スマホページはこちら
B型人間の山歩き ブログ HOME 更新情報 Amazon 楽天 Yahoo! JAPAN



登山・トレッキングに行くとき、
どれくらい水を持って行けばよいか?


      
山歩きに必要な水の量は 私が山に持って行く水のパターン 山に水を余計めに持って行く理由 主な水筒類のご紹介

登山・トレッキング用水筒のメーカーリスト









1.山歩きに必要な水の量は?

 山歩きに行くときは当然水などの飲み物を持って行くわけですが、春夏秋冬といった季節や、行動時間等により必要な量も変わってきます。

 とはいえ、これくらいあれば大丈夫だろうという、一応の目安はあります。それは、


真夏の最も暑い時期でも、

1時間当たり300mlあれば、まず大丈夫。


 だということです。




 これは、いろんなところで見聞きしたことや、私の経験から言えることです。ただ、科学的根拠に基づくことではありません。ともあれ、 山歩きに持って行く水は

  「1時間@300ml」

 がMAXということで、あとは予定の行動時間を考えて持って行けば大丈夫だと思います。普通は「1時間@300ml」の水を持って行けば、必ず余るはずです。

 とはいえ、身長180cm以上の男性と、身長150cmの女性では違ってもくるのかな? とも思いますが(汗)

 ちなみに私は身長171cm、体重は57~63キロくらいを行ったり来たりという感じですが、上記の法則である
「1時間@300ml」で、これまで問題なく山を歩いてきました。

 季節で言えば、やはり水を必要とするのは夏の暑い時期です。なんといっても喉が渇きます。逆に、冬場や晩秋、早春の寒い時期は、それほど喉は渇きません。寒い時期は、1時間当たり200mlもあれば十分ではないかと思います。

 山歩きでの水分補給は、こまめに行う方がよいと言われています。その点、ハイドレーションシステムは、理にかなった水分補給方法であると言えます。ハイドレーションシステムとは、ザックなどに水筒類を入れ、そこからホースを口元に伸ばして水分を摂取する道具のことです。とはいえ、私は今のところハイドレーションは使っていませんが。

 また、2000m以上の標高の高い山では脱水症状になりやすいため、高山病を防ぐためにも、水分は特にこまめに補給することが大切です。

ハイドレーション

 というわけで、基本は「1時間当たり300ml」が最大必要量と見ておけば大丈夫でしょう。
 ただし、
身長が190cm以上あるとか、体重が100キロ以上あるとか、そういう方はそれなりの準備をしていって下さいね♪


 

このページTOP




2.私が山に持って行く水のパターン

 上記の通り、通常の山歩きの場合は1時間当たり300ml程度の水があれば十分なはずなのですが、私はもっと多めに持っていきます。

 私は日帰りで歩行時間3~5時間程度の山歩きに出かけることが多いのですが、季節に関係なく、ほぼ持って行く飲み物のパターンは決まっています。それは、


   A.ポカリやアクエリアスのペットボトル(500ml)---コンビニ調達。

   B.ペットボトル入りのお茶(500ml)---コンビニ調達。

   C.プラティパス(2.5リットル)入りに、2リットル程度の水---自宅の水道水。暑い時期は
     凍らせて持って行く。



 毎回、ほぼこのパターンで出かけます。そして、大抵はAとBで足りますが、歩く時間が長くなると時々Cの水に手をつけることもあります。

 ですから、毎度A、B、Cの合計の、約3リットルを持って行っているわけです。上記の「1時間@300ml」の法則からしても、10時間程度は楽にもつ量を持って行っているわけです。そして、これまで幾度と無く山に行きましたが、この水を使い切ったことはありません。

 でも、なんでこんなに無駄とも言える量の水を持って行くのか? そこには、私なりのこだわりがあるからです。


このページTOP
 







3.私が山に水を余計めに持って行く理由


  以下にその理由を列挙します。


 A.過去に飲み水がなくなりそうになったことがあり、つらかった経験があるから。

  昔、奥穂高岳からの下りで、穂高岳山荘で調達した水が底をつきそうになり、困ったことがあります。あれは切なかったですね。あの経験は、水切れの恐怖感を強烈に印象づける出来事でした。その日記はこちら


 B.ケガをしたときに、洗い流すことができる。

  転んで肌をすりむいてしまったときなどに、水で洗い流すことができます。


 C.蜂に刺されたとき、水で毒を洗い流すことができる。

  蜂の毒は水に溶けやすいといわれています。もし蜂に刺されてしまったら、針が残っていないか注意し、毒を搾り出すようにして水をかけ、洗い流すようにします。



 D.他の人に分けてあげることができる。

  同行者の水がなくなってしまったときなどに、分けてあげることができます。私も上記の奥穂高岳からの下りのときに同行者の水がなくなってしまい、分けてあげました。それもあって、あのときは水が足りなくなってしまったのですが。


 E.水があれば、生き延びられる。

  万が一遭難してしまったとき、水や食料があれば心強いはずです。




 おそらく、日帰りのトレッキング・山歩きで3リットルもの水を持って行く人はほとんどいないと思います。でも、上記の理由などから、私は余分に水を持って行くのです。

 とはいえ、誰もがこうすべきであるとはまったく思っていません。なんといっても1リットルで1kgですから、無駄に重いです。これは、ビビリでリスクへの警戒心の強い私の性格がそうさせるのであって、普通はそんなには必要ありません。


