いんちき釣師の奮戦記番外編・北海道 道の駅スタンプラリーの旅
急激な追い込み・道央編A
【8月1日】5箇所スタンプ!
【札幌-大滝-壮瞥-豊浦-伊達-室蘭-(樽前)-(輪厚)-札幌】
 めきめきと体調が復活し、運転も大丈夫!メインドライバーにも復帰した。この日は室蘭でお仕事があったので、ついでにスタンプの旅。企画としては「お仕事&釣り&スタンピング」ってトコかな。早めに札幌を出発し、支笏湖経由で大滝村に向かう。

 【フォーレスト276大滝】はいつも賑わっているねぇ。あの広い駐車場がいっぱい。綺麗なトイレも処理能力を超える勢いで混んでいる。ここに来る観光バスって何処から何処に向かってるんだろ?ココって微妙に何処の通り道
でもない様な気がするんだけど・・・。アイスクリーム売場もぎっしりと人が並んでいる。大人気だね。お土産とかは去年とそんなに変わっていない。そりゃそーか。車内で飲むペットボトルのお茶を自動販売機で購入して出発。今年は異常な勢いで自動車事故でも死者が増えているそうだ。
北海道警察も取り締まりに気合が入っている。この日も数回取締りを見た。事故もさることながらこの取締りにも気をつけなくちゃ。

 【そうべつサムズ】は物産市。アスパラの株にちょっと心魅かれる。道の駅に並んで焼肉屋さんがあり、結構美味しいってな噂を聞いた。んーお昼の時間ではないし・・・また今度ね。ウチの父親の口癖が「今度とお化けは見たことがない」。ここの道の駅って【230ルスツ】に雰囲気似てるよね。売っている物も似ている気がするし。生花が安かったらしい。北海道の取り組みでも花を全面に出してるし、その成果が出ているのかな??

 洞爺湖を半周して【とようら】へ。新しい道の駅だ。去年このすぐ近くで釣りをしたので、すっかり近くにあった豊浦温泉「しおさい」が道の駅に供用されたのだと勘違いしていた。実際は国道沿いの「元ラーメン屋」を改装した物だった。新しく供用された割には工夫が足りないんじゃない?ホタテがイケスに生きたまま居たのですっかり「お土産」かと思ったら「非売品」とダンボールにマジックで殴り書きした注意書きが!だって水槽で見せているんだったら分かるけど、生簀だよ?誰だって新鮮なホタテを売っているのかと思うよ(笑) 「非売品」だって(笑) 丁度お昼だったのでパンを買って次へ。パンは普通に美味しかった。

 海沿いの道を【だて歴史の杜】へ。去年は大雨だったので大急ぎでスタンプ押したのでゆっくり見られなかった。藍染めの体験なんかが出来るらしい。左手には「びっくりドンキー」が在るんだけど、建物の雰囲気をそろえてある。全然関係ないけど知り合いが「びっくりドンキー」の厨房でバイトをしたことがあって、
「絶対にここで食事をするな。病気になる」って忠告されたことがある。伊達で時代祭りってゆーのもちょっと強引だよね?仙台や宇和島でやるんだったらわかるけど。こないだじゃん。伊達とのゆかりなんて。関係ないけど家の先祖は伊達政宗にだまされて滅ぼされた。

 ここからお仕事へ向かって、途中ちょっと釣りをして【みたら室蘭】へ行った。ちょと時間がなかったので急ぎスタンプをして道の駅を後にする。「室蘭は昔、モロランと言って、漢字も“茂呂蘭”って書いたんだよ。今でも土地の古老は“もろらん”と発音するんだよ」という“いんちき釣師”のトリビアも、昔、室蘭に住んでいた“ももすけ”に「言わない」と否定され「0へー」

 仕事も終え、札幌へ。帰りは高速道路を利用して帰った。途中、【樽前SA】のサービスエリアで【SA・PAスタンプラリー】に気がついた。と、いうか思い出した。ここと【輪厚PA】は問題なくスタンピングできたけど、【有珠山SA】を忘れてきた。ひょっとしたらもう来ないかも知れない・・・相変わらず迂闊な2人であった。



【8月2日】5箇所スタンプ!
【札幌-(砂川)-旭川-深川-滝川-奈井江-三笠-(岩見沢)-(野幌)-札幌】
 昨日に引き続きお仕事で今度は旭川へ。普段はのんびりの仕事なのになんだか忙しい。ま、こんなことも有る。東奔西走だな。オーバーか。いつもPCの前に座っている仕事が多いので“出張”もたまには嬉しい。旭川での約束が早い時間だったので高速道路を使い旭川へ向かう。ドライバーは“いんちき釣師” 途中、砂川SAで【2004SA・PAスタンプラリーの旅】を押印。旭川市内へ。お仕事は順調、次の約束が午後だったので旭川駅前の「旭川ターミナルホテル」で昼食を取り、午後の約束もこなす。やっぱり旭川位になると大きな街だな。仕事を終え、後は帰るだけなのでここから【道の駅スタンプラリー】の始まり。

