器ギャラリー緋彩

器ギャラリー緋彩  作家紹介

紀 琇山

備前市伊部に生まれる人間国宝山本陶秀の縁者で幼少より焼物に興味を持ち昭和2年陶秀の内弟子となる。
ロクロ技術は陶秀直伝で火器、茶器を好む。茶碗や水指、茶入などの茶陶に力を入れ、焼成は鮮やかな紫蘇色を狙っている。

山本 雄一

人間国宝山本陶秀の長男として伊部に生まれる。
幼少より父の薫陶受け昭和年本格的に陶芸の道に入る。
電気ガマによるヒダスキの焼成技術をあみだして平成年には岡山県の無形文化財になる。

矢部 篤郎

人間国宝山本陶秀の三男として伊部に生まれる。
昭和年から父陶秀のもと陶技と陶芸の心を習得する。
火器・酒器・茶器を好む素直で端正な作風は、父陶秀に似た風格がある。

山本 出

山本陶秀の四男として伊部に生まれる。
武蔵野美大彫刻科卒業後、パリ国立美術学校彫刻科に留学。
帰国後、父陶秀のもとで備前焼の基礎を学び現在備前焼界に光を照らす作家である。
平成年岡山県重要無形文化財保持者に認定。

矢部 俊一

矢部篤郎の長男として生まれる。
名古屋芸術大学彫刻科研究生卒業
祖父山本陶秀(人間国宝)父、矢部篤郎の指導により陶芸の道に入る 入選多数

矢部 成明

矢部篤郎の二男として生まれる。
名古屋芸術大学彫刻科卒業
平成年祖父山本陶秀、父、矢部篤郎により陶芸の道に入る 入選多数

矢部 基弘

矢部篤郎の三男として生まれる。
名古屋芸術大学彫刻科卒業
祖父、山本陶秀、父矢部篤郎の指導により陶芸の道に入る 入選多数

山本 周作

岡山県重要無形文化財・山本 出の長男として生まれる。
獨協大学経済学部経済学科卒業
父・山本 出に師事 日本伝統工芸中国支部展入選 茶の湯の造形展入選

山本 領作

岡山県重要無形文化財・山本 出の二男として備前に生まれる。
日本大学芸術学部美術学科卒業
岡山県美術展入選 日本伝統工芸中国支部展入選 岡山市長賞受賞