御壕をめぐる攻防〜〜名古屋鉄道瀬戸線略史

 

 

まえがき

 

■名古屋鉄道の源流

 名古屋鉄道瀬戸線東大手−堀川間の廃止は、筆者が鉄道ジャーナルの定期購読を始めた最初の号の出来事で、たいへん強い印象が残っています。このことから、いつかこの鉄道について触れてみたいという希望がありました。

 昨年今年と名古屋に行く機会があり、写真も撮れました。これを基に一文を興そうと、「名古屋鉄道百年史」を紐解いたところ、いやあ出てくるわ出てくるわ、面白い話の宝庫でした。

 そんなわけで、瀬戸線に話題を絞らず、名古屋鉄道と名古屋市の攻防の歴史について、とりあげていきたいと思います。

 お堅い話は御免蒙るという方は、第5章にお飛びください。こちらには、瀬戸線の跡と現在の瀬戸線の写真を用意してあります。それでは、お楽しみください。

 注)本文中のゴシック小文字は、全て「名古屋鉄道百年史」からの引用です。

 

     第1章  名古屋鉄道前史

     第2章  御壕の電車

     第3章  攻める市/守りから一点突破の名鉄

     第4章  今なお続く攻防

     第5章  御壕の底にて(写真集)

     第6章  瀬戸線の現在(写真集)

 

表紙に戻る

 

 

参考文献

 (01)「名古屋鉄道百年史」(名古屋鉄道)

 (02)「都市交通年報(各年度版)」(運輸省運輸政策局監修/運輸政策研究機構)

 (03)「平成十年度鉄道要覧」(運輸省鉄道局監修)

 (04)「名古屋市電が走った街今昔」(徳田耕一編)

 (05)「名古屋の市電と街並み」(日本路面電車同好会名古屋支部編)

 

 

執筆備忘録

初訪問  :平成11(1999)年春

再訪問  :平成12(2000)年春

本稿の執筆:平成12(2000)年春〜初夏・平成13(2001)年初頭

写真撮影 :平成12(2000)年春