集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
陰謀論とは真実隠蔽のために作られた概念 1960年代に不都合な事実を嘘話扱いして隠蔽する計画が実行され現在に至る

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 社会不正(裏社会) >

陰謀論とは真実隠蔽のために作られた概念

1960年代に不都合な事実を嘘話扱いして隠蔽する計画が実行され
現在に至る


concept_made_for_true_concealment_with_scheme_theory, 2016/7/22, 2016/11/4


< 目次 >

陰謀論という言葉はCIAが作ったメディア戦術だった

神話や物語には陰謀の影が

情報操作を隠すために陰謀論という言葉が広められた

陰謀論否定派が悪者?

陰謀論の他にも隠蔽工作が

権威やマスコミが不正隠蔽のための最大の道具

陰謀論 詐欺師症候群


< 訂正 >

 いわゆる陰謀論の英訳はコンスピラシーセオリー(conspiracy theory)となっていてますので、このサイトで使っているscheme_theoryというのは翻訳としては間違っています。 ファイル名につけてしまったので、データ上はこのままにしておきます。 2017/3/1






陰謀論という言葉はCIAが作ったメディア戦術だった


 陰謀論や現在では都市伝説、トンデモ話などとして扱われている概念は、歴史的にみると1963年ごろに突如として人類史に現れた概念であることが分かっています。

 陰謀論はある時期に突然現れ、人々の間に広まりました。 これは自然発生したというよりも、この概念を発見した誰かが積極的に他の誰かに話すなどして意図的に広めたと考えるほうが自然でしょう。

 仮に陰謀論の概念が広まることで得をする人間が、真実や不都合な情報を隠蔽するという目的を持って作り出していたとしても不思議ではないでしょう。 2016.7.22, 2016.7.23

 その後の調べで、元CIA幹部の独白からCIAが作り出したメディア戦術だったことが明らかになっていたことがわかりました。 2017/3/1






神話や物語には陰謀の影が


 神話や御伽噺、寓話など架空の話、抽象的な話、象徴的な話など、現実世界の事実としては受け入れがない内容が含まれる話、簡単にいうと嘘の入り込んでいるようみ感じられる作り話はかなり古くから存在しています。

 私たち人類はそれらの話を物語りとして、噂話の延長や教訓や格言を引き出す材料として、それなりに解釈してきました。 しかし、これらの中に特定の思想や行動への誘導や常識の敷設などの意図があることが次第に明らかになってきました。

 この思想誘導や情報操作のような手法、またこの手法が実際に行われていることを、人々から隠し、人々が情報操作されていることに気付かないようにする目的で作られた概念やそれを表す言葉が陰謀論(説)であり都市伝説だと考えられます。 2016.7.22, 2016.7.23






情報操作を隠すために陰謀論という言葉が広められた


 第二次世界大戦から約20年後の1960年代には、世界は一応の安定を取り戻し、その間に文化や思想を進歩させました。 その過程で戦争という忌まわしき過去への反省も繰り返し行われるようになりました。

 そして人々は、戦争の原因としての思想誘導、戦時中のプロパガンダなどの問題を正しく理解し始め、問題の本質に近づいていきました。 しかし、問題の本質にたどり着こうとしたそのとき、思想誘導を行っていた政府側の勢力も、真実をより確実に隠蔽しなければならないという欲求を高めていきました。

 その欲求を満たすため彼らが陰謀論という都合のよい概念を発見し、広げていったとみてよいでしょう。






陰謀論否定派が悪者?


