IFCC
石鎚フリークライミングクラブ
            ホームページ


石鎚ふれあいの里人工壁

 トレーニングに!

 コンペに!
はじめに 西条ふれあいの里人工壁の運営と管理は、都会などにある商業ジムとは少し違います。まずそれをご理解願います。
人工壁のあるふれあいの里は、西条市が廃校になった小学校の跡地に作った、市の宿泊施設です。95年頃その体育館内に、クライミングの大好きな地元の有志らが市の許可を得て造ったのがふれあいの里人工壁です。
ですから施設の管理自体は西条市の管轄です。
カギ 人工壁のある体育館の「鍵」を管理しているのはふれあいの里事務所です。
ここで体育館の「鍵」を借りれば人工壁は利用可能です。
石黒氏 しかし、ふれあいの里や西条市が実質的に人工壁自体の管理・運営をしているわけではなく、壁自体の管理と会計的な事や市との交渉事をしているのは、地元のクライマーの石黒氏です。彼なしのこの人工壁の存在はありません。ふれあいの里の近くに住んでいる彼が、ここの人工壁の設計・施工からすべてを行いました。コンペの開催などの市との交渉ごとや会計的な事すべてを彼がしています。実際、この壁を造るのに資材やホールド代だけでも、おそらく数百万の費用がかかったと思われますが、西条市がそれを負担したわけでもなく、仲間内のカンパでそんな額のお金が集まるわけでもなく、誰が負担したかといえば彼しかいないはずです。(たぶん)

利用方法 ふれあいの里人工壁は誰でも簡単に利用できます。
利用時間 平日           9:00〜18:00まで
土・日・祝日 9:00〜23:00まで

水曜日は夜間利用が可能です。
利用料金 入会金   3,000円
利用料     500円(一日)
会員以外 1,000円(一日)
用具 レンタルはありません
クライミングシューズやチョークバックは持参して下さい。
お貸しできるきちんとした(きれいな)靴はありませんが、なん足か古い靴はありますのでご自由にお使いください。

利用方法 まず、ふれあいの里の事務所にいってください
管理人のいる時間がだいたい9:00〜18:00です。
たまに管理人がいないときもありますが、そんなときは近くをぶらっとひと回りドライブでもしてきてください。
管理人に、「体育館の鍵を貸して下さい」といえばすぐに鍵をわたしてくれます。
体育館に行って鍵を開けたら、鍵はすぐに管理人まで戻して下さい。
既に誰かクライマーが来てれば鍵を借りる必要はありませんのでそのまま体育館に行ってください。
利用料金 人工壁に常駐している責任者はいません
初めての方で、これから何回か来るかもしれないと言う方は、会員登録された
ほうがお得です。
入会金は3,000円で次回からは一日500円です
とりあえず1回だけという方は一日1,000円になります。
会員登録といっても、入り口の利用者名簿に氏名と住所・電話番号をご記入
いただき料金を料金箱に入れていただければそれでOKです。
準備
マットを引敷いて下さい
ふれあいの里人工壁は、基本的にロープを使わないで登るボルダリング壁です。
マットは普段は西側の壁に片付けられていますから、それを出して敷いて下さい。
一番大きなマットは女性一人では少ししんどいかもしれません。
マットとマットの間には
絶対に隙間が出来ないようにしてください。もし隙間があってそこに足が
着地した場合、最悪骨折することもあります。
登る!
あとは軽くストレッチをしてから自由に登ってください。
壁に貼ってあるシールが「課題」です。青・赤いろいろありますね。
そのシールしか使わずに登ってくみて下さい。けっこう難しいはずです。
その他
ふれあいの里人工壁は基本的に夜間利用は禁止です。しかし、水曜日は特別の許可を得て利用させてもらっています。
水曜日はみんな大勢集まるので、まるで練習日のようになっていますが、利用される方は次のことをお守りください。(03年松山市内の大学に人工壁が出来たので最近はそちらのほうに人が集まるようになりました。)
まず、当日
18:00までにふれあいの里に電話を入れて、体育館の鍵を開けててくれるように連絡します。もし電話を入れないと管理人もいませんし、体育館には入れません。利用時間は23:00までです。帰りはドアの内側のノブを押してから外からドアを閉めてください。自動ロックで外からはもう開きません。
出る前に電気と火の始末は確認して下さい。

CDラジカセと石油ストーブは自由に使ってください。
CDラジカセはご自由にお使い下さい。こじんまりした体育館なので音響効果は抜群です。あなたの好きなロック・ダンス・ソウルのCDをご持参の上ガンガンやってください。山の中でまわりに家がないので気にすることはありません。
案内 その他ふれあいの里の施設をご利用の方は、西条市観光HPをご覧下さい。