再受験生でもあり塾講師でもある私のメモ書き的なページ
生徒本人は筑波大学医学学群を志望している


塾講師ヒロの講座スケジュール

対象
高校3年生国立大学医学部コース
2次対策コース


一回目
7月18日(ガイダンス)

目標
第一回目にあたるので、授業の前に生徒の到達目標及び現状を把握。
生徒に対する予習なしの状態で授業に向かうので
まずは各科目に対しての復習を予定。
目標

7月18日のカリキュラム

物理
電磁気学
電気(標準問題)
項目
ガウスの法則に始まり、コンデンサーそしてクーロンの法則及び荷電粒子の運動
狙い
難問を解くことはしない。標準的な問題を想定。
但し、物理に対する考え方を養って貰う問題を出題するため、公式暗記から公式理解及び導出を目標とする。

化学
理論化学(標準問題)
項目
酸・塩基、及び酸化還元
狙い
受講者本人が計算ミスをよく多発するということと、化学反応式に対しての理解度を試みるために実施

数学
微分・積分
項目
数3の分野
狙い
高校数学における解析学の分野の理解度を見るために
微分積分の分野の問題を出題することによってその達成度を測る。
二回目


7月31日、8月1日、8日、16日 計16時間(夏期講習)
目標
医学部合格のためには、全ての分野に対して弱点を作らないに限る。(勝手な思い込み)
よって、本人は受験演習を希望していたが、私としては敢えて難しい問題には入り込まず
苦手な分野、及び手をつけてない分野に焦点を当てて授業を行う。問題のレベルは基礎から標準にかけて。

カリキュラム
数学
行列、いろいろな曲線(チャート式受験編)
物理
回路、剛体、単振動(重要問題集)
化学
化学平衡、酸・塩基、酸化還元(重要問題集)