 現在ではこの陰謀論を使った情報隠蔽工作も進化しており、陰謀論の正論にトカゲ人間や宇宙人の話を混ぜることで、正しい情報を陰謀論扱いして信頼を落とすなどの工作がより積極的に行われるようになっています。

 陰謀論という言葉は情報を隠蔽したい人間が好んで使う言葉ですから、陰謀論であるとして情報を隠蔽しようとする人間こそが陰謀を実行している張本人や、陰謀家に協力する勢力の人間である可能性があります。

 ただし単純に陰謀論の計略、陰謀論作戦にだまされ、自分が信じられないことに対して、すべて陰謀論だと解釈することで、正しい判断を下したとして満足している人もいます。

 そのため、このような人たちは陰謀論作戦の実行者とは区別する必要があるでしょう。 しかし、情報を陰謀論扱いして否定するような陰謀論作戦の実行者であれば、自分が陰謀論にだまされた人間、つまり事実が嘘として扱われ隠されていることを理解せずに、事実を嘘だと信じている人であるかのように演じるでしょう。 このようなことから、陰謀論否定派の人が陰謀実行者なのか、単にだまされている人なのか区別するには注意が必要となります。 2016.7.22, 2016.7.23






陰謀論の他にも隠蔽工作が


 陰謀論の計というべき陰謀論作戦は、芸能・マスコミなどを利用してかなり浸透しているようですから、超富裕層の金融マフィアなどの陰謀家側はかなりうまい作戦を考え出したと言ってよいでしょう。

 都合の悪い事実や真実を隠蔽する方法は他にもあります。 近頃は冤罪の計のような、嘘の罪を着せ警察や検察に犯罪者扱いさせるという方法も頻繁に行われているようです。

 直接的に事実を隠蔽するのではなく、その事実を把握している人間の社会的な信用を失墜させることで、その人が発信する情報すべての信頼を低下させるという間接的な情報隠蔽工作です。

 これもマスコミを利用して大々的に行われます。 逆にいうと、マスコミが大々的に非難している問題というのは、その裏に隠蔽工作や金融マフィアの意図が隠されている可能性があります。

 つまらない痴漢やスキャンダル、東京地検が立件しても最終的には犯罪とならないような冤罪事件が何のために起こされているかと考えると、その目的は隠蔽工作くらいとしか考えられないような冤罪事件はおおむね隠蔽工作と考えてよいでしょう。

 冤罪事件では逮捕・立件する警察・検察側も誤った判断を下したという暗黙の罪をかぶることになりますので、彼らとしても好んで行っているということはないでしょう。

 それでも冤罪事件を起こさなければならない理由があるはずです。 その理由として疑われるのが政治・経済などの不正・犯罪の隠蔽ということになります。

 冤罪事件、冤罪作戦は当然、よいことではありませんが、不都合な情報を握っている人間をすぐに殺してしまうようなやり方よりは多少はましだといえるでしょう。


< 参考 >

日本系金融マフィアとは?

国際(世界)金融マフィアとは?






権威やマスコミが不正隠蔽のための最大の道具


 自分の生きている世界を正しく理解しようとしている人であれば、陰謀論や冤罪の喧伝などのつまらない罠にはだまされないでしょう。 しかし、世界の事実や真実にあまり興味のない人たちは、素朴に陰謀論を信じ込まされているようです。

 人々が簡単にだまされてしまう原因はマスコミや権威のある雑誌などの世間的に信頼されている情報にあります。 人々をだます方法は実に単純で、嘘をつき続けるという方法がとられています。 より信頼性の高い、説得力のある情報であるように見せかけ、何度も信じるまで偽情報を伝え続けるという方法です。

 戦時中のナチスドイツや現在の創価学会などの指導者や洗脳学者・心理学関連の担当者は、「嘘も100回付けば真実になる」という言葉を掲げています。 人々をだまして戦争や犯罪・不正行為に誘導するためには、人々が信じるまで嘘をつき続けるのがよいということは百年以上前から知られていたのです。


 マスコミの情報は情報発信元の報道機関や政府・警察・役所などが情報源となりますので、これを支配して情報を操作し、情報を支配することで世界、国家や個々の社会を支配しようとして、実際に支配的な影響力を持っている人間が今も存在しています。

 このような人間は実際にはたくさん存在していますが、特にひどいのが超富裕層になっている国際金融マフィアと呼ばれる人たちです。 2016.7.22

 彼らはテレビ・新聞・権威のある雑誌、またそれらに情報を発信している政治家やジャーナリスト、各種専門家など世間から信頼されている主要な情報源を操作することで、人々の感情や思想を操作・誘導し、政治権力を得て、さらに政府を丸ごと支配しようと工作を続け、実際に支配的な影響力を持つに至っています。

