タイトル:ようこそ

身体障害者補助犬法改正対策使用者団体連絡協議会

2007.11.29更新

Counter(Since 2005/02/11)

署名
ごあいさつ がいよう きやく なりたち 活動報告 アンケート結果


祝「身体障害者補助犬法の一部を改正する法律案」成立!


 昨年は、<身体障害者補助犬法の改正に関する請願署名運動>に、御協力頂き有り難うございました。

 お陰様で、「衆議院:102,012名、参議院;101,172名」もの署名を、2006年11月に、「身体障害者補助犬を推進する議員の会」へ提出することが出来ました。

 その甲斐があり、11月2日に「身体障害者補助犬法の一部を改正する法律案」が、衆議院・本会議において、全会一致で可決されました。しかし、防衛省問題などによる混乱により、参議院での審議が先送りされていたのですが、11月28日の参議院・本会議おいて、全会一致で可決され、成立いたしました。
 これも、皆様のご協力のお陰と感謝しています。

 当会は、2005年1月に設立し、補助犬法の改正を目指して活動を続けて参りましたが、法案の可決・成立の瞬間を傍聴できたこと嬉しく思っています。

 来年4月の法律施行に向けて、法律の周知など課題もありますので、今後ともご協力よろしくお願いいたします。

 改正の概要は
  1.補助犬のトラブルに関する相談窓口を設置する。
  2.民間の事業所(職場)の補助犬受入義務化する。
   但し、障害者の法定雇用者数が1名以上となる「従業員56名以上
   の事業所に限る。それ以外は、今までどおり努力義務。
  3.民間の住居の受入義務化は見送る。ただし、住宅セーフ
   ティネット法により、受け入れがすすむように対応する。
です。



 2002年5月に「身体障害者補助犬法」が成立し、同年10月1日に一部施行されました。
 この法律は、補助犬使用者のアクセスを国として初めて保障したもので、私たち盲導犬・聴導犬・介助犬使用者にとって悲願の法律でした。

 しかし、この法律の国民に対する周知状況は十分とは言えず、また私たち補助犬使用者にとって、改善していただきたい点もいくつかあります。補助犬法の附則第六条には法施行後3年後の見直しが謳われており、本年がその年に当たります。

 私たち補助犬使用者は、国民の皆様のご理解の中、補助犬とともに自立と社会参加を実現するために、この法律がより実効性の高いものに改正されるよう、補助犬使用者の声を纏めて社会にアピールして行きたいと考えております。
 その第一歩として「身体障害者補助犬法改正対策使用者団体連絡協議会」(補改使連)を立ち上げることとなりました。

 身体障害者補助犬法の主旨・目的が真に達成できるような法改正が実現されますよう、今後ともご支援・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

メールhokaishiren@yahoo.co.jp

<<更新情報>>
2007.11.29 「TOP:補助犬法改正法案の成立」更新!
2007.11.03 「TOP:補助犬法改正法案の衆議院可決」更新!
2007.07.14 「TOP:補助犬法改正法案の先送り」更新!
2007.05.26 「活動報告」更新!
2007.05.26 「活動報告」更新!
2006.11.20 「署名協力への御礼状」を追加!
2006.11.15 「活動報告」更新!
2006.07.26 「Macintosh用の署名用紙」を追加!
2006.07.18 「10人分の署名用紙」を追加!
2006.07.08 「署名運動ページ」を追加!
2006.04.27 「活動報告」更新!
2006.03.24 「活動報告」更新!
2005.09.25 「活動報告」更新!
2005.08.05 「補助犬使用者アンケート結果」アップ!
       「活動報告」更新!
2005.06.01 「活動報告」更新!
2005.03.05 「活動報告」アップ!
2005.02.11 「補改使連ホームページ」オープン!

素材提供: WEB用壁紙素材