USB メモリーのウイルス対策

データの移動などに便利な USB メモリ-ですが、ウイルス感染の危険があり、そのまま使用するといろいろなパソコンに感染を拡大させてしまう危険性があることを念頭に、使用する前にきちんと対策をしておくことが大事です。

① 出所不明な USB メモリーは使用しない。

② 信頼できないコンピューターでは USB メモリーを使用しない。

USB メモリーを使用するコンピューターは、セキュリティ対策が常に最新の状態になっていることが大事です。セキュリティ対策が不明なコンピューターでのUSB メモリーの使用は止めましょう。

③ USB メモリーの自動実行をさせない。

マイ コンピュータから USB メモリー に該当するドライブをクリックすることで、「autorun.inf」 ファイルが実行される可能性があります。マイ コンピュータではなく、エクスプローラーで、必要なファイルのみを開くようにしましょう。

また、USB メモリーのルートフォルダに「autorun.inf」という名前のフォルダを先に作成しておくことで、ウイルスによる不正な 「autorun.inf」 ファイルを作成させないという方法もあります。(autorun.inf は隠しファイルと呼ばれて、通常は表示されません。これを表示するには、「スタート」 ボタン → 「コントロールパネル」 → 「デスクトップのカスタマイズ」 → 「フォルダオプション」 の 「すべてのファイルとフォルダを表示」 → 「フォルダオプション」 画面 「表示」 タブ内 「詳細設定」 「ファイルとフォルダーの表示」 の下 → 「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」 のチェックをオン→「適用」「OK」をクリックします。)

USB メモリーの自動実行を停止できる Windows の設定があります。ただしこの指定をすると、USB メモリーを挿入しても(音は出ますが)何も表示されないので、あらためてエクスプローラーを開く必要があります。

④ ウイルスチェックをする。

使用する前の USB メモリーは、ウイルスが潜んでいないかどうかを検査し、潜んでいたらそれを駆除するウイルスチェックをすること。(クリック ⇒ 次項: ウイルスチェックの方法

USB メモリーのウイルスチェック方法

USB メモリーのウイルスチェックの方法にはいくつかありますが、その一つで USB メモリーを直接指定してチェックする方法を紹介します。

① USB メモリーをパソコンに挿入します。

② 「フォルダーを開いてファイルを表示」 をクリックします。

③ "USB メモリー" を右クリックします。

④ ウイルス スキャンを開始するコマンド (上図の場合は "Microsoft Security Essentials でスキャンします,,,") をクリックします。

⑤ ステップ③で、ウイルススキャンの項目が表示されない場合、スキャンプログラムの 「カスタムスキャン」 で、USB が挿入されたドライブを指定してスキャンを行います。

以上で、USB メモリーのウイルスチェックの方法の一つで、直接 USB メモリーをチェックする方法の紹介を終わります。ほかの方法では、コンピューター スキャンの中で行う方法などがありますが、ここでは省略します。

参照