趣味工房 HIRO-G





中日電工製のハイパーなZ80ワンボードマシン。(一部改造あり。)

   ND80ZV+ZB3DOS


  CP/M 復元試作1号機




 ヒロボ SDX EPコンバージョン 

  近藤科学 KHR−2HV

    ソニー AIBO−210



西田ラヂオ製                            RGBコンポーネント・アダプタ

  FDDエミュレータ SD6031



  TK80(E)+TK80BS


ばぁちゃんの独り言


 引き続き、7月19日に、トレーニングボードの制作が終了し、「アラカルト」を更新しちょります。   


<ラジコン・ヘリ>

 SDXの破損が思いのほか重症で、何とか、2機とも修理を終えましたが、一からの調整作業必要で、他の作業もあり中断してます。  


<衝撃の2冊!!>

THE SINGULARITY IS NEAR

The Singular Impact of    Exa-Scale Computing onUS

 

< メールアドレス >


hiro_g_dayo@aol.jp

 進捗状況 


暑中お見舞い申し上げます。 ゆっくり更新中です。 
 ・ CP/Mマシン復元につきましては、中嶋氏にプログラムの公開の許可を得ています。
 ・ トラ技関連につきましては、菱田氏にプログラムの公開の許可を得ています。
 ・ 気になる組込み用ボードの試食も始めました。

■1.復元・CP/Mマシン関連
●1−1 復元・自作CP/Mマシン
 CP/M関連では、中日電工さんのCP/M互換DOSが走るND80ZVをベースに、あえてCRTC,FDD及びキーボードをくっつけて、若い時に果たせなかったCP/Mマシンの復元を進めていましたが、中嶋正之氏他2名の共著「CP/M手作りマイコン」をベースに製作した拡張ボードを用いた復元1号試作機が完成しています。 この程、「CP/M手作りマイコン」の著者の中嶋正之氏に、プログラム公開の許可をいただきましたので、これを機会に、今までの復元作業の結果を一から見直し、各バックナンバーについて、より具体的な内容にブラッシュアップします。 と言いながら進んでいません。
 今ではCP/M 2.2の本体は、公式サイトよりダウンロード(無償)できますので、昔のシステムディスクを探しまわって入手する必要がありませんし、MBASCやその他のアプリ等もほとんど無償で入手できますので大変ありがたいです。 再開してまとめ直さなくては・・・・。

@ 2015年07月20日 CP/M No36  ・CP/M復元の再開準備と確認作業
A 2014年06月07日 
CP/M No33  ・AKI-80型CP/Mマシンの構築&テスト完了
B 2014年02月02日 
CP/M No26  ・CP/M各種アプリのゲット 
C 2013年12月11日 
CP/M No21  ・復元1号試作機のSTARTREKによるチェック

●1−2 復元・CP/M搭載レトロPC
 PC6001及び6601シリーズにCP/Mを導入されたakikawa氏のメモに従った導入テストのレポートを4件報告しました。 この導入に際しては、FDDの代わりに西田ラヂオさん製作のFDDエミュレータ・ボードも使用しました。

@ 2016年01月05日 CP/M No37  MZ-2500&PERSONAL CP/M ゲット
A 2014年07月07日 
CP/M No34  ・貴重 PC8001関連CP/Mの資料ゲット
B 2013年09月29日 
CP/M No8   ・PC6601へのCP/M導入テスト2
C 2013年09月27日 
CP/M No6   ・PC6001mkUへのCP/M導入テスト 


■2.復元・自作BASICマシン関連
 ND80ZVをベースに、菱田氏執筆のトラ技資料に基づいてのBASICマシンの復元は、東大版TinyBASICの移植等を経験しながら、ようやく完了しました。 菱田様の承諾を得て、その作業結果を全ダンプ・リストで公開していますが、コピペ等で他への公開は、著作権侵害になりますので、取り扱いにはご注意願います。 次のステップとして、このマシンもCP/Mが走るようにしようと思います。

@ 2016年04月25日 
BASIC No62  ・復元CP/Mマシン用FDD制御ボードによるテスト
A 2015年08月05日 
BASIC No57  ・トラ技ボードをTK80(E)のBSへ変身まとめ
B 2015年04月25日 
BASIC No52  ・TK80BS LEVEL-2 BASIC移植仮のまとめ
C  2014年08月19日 
BASIC No35  ・トラ技基本モニタ(+4K BASIC)移植のまとめ
D  2014年07月24日 
BASIC No29  ・東大版TinyBASIC 移植のまとめ

■3.復活・レトロPC & ボード関連

@ 2016年02月25日 RETRO No16  ・PC-9801DXと周辺機器の起動テスト
A 2015年10月29日 
RETRO No15  ・レトロ アーケード・ゲーム復元のまとめ
B 2014年08月15日 
RETRO No4   ・レトロ Z80ボードマイコンのゲット&リペア

■4.アラカルト
 電子関連試食の報告
NEW 2016年07月19日 アラカルト No10 ・IchigoJam トレーニングボードのまとめ
@ 2016年05月27日 アラカルト No5   ・MachiKania  試食はじめ
A 2016年05月17日 
アラカルト No3   ・RaspberryPi 3 試食
B 2016年05月02日 
アラカルト No2   ・FPGA 食べ始め MAX10
C 2016年03月21日 
アラカルト No1   ・SSW Lite9でDTMに再挑戦


■5.夢の3D ラジコン・ヘリ
 やっとこさ、背面ホバがなんとかできるようになりました。 背面フライトを目指します。  上級者の方は、アイドルアップのトリム調整も飛ばしながらチョイチョイとやるんです。 カッコよろしいな。 当方は、まだできません。

@ 2015年10月19日 ラジコン・ヘリ No16  ・背面ホバリング挑戦までの長い道程
A 2015年04月20日 
ラジコン・ヘリ No15  ・スタビレス・ヘリの試食はじめ TREX500
B 2015年02月17日 
ラジコン・ヘリ No14  ・トイヘリ モスキート・エッジ モード1へ改造


■6.復活・ロボット関連
●6−1 KHR−2HV
 KHR-2HV関連は手付かずでしたが、チョットずつ手を付けようと思います。 KHR-2HVは純正のコントロールボードで動いていますが、吉野さんのように、自前のコントロールボードで動かすことで、サーボ、ジャイロ及び各種センサーの使い方を学べるので面白いと思います。 先行きはどうなるか分かりませんが、吉野さんが引続きHP「吉野ロボット」でフォローされてますので、心強いです。 

@ 2014年06月05日 ロボット No6    ・コントロールボードの製作完了&作動テスト
A 2014年05月16日 
ロボット No5    ・コントロール(マイコン)ボード製作準備

●6−2 AIBO
 AIBO-210につきましては、プログラミング・メモリスティックの代替方法は解決し、AIBOの頭のチルト部の不具合は、チルト部を固定することで、他の部分は正常に機能するようになりました。 無線LANカードについてはAIBO専用のRA−201D1の他、PCWA−C150Sも使えそうです。 で、OPEN−Rでプログラミングして実行するための準備は完了しましたが、その先はこれからです。

@ 2013年11月01日 ロボット No4    ・AIBOの無線LANの設定とテスト
A 2013年10月03日 
ロボット No3    ・AIBOのチルト部の固定加工記録と起動テスト