≪弘前オペラ30周年記念誌・2001/3/31発行≫より        
 
 弘前オペラ長年の実績に敬意を表し、お祝いを申し上げます。
 その30年間に及ぶ活動に思いを馳せるということは私自身の音楽経験とぴったり重なる時期でもあり、感慨深いものがあります。
 私が音楽家になろうと決意した高校時代はちょうど当時のオペ研の創成期でもあるのです。その頃たまたま今 千佳子さんの伴奏を引き受けたのが縁でしばしばお宅へ遊びに行くようになりました。いつ行っても現在の主要メンバーな誰かが居て、私はピアノを弾かされたり初見で歌の伴奏をさせられたりしていました。私にとっては訓練された声を身近で聴くのは初めてと言ってもよい頃ですし、得難い経験をさせてもらいました。それと今 廣志氏のピアノや鎌田 紳爾氏のギターを聴くなど、今では懐かしい想い出もあります。
 又、弘大に赴任してそう間もない笹森先生の出来たばかりのピアノ曲(確かトッカータだったか)の自演もスリリングなものでした。まさにこれから音楽を勉強しようと情熱に燃えていた思春期の私にとって音楽サロンのようになっていたお宅に通い、当時の弘前オペラのみなさんと付き合う事はとても刺激に満ちたものだったのです。
 それから10数年、弘前に帰ってきたばかりの私は練習ピアニストとして皆さんを支える役目を何年間か引き受けることになります。オーケストラを用い、素晴らしい演出家を迎え、以前とはけた違いの公演内容から、私はまたしても新鮮な経験をさせてもらいました。過去も今もたくさんの栄養を私に与え続けてくれている弘前オペラが今後、より発展することは取りも直さず私の発展でもあります。
                               
ピアニスト 石郷 勝彦