物質の基本  top map map3 電子の基礎知識 陽子の基礎知識 原子の基礎知識 原子核 中性子 分子の基礎知識 三態の基礎知識  

物質
 物質(ぶっしつ、matter)とは分子原子の集まりで、分子原子質量と体積を持つため、物質は必ず質量と体積をもちます。
そして、固体液体気体(物質の三態)など異なる形態を示します。

質量
 質量(しつりょう Mass)物体が持つ基本的な性質の1つです。重さ(重量じゅりょうWeight)とは異なるものです。なぜ物体は質量をもっているのか、質量に最小値(素量)が存在するかについては未だに解明されていません。

体積
 体積(たいせき、Volume)とは、ある物体が 3 次元の空間でどれだけの場所を占めるかを表しています。
容積(ようせき、Capacity)(容量(ようりょう)、嵩(かさ)とも言う)はある容器中に入り得る量のことで体積と同じです。
体積の単位体積の単位はは m3です。

電子(でんし、Electron)
 
電子は宇宙を構成する素粒子の一つです。電子は負(−)の電荷を持っていて、このサイトで取り扱う電気の根源になる物質です。

陽子(ようし、Proton)
 陽子は 素粒子の一つで、 原子核の構成要素の一つでもあり、水素(H)の原子核は陽子1個のみから構成されています。
陽子も電子と同じ量の電荷を持っていますが、その極性は反対(正 +)です。

原子
(げんし、Atom)
  原子は、陽子と中性子で作られる原子核とその周辺にある電子によって構成されます。通常、電気的には陽子の数と電子の数が同じで電荷が正と負が打ち消しあって中性の状態にあります。


中性子(ちゅうせいし neutrons)
 中性子は陽子とほぼ同じ大きさで通常原子核の中にある電荷をもたない粒子です。


原子核(げんしかく、Atomic nucleus)
 
原子核は原子の中心に位置する非常に小さい塊で、陽子と中性子で構成されています。
電気的には陽子の数だけの正の電荷を持っています。

分子(ぶんし Molecule)
 分子とは、共有結合によって結合し、あるいは化学結合をせずに原子単独で存在している、纏りを持った原子の集団です。通常、電気的には中性です。


三態
(さんたい) 
 物質の状態のことを相(そう phase)といます。何らかの外的要因(主に温度が変化すること)によってある相(そう Phase)が他の相へ変化すること相転移(そうてんい Phase transition)といいます

気体(きたい Gas)
 気体は物質の三態の一つです。気体状態では、原子、分子は自由かつランダムに動き回っている(→ブラウン運動)状態です。
 液体の状態と比べ、より自由に原子または分子が自由に動ける状態です。
 液体→気体への相転移(一次転移)する転移温度が沸点です。


液体(えきたい Liquid)
 液体は物質の三態の一つです。物質内の原子(分子)の結合する力が、熱振動(格子振動)よりも弱くなり、原子(分子)が一部結合した状態が、液体です。
  液体状態では、原子、分子は部分的に結合していても、比較的自由かつランダムに動き回っている(→ブラウン運動)状態です。

固体(こたい Solid)
 固体は物質の三態の一つです。物質内の原子(分子)間の結合する力が、熱振動(格子振動)よりも(ずっと)強い状態になると、原子(分子は)の大部分は完全に結合した状態で固体が形成されます。
 気体や液体、固体は電気には通常中性ですが、原子(分子)の種類、その組み合わせ、結合の仕方等によってさまざまな特性があり、それぞれの特性を生かして電気製品が作られています。そのなかでも電気を通すものと通さないものがあり、その中間に半導体と呼ばれる特徴のある電気材料があります。これが、電子機器のトランジスタ
集積回路 に使用されて計算機や携帯電話等の主要部品になっています。

Counter