第二回アンケート結果

アンケートに協力いただいた134チームの方ありがとうございます。今回のアンケイトを通して皆様のチーム事情について、 少しですが知ることができました。


今回のアンケートは、対外試合(対外練習)と掲示板というテーマで取らさせていただきました。
 表1 サッカー フットサル
 平均参加人数 10.3人 7.6人
 理想参加人数 17.8人 11.9人

表1は今回のアンケートの中で皆様に答えていただいた練習をする時の理想的な人数と第1回アンケートでの皆様のチームの平均参加人数です。比べてみるとサッカーにしろ、フットサルにしろ現在満足できる人数で活動できてないという状況がうかがえます。


 表2   はい いいえ
 もし人が集まるなら試合、
 練習回数を増やしたい。
 116人 18人
 あなたは知らないチームと試合や
 練習をするのに抵抗はありますか
 30人 104人

表2は、「満足できる人数が集まれば、活動を増やしたいか」というアンケートと、「知らないチームとの交流について抵抗があるか」というアンケートの結果です。表2からわかることは、人さえ集まれば練習も増やしたいし、逆の言い方をすれば人が集まらないので練習できないときがあるというものです。(第1回アンケートをふまえる) また、知らないチームと交流をするのは8割近い人が抵抗がないと答えています。

以上の結果からチームの活動を盛んにするためには、メンバーの確保が第一優先となっていると考えられる。また、知らないチームとの交流に対して多くの方が抵抗がないと答えているのであるならば、掲示板や登録サイトなどのツールを使用することにより、合同練習などを増やしていけば、チームの活動は活発になるということです。むしろ、今少しずつですが、掲示板などを通しての対外試合が主流になってきています。



草サッカーネットフットサル掲示板北海道サッカー自称図
 −ドタキャンと掲示板−
 掲示板で対戦相手・合同練習の
 チームを見つける一般的な流れは
 右の図のようである。現在は矢印の
 ような連絡のとり方が一般的です。
 しかし、この方法で試合に臨むと
 問題になってくることがドタキャン
 などが多いとのことです。

 私の掲示板の宣伝みたいになってし
 まいすが点線の矢印のやり方をお
 勧めします。試合します掲示板を利
 用して、皆さんが試合をすることを掲
 示板上で告知します。

 そして、試合後結果をレスとして載
 せます。ただし、ドタキャンがあった
 場合は、その理由や状況、(たとえ
 ば音信不通になってしまったなど。)
 をレスの欄に載せて下さい。

 「試合します掲示板」を利用することにより、試合結果から他のチーム
 のレベルも知ることができますし、ドタキャンした場合、皆様にその事
 実が知られてしまうため、今後のことを考えると安易な気持ちで
 ドタキャンはできなくなると思います。

 アンケート内での掲示板の使い方の提案がいくつかありました。
 ここでは、その中の二つを紹介することにします。

 一つ目は、掲示板の募集に対してレスやメールを送る時に、自分の
 チームの紹介文(チーム名 平均年齢 レベル あるならHPのURL
 など)を簡単に載せるというものです。チーム情報がないと対戦相手を
 決めずらいとのことです。

 二つ目は掲示板のレス機能を使っての募集です。今は、メールで返信
 するというのが一般的ですが時間に余裕があるときは掲示板上でやり
 取りしたい方もいるみたいです。

 ネット上での交流を盛んにするためには皆さんが責任を持って約束を
 守るということが重要となってきます。募集に応募する時はメンバーに
 確認とってから応募するようにしましょう。

 あと、「対戦します掲示板」もよろしくお願いします。


※このアンケートは他のサッカーサイトと協力してとっています。




第二回アンケート途中報告

アンケートに協力いただいたチームの方ありがとうございます。今回のアンケイトを通して皆様のチーム事情について、 少しですが知ることができました。途中報告します。

今回いただいて意見の中に次のようなものがありました。

「サッカーチームのホームページを立ち上げたのですがアクセス数が増えず、やる気をなくしています。」との意見です。

そこで、サッカー・フットサルの様々なホームページを調べ、簡単ですが統計を取らせていただきました。
その結果として、1つ目はアクセス数が1000前後、または、それ未満のチームの特徴です。このようなチームの特徴は、最初はチームのメンバーが見て、掲示板なども書き込みがあるのですが次第に見ることもしなくなり、管理人の方もやる気をなくしてしまい、知らず知らずのうちになくなってしまうのが特徴です。
2つ目はアクセス数が3000前後の場合、チームの出席や連絡を掲示板内で取り合い、外部からのアクセスは少ないがチーム内で盛り上がっていて、管理人の方もモチベーションを保てている感じです。
3つ目のパターンはアクセス数が6000以上のホームページです。
このようなホームページは、リンク(相互リンク)も多く、対外試合を頻繁に行っているチームです。

私の考えでは、個人のホームページがSEO対策などでヤフーやグーグルなどの検索サイトの上位に来るのは難しいので、チーム登録サイトに登録することや、他のチームとの相互リンクを増やすことにより、チームの露出度をあげていくのが一番簡単かなと思います。ありきたりの意見ですが、アクセスの少ないチームの皆さん、掲示板などで相互リンクしてくれるチームを募集してみてはいかがでしょうか?ちょっと寒めですが25日は相互の日です。相互リンクしたことがない方はメールで質問いただければ基本的なことですがお手伝いさせていただきます。

※このアンケートは他のサッカーサイトと協力してとっています。


アンケート結果

アンケートに協力いただいた44のチームの方ありがとうございます。今回のアンケイトを通して皆様のチーム事情について、 少しですが知ることができました。その中で最も印象に残ったことが人数についてです。

草サッカーネットフットサル掲示板北海道サッカー自称ひょう









上の表を見るとサッカーにしてもフットサルにしても平均参加人数は試合ができる22人、10人満たないことがわかります。 アンケートの意見の中でも、フットサルを始めた理由で最も多かったものは、人数が集まらないというものでした。

スペースの都合で ここには載せていませんが、活動と人数の関係を見てみるとサッカーチームで月に三回以上活動するほとんどのチームの平均参加人数は 15人以上、フットサルを週に1回以上活動しているチームの9割が平均参加人数が8人以上集まるチームでした。以上のような結果から、 現状としては人数の関係で1チームでゲームや試合をするのは難しい状況が起こっています。

よって、この現状を打破するためにはチーム 同士の交流を掲示板を通して盛んにしていきたいと考えます。そこで、次回のアンケートは掲示板について行いたいと思います。

※このアンケートは他のサッカーサイトと協力してとっています。