尾瀬  山行記録

 

丹後山・平ヶ岳・尾瀬 スキー縦走 平成17年5月3〜5日
十字峡〜中ノ岳〜丹後山〜平ヶ岳〜山ノ鼻〜鳩待峠
丹後山から山ノ鼻まで一日で歩く体力が残っている内にと計画しました。 下藤原山のヤブにシールを盗られ、登り返しが苦しかったが、無事に山ノ鼻に辿り付く。 尾瀬ヶ原の雪も多く残っていました。
中ノ岳〜平ヶ岳〜尾瀬  山スキー 昭和56年5月4〜6日
十字峡〜中ノ岳〜丹後山〜平ヶ岳〜山ノ鼻〜尾瀬沼〜大清水
国境稜線を歩いていた頃の記録で、これで三国峠〜尾瀬までが繋がりました。 山スキーを始めた当初の目標は、ここでした。 一日で丹後山から尾瀬まで行け、山スキーの機動性にびっくりしました。
至仏山&尾瀬ヶ原  山スキー 平成19年4月21日
鳩待峠〜至仏山〜山ノ鼻〜尾瀬ヶ原〜鳩待峠
至仏山を滑り、尾瀬ヶ原の散策。 今年は小雪とは言うけど、まだこの時期。 尾瀬ヶ原は真白な雪原でミズバショウの蕾さえもない。 
尾瀬・スキー散策  山スキー 平成13年4月28〜29日
鳩待峠〜至仏山〜鳩待峠 ・ 鳩待峠〜尾瀬ヶ原〜アヤメ平〜鳩待峠
鳩待峠をベースに、一日目は至仏山から山ノ鼻へと滑る。 二日目は尾瀬ヶ原を散策後、アヤメ平へと登り返し、鳩待峠へとスキーに身を任せて滑る。
早春の尾瀬 平成9年5月3〜5日
鳩待峠〜至仏山  鳩待峠〜尾瀬ヶ原  大清水〜尾瀬沼
肋骨6本の骨折から一ヶ月半、まだ完治していないので日帰り3日間にする。 一日目は至仏山の山スキー。 二日目は尾瀬ヶ原、三日目は尾瀬沼の散策でした。
尾瀬ヶ原 平成20年5月5日
鳩待峠〜尾瀬ヶ原
前橋に用事が有り、その帰りに早春の尾瀬を散策する。 私は山スキー、カミさんは歩きです。 水浸しの尾瀬ヶ原には、気の早いミズバショウが咲き始めていました。
尾瀬沼・尾瀬ヶ原 ミズバショウ 平成19年6月2日
沼山峠〜尾瀬沼〜尾瀬ヶ原〜温泉小屋〜燧裏林道〜御池
ミズバショウが見たく、久しぶりにこの季節に訪れる。 さすがに尾瀬ヶ原は蟻の行列で写真も写せない。 しかし尾瀬ヶ原は意外に空いていました。
尾瀬ヶ原・尾瀬沼 平成15年6月8日
鳩待峠〜山ノ鼻〜尾瀬ヶ原〜尾瀬沼〜大清水
ライライ(台湾からの留学生)と佳代ちゃんと両手にギャル山行。 雨上がりの山ノ鼻は幻想的で、青空の尾瀬沼は眩しいくらいでした。
燧ケ岳 尾瀬沼 平成21年6月14日
御池〜燧ケ岳〜尾瀬沼〜沼山峠
ミズバショウ、リュウキンカ、桜、サンカイヨウ、シャクナゲなど、花をいっぱい満喫。
尾瀬 ワタスゲ 平成11年7月4〜5日
沼山峠〜小渕沢田代〜尾瀬沼〜尾瀬ヶ原〜山ノ鼻〜燧裏林道〜御池
一人で尾瀬をのんびりと歩いてくる。 なかなか行く機会のない小渕沢田代は、尾瀬とは思えないくらい静かです。 二日目は小雨に煙る尾瀬を歩く。
燧ケ岳 尾瀬ヶ原・アヤメ 平成19年7月78日
御池〜燧ケ岳〜見晴(泊)〜尾瀬ヶ原〜山ノ鼻〜燧裏林道〜御池
ワタスゲが見たくて訪れたが、尾瀬ヶ原の主役はすでにアヤメに移り、キスゲも咲き始めていました。 大江湿原は200m高いだけに、ワタスゲとツツジが主役でした。
