電気の流れ(自由電子の動き)どんなものか Aコース top map map1  電気の基礎知識 

電気の流れ(自由電子の動き)とはどんなものか
電気の働きの主な部分は金属元素(周期表参照)から放出された自由電子の動きが電気エネルギーを運ぶ主役を務めています。
金属元素であるナトリューム元素結合し、固体金属になった状態では一番外側の軌道にある電子1個が放出された電子(自由電子)が結晶内を自由に移動できるようになります。
そして、この自由電子に電圧をかけると電子は正極のほうに移動します。


金属原子の結合
ナトリューム原子は11個の陽子と12個の中性子からなる原子核の周りをに11個の電子がとりかこんでいます。
最も内側の電子殻であるK殻には電子が2個(規定数2個)あり、次のL殻には8個(規定数8個)の電子があり、これらは規定数の電子で充満しており、これを閉殻といいます。この閉殻は結合等の化学反応には関与せず、最も外側の電子のみが金属結合に関与していて、最も外側の電子が原子から放出され結晶内を自由に動き回る(結晶内の原子全体で最外殻の電子を共有している(粒子交換))ことによって結合力を作り出しています。この電子は結晶内を自由に動き回ることから自由電子と呼ばれ、電荷を運ぶ(電気を通す)重要な役割を果たしています。



金属結晶内の電子の移動

 

 

関連事項   
電気の根本的な性質とは何か
電荷とは
電界
電圧
電流
電気の流れ
抵抗 
抵抗標準
電気回路
交流直流

クーロンのねじりはかり(電荷による電気力の測定)
ガルバーニの蛙の脚の実験
ボルタ電堆

 

Counter