 市内を【あさひかわ】へ。去年は“ももすけ”と振り返ってみてもここの道の駅は最低で「何一つ良い所はない」という感想だったけど、今年は少し違っていた。「こんな街中に道の駅は要らない。コンセプトを理解していない」という感想は変わらないけど、行きやすくなっている!街中のアナウンスの案内標識が増えたし、道の駅の建物にも大きく「道の駅」と書かれている。まぁ訪れるのが2回目で“慣れた”というのも有るかも知れないが、全然良くなっている。駐車場もすいている。この辺はたまたまなんだろうけど、人間は感情の生き物だから、もちろん感想も違ってくる。【あさひかわ】で“いんちき釣師”は制服である“ジャージ”に着替える。さすがに外でのお仕事にはスーツを着ていたので肩がこった。スタンプをしていると係りのおじさんが中年の女性と大きな声で話しているのが聞こえた。「全部押してあるのを初めて見た。凄い。どのくらいかかったの?」 どうやら今年のスタンプラリーを完全制覇した人が居るみたい。ほう。と、聞き耳を立てちゃう。5月7月8月で制覇を達成したらしく、問われるままに答えていた。凄いね。多少妬ましく思いながらお土産コーナーへ。去年はろくに見なかったのでちょっと見学。お土産自体はそんなに珍しいものはない。
旭川に来るときに高速は「スーパー割引チケット3DAYS」を購入して来たので旭川-札幌間は3日間乗り放題。帰りの道の駅は全て移動を高速で行った。時間は短縮になるけど、高速のインターチェンジから道の駅までの案内標識が無い。国道を行くと「道の駅2km」の看板が嬉しかったりするのに・・・でも道の駅のコンセプトを考えれば当然か。高速だったらサービスエリアやパーキングエリアがあるしね。

 まさに高速に旭川を抜け出て【ライスランドふかがわ】へ。【とうま】をどうするか迷った。
が、既に午後になっているため遠回りになる【とうま】は次回回しにするコトに決定。【ライスランドふかがわ】は去年好感触だったトコロ。去年のような活気はさすがにないが、道の駅専用の施設はさすがに満足度が高い。去年居た案内係のおじさんは居なかったが、今年も「うろこ団子」と頂いて美味しかった。お土産にも買おうかと迷ったが、“いんちき釣師”も含めて家には病人しか居ないので諦める。その方が皆の為。・・・ここで重大な忘れ物をしているのだが・・・

 高速移動して【たきかわ】へ。去年と変わらずスタンダードな道の駅。内部は綺麗でトイレにも満足できる。作家の展示品も去年と変わっていて目を楽しませてくれる。ちょっとアカデミックな気分。“ももすけ”は物産市へ。野生動物なので食べるモノに興味がある。時間も悪かったせいか、あまり残っていない。必ずと言っていいほど購入するトマトもちょっとしかなく、購入は見送った。・・・ここでも重大な忘れ物をしている・・・

 高速移動【ハウスヤルビ奈井江】 今年は奈井江という地名を知っている!有る意味道の駅の成果。テレビなんかでも道の駅のある地名を見ると不思議な近親感を感じる、割と単純な性格。ハウスヤビルは友好都市フィンランド・ハウスヤルビにちなんでの命名なんだって。1年間のもやもやが解消した気分。ネットで調べればすぐに分かったんだろうけど・・・駐車場で軽自動車に若い女の子が3人で道の駅巡りしているのを見かけた。そっと肩を叩いてあげたい気分になった(笑)・・・ここでも・・・


 高速移動【三笠】 物産市が割と盛大。“ももすけ”が買物をしている。ここでなんとあの長沼で探していた「ラグビーボールのようなフォルムのすっごくおいしいトマト」(名称不明)を発見。すかさず箱で購入した。ちょっと食べてみると長沼産より若干味が落ちるような気がする・・・? でも普通のトマトより美味しい。去年は売っていなかったような気がするので、今年から作り始めたのだろうか?「長沼の農家と三笠の農家との心温まる交流話」まで想像していい気分だった。しいたけ飯店を横目で見ながら【三笠】を後にする。・・・もちろんここでも・・・

 高速で札幌へ向かう。途中、岩見沢SA、野幌PAで【2004SA・PAスタンプラリーの旅】のスタンプ押印。仕事も順調だったし、高速移動だったのでストレスもなく仕事の合間のスタンプの旅にしてはいい具合にまとまったね♪等と思っていたら、家について重大なことを思い出した。「道プレ」を買っていない!大変だ!去年から1年間「道プレ」が全部揃っていないのをどれだけ気に病んだことか!

“痛恨の一撃”である。去年途中で買い始めたために「買ってあるトコロ」と「かっていないトコロ」が混在していて分からなくなっている。今回のルートはなんとなく「買った」ような気がしていた。まったく根拠のない迂闊な考えだ。幸い【あさひかわ】は買ってあったので、【ライスランドふかがわ】まで、何とかリカバーしなければ! 反省のない迂闊な2人である。
旅日記TOP
戻る
戻る 次へ

【トップへ戻る】