作曲/W.A.モーツァルト
原作/カロン・ド・ボーマルシェ
台本/ロレンツォ・ダ・ポンテ
訳詞/伊藤 武雄


指揮:虎谷 順一

演出:長沼 廣光
 

 
★公演直前、福永氏の体調不良の連絡があった。これまで、副指揮者として勉強していた虎谷順一が
急遽指揮台へ。事務局も大慌て、 長沼先生から心温まるメッセージをいただいた

                          <音楽文化の創造39(直美・記)> 


オペラの舞台に花を添えるバレエの皆さん 
 
★これで楽譜見えてるの〜〜〜〜〜?
 
<第13回公演プログラム> 

お世話になりました 

 ≪弘前オペラ研究会20年の歩み・1991/1/14創刊≫より

 〜今回、公演で指揮をする予定だった福永陽一郎氏が病に倒れ、来演不能になったことは、誠に残念です。一日も早く回復されるよう、念じます。
 このことを弘前オペラの木村氏より連絡を受け、代わりの指揮者について相談を受けた時、私は迷うことなく虎谷順一氏を指名しました。虎谷氏は弘前オペラ創立以来、今日まで中心となって活躍してきした。又、福永氏のもとで副指揮者として、音楽のまとめの中心として経験を積んできました。豊かな素質・音楽性と指導力・統率力をもつ虎谷氏を私は何の躊躇もなく指名しました。オペラでは指揮者と演出家とは、立場は異なっても一心同体でなければなりません。互に解釈について疑問を投げかけ、ディスカッションを続け、互の納得出来た時、初めて素晴らしい作品を作り上げることができるのです。虎谷氏とは随分ディスカッションを繰り返し、今日を迎えました。
 私は今日、この優れた新しい、若さに溢れた指揮者のオペラ界へのデビューを心から期待し、喜びたいと思います。・・・
                                 演出家    長沼 廣光
 写真をクリックすると大きくなります