 現実的には、日帰りの山歩き程度であれば、コースタイムにもよりますが500ml~1リットル程度の飲み物があれば十分なのかなと思いますが、長時間のトレッキングや夏場などに標高の高い山を歩く場合には、以上のようなことも念頭に計画されてはいかがでしょうか。


このページTOP







4.主な水筒類のご紹介



プラスチック(PETG)

 nalgene(ナルゲン)というメーカーに代表される、プラスチック(PETG)製の水筒。軽くて丈夫で臭いも付きにくく、登山・トレッキング系のプラスチック製水筒といえば、今のところナルゲンのボトルが定番と言えるでしょう。

 保冷・保温をするには、右写真のボトルケースが必要です。

 使った後は、洗剤などでよく洗うようにしましょう。
 楽天

ボトルケース


テルモス
(ステンレスボトル)

 冷たいものは冷たく、熱いものは熱く持って行けるのがテルモス(真空ステンレス製ボトル)のいいところ。プラスチック製よりは重みがありますが、保冷・保温効果は抜群です。

 ちなみに、真空ステンレスボトルや魔法瓶のことを一般的に「テルモス」と言ったりしますが、これは「thermos」のドイツ語読みがテルモスで、アメリカ英語の読みでは「サーモス」となります。thermosは一般名詞ではありますが、THERMOS(サーモス)という主要テルモスメーカーもあります。

 ふたがコップになるもの、直接飲むタイプのものなどいろいろあります。
  楽天

プラティパス

 山歩きにある程度多めに水を持って行くときに便利なのが、プラティパスというビニール製の水筒。普通に水を入れるのはもちろんのこと、凍らせて持って行くこともできます。暑いときに凍らせて持って行ったプラティパスのキンキンに冷えた水を飲むと、「あ~~、生きててよかった~♪」と思います。飲んだ分は体積が減るのもこの水筒の素晴らしいところ。

 本体は丈夫です。ちょっとやそっとで破けたりするものではありません。しかし、私は一度誤ってプラティパスをコンクリートの上に落としてしまい、付属のプラスチック製のキャップが破損してしまったことがあります。その時は普通のペットボトルのキャップでしのぎましたが、そういうこともありうるので、キャップにはあらかじめビニールテープなどを巻いておくことをオススメします。

 上にも書きました通り、私は毎度日帰りで山に行くときは500mlのペットボトル2本と、2.5リットル容量のプラティパスに2リットル程度の水を入れて持って行きます。

 このプラティパスの難点は、とにかく「ボトルの中が乾きにくい」ということ。ほっといても3、4日くらいじゃあ中の水滴が消えないなんてことは普通です。私は今ではある程度水を切ったら、あきらめてしまってしまいます。     楽天


ハイドレーション
 水筒をザックに入れたまま、ホースを口元まで伸ばしていつでも飲めるようにするシステムがハイドレーションです。

 もともとトレイルランニングやサイクリングなどの競技で水を補給するために使われ始めたもののようですが、今では普通の山歩きでも使われています。


 本来、運動時の水分補給はこまめに行うのが理想とされているんだそうで、そうした意味ではハイドレーションは理にかなった道具なのかなとも思います。  楽天


アルミボトル

 アルミボトルの利点は、なんといっても丈夫なこと。アイゼンや金属製の道具などと一緒にしてプレッシャーがかかっても、穴が開いたり壊れたりすることはほとんどありません。また、一般的にキャップはスクリュー(ネジ)式であるため、ちゃんと閉めれば簡単には開きづらく、水漏れの心配も少ないです。臭いも付きにくいようです。

 難点は大きいものだと重くなってしまうことや、スクリューキャップの開け閉めがめんどくさいといったところでしょうか。どちらかというとハードな登山向けのアイテムかもしれません。   楽天


ペットボトル飲料

 エコではないところが心苦しいところではありますが、実のところ私は毎度山歩きのときはコンビニでポカリなどのスポーツ飲料と、お茶を買って持って行きます。

 繰り返し使うものではないので、衛生面という点ではこれが一番とは言えますね。

 なお、私は使っていないのですが、ワンタッチオープンのキャップとペットボトルクーラーがセットになった、「ペットボトルキャップ&クーラー」という商品がTHERMOS社から出ています。夏場などは凍らせたペットボトルにこのアイテムを装着すると、大変な優れモノになるようです。

ペットボトルキャップ
&クーラー








  

B型人間の山歩き HOME ブログ

掲示板 管理人メール このページTOP

キャンプ用品入門 ・BBQ入門

B型人間のアウトドア

日帰り登山の持ち物・装備

日帰り登山の服装・ファッション

夏の小屋泊まり山歩きの装備と服装

3泊4日登山で足痛にならなかった方法

避難小屋泊まり山歩きの持ち物

冬の里山トレッキングの服装・装備

山行前夜や、山小屋で眠れないとき

山にどれくらい水を持って行くか

登山地図リスト 東京の登山用品店

登山用品メーカーリスト

登山靴 ザック 雨具 帽子

登山シャツ フリース ウエストポーチ

ウィンドブレーカー ダウンベスト

ダウンジャケット スパッツ:ゲイター

トレッキングパンツ ショートパンツ

七分丈パンツ 靴下 タイツ

山スカート サポートタイツ 腕時計

コンバーチブルP アームカバー

トレッキングポール ガスバーナー


Copyright (c) B・Y. All rights reserved. プライバシーポリシー




PAGETOP