B型人間的新潟の投げ釣り ブログ HOME 更新情報                        Amazon 楽天 Yahoo! JAPAN Google

 

 

笹 川

 

(新潟県村上市:笹川流れ)

笹川周辺釣具店地図 新潟日報釣り情報 Yahoo!笹川の天気 ウェザーニュース:村上

桑川漁港 眼鏡岩 恐竜岩 板貝 新潟の投げ釣りリンク 新潟の投げ釣りリンク 海水浴の持ち物

  
詳しい地図で見る
 

 

 

 

 浜右手の岩場を行く

 

 

 

 

 

 


岩(岩崎鼻、通称「デコボコ」)から「A」を望む

 

 
岩場の沖目は磯釣りのポイントとなっている

 

 


 
笹川流れの夏、イワユリ(正式名スカシユリ)の夏。

 

 

・「笹川流れ」の中心、笹川集落の投げ釣り場。景色のよい風光明媚なところで、私の好きな釣り場のひとつ。

・笹川海水浴場の浜は根掛りもあまりなくキス釣りが楽しめる。ある年の7月、まだ夏休み前の時期だったが、この浜で夜釣りをしたことがある。だ〜れもいない夜の砂浜で一人ぽつねんと、ねっとりとした夜風に絡みつかれながら小型のキスを2、3匹釣ったのはいい思い出。

・私がオススメするのは地図の「岩」(岩崎鼻、通称「デコボコ」)の上からAを狙う釣り。この岩場は比較的平らで釣りやすく、Aも水深があるので真夏の日中でもキスが入れ食いになったことがある。手前は根があるので、ある程度のところで巻き上げたほうがよい。A付近以外も、沖目に面したところは磯釣りのポイントにもなっているようだが、こちらを狙ってみるのも面白いと思う。ただ、足場はよいとは言えないのでその点はご注意を。このあたりの岩場から眺める笹川の海は閉じられた空間の雰囲気で、プライベートビーチ感覚に溢れている。休日を満喫できるだろう。

・なお、海水浴シーズンは他の笹川流れの海岸同様、駐車料金がかかる。

 


 

 
 笹川流れと笹川集落について少々。

・笹川流れを中心とした海岸一帯は奇巌青松で知られる笹川流れで、古くから文人墨客が来遊し、橘昆崙は「海府七里灘の記」、頼三樹三郎は「海府遊記」を残している」

・昔の笹川は山も川も椿の木の繁りでおおわれて、四季毎に開花して一面を紅に染めつくしていた。村の中央を流れる笹川は、両岸からの椿の繁みが魚の格好の生息場所でもあった。中でも秋には鮭がたくさん川にのぼって来て、最盛期には鮭が川を埋めたと語り伝えられている。

・笹川という地名の由来についてであるが。

 ある時、見すぼらしい一人の僧が通りかかった。村人たちは何もあげるものがないので、鮭を椿の枝を折ってこれを包んで差し出した。

 僧はこれを見て、紙に梵字(ボンジ)でしたため、これを川に流した。

 すると椿の木は笹に変り、見渡す限り笹ばかりになった。

 此の僧こそは仏法大師(管理人注:空海のことか?)で、それ以来ここを笹川と呼ぶようになったという。

・笹の葉にはクマリンという腐敗を防ぐ成分があって、魚でも笹の葉に包んでナワでしっかりしばり冷たい水につけて置くと夏でも長く保つそうで、奥山生活の人びとは今でもやっているところがある。冷蔵庫のない昔の人の生活の知恵には捨て難いものが数多い。

・「笹川流れ」とは、笹川集落の沖合いの岩礁間を盛り上がるように流れる潮流があることから命名された。
 

(参考:村上市図書館内、「部落の由来をたずねて」)



B型人間的新潟の投げ釣り 桑川漁港 眼鏡岩 恐竜岩 板貝 海水浴の持ち物 HOME このページTOP

Copyright(c) B・Y.All rights reserved. プライバシーポリシー