ホームページの概略

名倉弘雄のデビュー作



画題 : ステーション 


 大都会の早朝、駅風景を描いた300号の作品です。この作品は美術専門誌 『美術の窓』 に掲載されました。私にとって日本画に転向してから初めて認められた記念すべき作品として捉えています。この絵の背景は昭和60年頃の西尾駅、プラットホームの風景です。まわりの町並みは名古屋の風情と入れ替えて、大都会風の趣に変えています。線路の右側にある景色はその当時の西尾線の高架式工事の様子をそのままに描いています。作画上、画面効果を考えて、このように作り替えて絵にしています。大都会の早朝を描くことで都会の静寂感や孤独感を狙おうとしました。 この絵の原画は当時、私が耳の病気を患い、治療のため名古屋の大学病院へ通った時に描いたスケッチがもとになっています。働き盛りに襲ったこの耳の病気で私の人生が、大きく転機しました。その時に描いた思い出のある絵がこれです。絵に集中できる環境を天から与えてもらったと今では思っています。この作品は私にとって感慨深いものがあります。

(昭和62年制作)


大きくリニューアルしました。

 日本画家として2002年よりホームページを公開してきました。所属する公募団体展の発表作品や展覧会の案内、そして自分の絵に対する思いを気ままに綴って参りました。絵に対する考えや思いは大学で学んだ基本的な芸術論を自分なりに実証しながらまとめたものです。奥の深い美術(芸術)は一言では括れないものがあります。画論については持論でもありますので、コロコロ変わるものではありません。時代の変化によってとらえ方に多少、ニュアンスの変化が生ずるかも知れませんが・・・。しかし、大きくぶれることはありえません。







ウィキペディア