冬の里山歩きの服装と持ち物 B型人間の山歩き ブログ HOME TOP画像:雲取山           Amazon 楽天 Yahoo!   Google



登山・トレッキング用                  
     アイゼン・軽アイゼン
   のメーカーリスト 
  


アイゼンのメーカーリスト

スパッツ・ゲイター 登山靴・トレッキングシューズ

手袋・グローブ ダウンジャケット アウタージャケット トレッキングポール ヘルメット ゴーグル ピッケル

冬の里山登山の服装と持ち物 夏の山小屋泊まり登山の持ち物と服装 日帰り登山の持ち物 春夏秋冬登山の服装



 


 本格的な雪山に行く場合はもちろん、10本や12本爪のアイゼンを持って行くべきでしょう。氷壁のようなところを進むには必携です。

 また、冬場の低山・里山トレッキングの場合でも、山の上は雪があったり凍っていたりすることもよくあります。東京の高尾山でも真冬には登山道が凍結してツルツルになることもあります。そんな里山ハイキングの場合であれば、4本か6本爪の軽アイゼンがあればなんとか凌げると思います。とはいえ、10本爪のアイゼンを使う人もよく見かけますね。

 夏場でも雪渓を歩くときにはアイゼンがあった方が滑らず歩きやすくなります。北アルプスの白馬大雪渓くらいであれば4本爪程度で十分なのかなと思いますが。あそこはレンタルアイゼンもありますね。

 このページでは、アイゼンを作っている登山用品メーカーをリストアップしています。各メーカーからいろんなタイプが出ていますので、目的、用途に応じて選んでください。

 ちなみに私は本格的な雪山に行くことはないので、現在のところモンベルのスノースパイク6クイックフィット(TOP画像写真)というものを使っています。ラチェット式で、着脱も楽です。初めてアイゼンを使った日記

 ちなみにアイゼンはドイツ語で、英語ではクランポンというそうですね。
アイゼン:本数別

4本爪

6本爪


10本爪


12本爪

  






 






アイゼン・軽アイゼンのメーカーリスト






冬の低山・里山の登山・トレッキングの服装と持ち物、注意事項はこちら





ランドネ

Hutte

PEAKS

山と渓谷

TRAMPIN'

岳人

新ハイキング

ワンダーフォーゲル





  

 

B型人間の山歩き HOME ブログ

掲示板 管理人メール このページTOP

キャンプ用品入門 ・BBQ入門

B型人間の山歩き

日帰り登山の持ち物・装備

日帰り登山の服装・ファッション

夏の小屋泊まり山歩きの装備と服装

冬の里山トレッキングの服装・装備

3泊4日の山歩きで足痛にならなかった方法

山歩きにどれくらい水を持って行くか?

山行前夜や、山小屋で眠れないときは

よく行く東京の登山用品店

山と高原地図リスト都道府県別ガイド

登山用品メーカーリスト

登山靴 ザック 雨具 帽子 腕時計

登山シャツ フリース ウエストポーチ

ウィンドブレーカー ダウンベスト

ダウンジャケット スパッツ(ゲイター)

トレッキングパンツ ショートパンツ タイツ

七分丈パンツ ソックス コンバーチブルP

山スカート サポートタイツ アームカバー

トレッキングポール ガスバーナー

アイゼン 熊よけ鈴 スタッフバッグ

 Copyright(c) B・Y. All rights reserved. プライバシーポリシー