろだったけど(笑)
・入り口を入って、座っている女性を見てびっくりした。繁次郎でもう少し押して欲しかった。

・2003年11月15日
・びっくりする位小さな道の駅。思わず通り過ぎちゃった。キオスクくらいしかない。繁次郎も押してるけど、特に展示物などはなく、家に帰ってからネットで調べて詳細を知った。「道の駅」立ち上げの混乱に乗じて許認可を得たとしか思えない。繁次郎もそんなに笑えない。
・入り口を入って、座っている女性を見てびっくりした。繁次郎でもう少し押して欲しかった。