下痢のときはリンゴが効く

思わぬときに下痢になってしまことがありますとくに何かよくない食べ物を食べたわけでもなく、寝冷えしたのでもないときにかかるのは、ウィルス性の下痢です。夏風邪、プール熱などともいわれますが、夏の下痢の中にはこういったものが多いのが特徴です。
このようなとき、子どもでは、脱水症状を起こして重症になることもあるから注意が必要です。また、このようなウィルス性の下痢の回復期には、食べ物の選択が重要です。下痢の症状を促進するようなものは控えなければいけませんし、反対に、状態を改善するような食べ物は積極的に摂らなければいけません。下痢の状態を悪化させるものとしては、クエン酸があります。これは、柑橘類に含まれている酸で、酢などに含まれている酢酸とは違い、下痢の治りを悪くしてしまいます。クエン酸が腸などの炎症によくないのは、酸の刺激が強いためです。便通のよくない人が、グレープフルーツなどクエン酸が多量に含まれている果物を朝食前の空腹時に食べると、便通がよくなる効果があるのも、クエン酸が腸などに対して刺激的に働くからです。それだけに、下痢のときには、控えなければいけません。
反対に、下痢に非常によいのがペクチンです。ペクチンは、ニンジンやリンゴに含まれている水に溶ける物質で、抽出して酸と砂糖を加えて加熱し、冷やすと、固まってゼリー状になる特徴があります。この成分は、ウィルスによって炎症を起こしている腸などの消化器の粘膜を保護して、他からの刺激を少なくし、症状がより悪くなるのを防止する働きがあります。ただし、ペクチンが下痢によいからといって生で食べては、消化器に対する刺激が強く、効果は少なくなります。必ず煮るなどして、柔らかいペースト状にすることが必要です。
その点では、ベビーフードのニンジンやリンゴのペーストがいいでしょう。ベビーフードは量が少なく割高のようであるが、腸の炎症の回復期のように、あまり多量に食べられない場合には、ニンジンやリンゴを少しずつ煮るなどの手間がいらないので、とても便利です。

関連情報:
りんごで整腸

食材のパワー

知って得する知識

ページの先頭へ