早秋の尾瀬 平成12年9月9〜10日
沼山峠〜尾瀬沼〜尾瀬ヶ原〜山ノ鼻〜三条ノ滝〜燧裏林道〜御池
裕子・貴子と今回も両手にギャル山行。 一日目は沼山峠から尾瀬沼、尾瀬ヶ原と歩いて山ノ鼻にテントを張る。 二日目は三条の滝、燧ケ岳裏林道から御池へ帰る。
紅葉の尾瀬 平成13年10月13〜14日
鳩待峠〜至仏山〜尾瀬ヶ原〜燧ケ岳〜尾瀬沼〜大清水
千鶴・良子と今回も両手にギャル山行。 久しぶりの至仏山だが雨模様。 見晴にテントを張り、早朝の尾瀬ヶ原の散歩は素晴らしかった。 燧ケ岳へ登り、尾瀬沼から大清水へと下山する。
尾瀬ヶ原 平成21年10月17日
鳩待峠〜アヤメ平〜尾瀬ヶ原〜鳩待峠
晩秋の尾瀬・定番コースを歩き、二日目は赤城山で紅葉を満喫する。 帰りに長男の所へより、孫の顔を見て帰る。 
晩秋の尾瀬ヶ原 平成7年10月28〜29日
鳩待峠〜アヤメ平〜尾瀬ヶ原〜鳩待峠〜笠ヶ岳〜至仏山〜鳩待峠
鳩待峠をベースに、一日目はアヤメ平から尾瀬ヶ原を廻る。 二日目は至仏山へ登ったが、あいにくガスってなにも見えない。 水上へのドライブでは紅葉が見頃でした。
尾瀬沼 尾瀬ヶ原 平成8年11月3〜4日
沼山峠〜尾瀬沼〜尾瀬ヶ原〜山ノ鼻〜三条の滝〜燧裏林道〜御池
ギャル山行。 沼山峠から尾瀬沼、尾瀬ヶ原と歩いて山ノ鼻にテントを張る。 朝、水道は凍ってしまう。 二日目は三条の滝、燧ケ岳裏林道から御池へ帰る。
尾瀬 平成18年11月4日
鳩待峠〜アヤメ平〜尾瀬ヶ原〜鳩待峠
鳩待峠からの、日帰り定番コースを歩く。 柔らかな陽射に落ち葉をカサコソと踏んで歩き、静かな尾瀬を満喫。 尾瀬ヶ原は木道の架け替え工事中でした。
至仏山・尾瀬ヶ原 平成16年11月6〜7日
鳩待峠〜至仏山〜山ノ鼻〜鳩待峠〜アヤメ平〜尾瀬ヶ原〜鳩待峠
鳩待峠をベースに、1日目は至仏山へ登り、山ノ鼻へ下る。 2日目はアヤメ平経由で尾瀬ヶ原へ。 二日間とも天候に恵まれ、最高の尾瀬を満喫しました。
初冬の尾瀬ヶ原 平成7年11月26日
鳩待峠〜尾瀬ヶ原〜鳩待峠
青空の下、光り溢れる白銀の尾瀬ヶ原を満喫する。 木々の枝には真っ白な花が咲き、地上にはキラキラと小さな宝石がばら撒かれていました。

 

尾瀬  アルバム

 早春の尾瀬ヶ原 アルバム   平成9年5月3〜5日
 早春の尾瀬 アルバム 2 平成9年5月3〜5日
 尾瀬 ワタスゲ・アルバム 平成11年7月4〜5日
 尾瀬・花便り 1 平成11年7月4〜5日
 早秋の尾瀬 ・ アルバム 平成12年9月9〜10日
 早秋の尾瀬 ・ 花便り 平成12年9月9〜10日
 尾瀬・スキー散策のアルバム 平成13年4月28〜29日
 紅葉の尾瀬・アルバム   平成13年10月13〜14日
 尾瀬のアルバム 平成15年6月8日
 至仏山・尾瀬ヶ原のアルバム 平成16年11月6〜7日
 尾瀬・アルバム 平成18年11月4日
 尾瀬のアルバム 平成19年4月21日
 尾瀬のアルバム 平成19年6月2日

 

 ヒロタンの山行記録