 このマスコミによる情報操作は、マスコミにあたるもの、古くは指導者のルール提示などの発表から、活版印刷などによる文章・チラシ配布、ラジオ放送など、これらが人類の歴史に現れて以来、ずっと続いているとみられています。

 現代になって特にテレビを普及させたことで、マスコミの情報操作はより悪化していて社会的な不正を可能にしている大きな要因となっています。 悪化の原因は時代のせいでもあって、ITで効率的に運用できるようになった情報が、社会不正の悪化に拍車をかけています。 2016.7.22, 2016.7.23

 犯罪者の心理的な傾向も変化していて、IT時代以前は、犯罪が見つかることを恐れる傾向が強かったようですが、IT時代以降は、犯罪が見つかっても捕まって罪が裁かれるようなことがなければ問題ない、もっと悪いことを続けられる、というふうに考える金融マフィアなどの犯罪者が増えているようです。

 おそらく不正や犯罪に関する多くの情報を調査した結果、たとえ嘘や犯罪がばれても、逮捕さえされなければ、大きな危険が及ぶことはない、といったようなことが統計的に分かってしまったのでしょう。

 警察さえ腐敗させておけば、仮に死体が見つかっても、警察に逮捕されることはなく問題はない、と考える犯罪者が増えてしまったことが、現在の社会的な不正をより悪化させているのでしょう。


< 参考 >

日本政府と日銀の国債無限発行戦略
 インフレにならない国債過剰発行とは?





陰謀論 詐欺師症候群


 詐欺師症候群、インポスター・シンドロームという精神病があります。

 その症状には、社会的に成功したり、周りから高く評価されても、自分にはそんな能力はない、あるいは、そんな資格はないと、自分を過小評価していしまう特徴があります。

 代表的な患者は、エマ・ワトソン、ジョン・D・ロックフェラーの長男、ウォーレン・バフェット、アインシュタイン、シェリル・サンドバーグ(Facebook COO)、ソニア・ソトマイヤー(米最高裁判事)などとなっています。

 彼らは自分が詐欺師であることが、いつかバレてしまうのではないかと、不安な日々を送っているそうです。 (ジョン・D・ロックフェラーの長男とアインシュタインはすでになくなっていますが)

 真実の世界情勢に目を向けている人なら分かるはずですが、エマ・ワトソンとアインシュタイン以外は、かなり高い確率で本物の詐欺師、もしくは詐欺師に利用されている人間となっています。 エマ・ワトソンとアインシュタインも詐欺師勢力に近い位置に属する人間である可能性が高いとみてよいでしょう。

 超富裕層、金融マフィアの世界詐欺師グループの人間も増えすぎてしまったのか、自分たちの身内の人間を洗脳するのに失敗してしまっているようです。

 洗脳に失敗した人間に、詐欺師症候群などという便利な名前の病名を付けて、世界詐欺・社会詐欺などの陰謀を隠している訳です。

 裏社会やロックフェラー家のことを知っている人間からすれば、詐欺師症候群の代表がジョン・D・ロックフェラーの長男とは、笑い話のように聞こえるかもしれませんが、本当の話です。

 彼らには症候群ではなく、彼らが本物の詐欺師なのだと教えてあげたかったところですが、裏社会は精神病扱いして隠そうとしている訳です。

 一見すると面白い笑い話ですが、彼ら世界詐欺師の中にも詐欺行為に心を痛めている人もいるという証拠でもあります。

 世界詐欺師たちも普段は普通の人間として暮らしています。 当然、常識的な善悪感情は備えています。 多くの人のことをゴイム(奴隷・家畜)などと呼んでみても、多くの人たちが自分たちを同じ人間であることは否定しようがありません。

 このあたりをうまく使えば裏社会、金融マフィアを健全化する可能性も見えてくるのではないでしょうか。 2016/11/3, 2016/11/4








  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.