雑記過去ログ-映画の話題-

トップ雑 記過去ログ映 画の話題

2011/7/1

2011 年度上半期公開映画ベスト5


もう2011年も半分過ぎてしまった……。

思えば今年は3月11日の震災からあっという間だたなぁ。
なのに福島原発とか仮設住居の不足とか未解決の問題が山ほど。
ディズニーランドは再開したけど浦安もまだ全然復興進んでないし。

こんなときにTVつけるとアホな政治家の行動にアホなタレントがアホなコメントしてるし。
もうやんなっちゃうよねぇ。
と、暗くなりがちですけど、
それでも我々は嫌でも前を向いて歩いていかなければならないと思います。

でもその前に、ちょっとだけ過去を振り返っちゃいましょう。

つーことで、味覚が子どものTaiyakiの独断と偏見による

2011年上半期公開映画ベスト5


始まるよー!!

1位『ブ ラックスワン

▲狂気!

もう今年は何と言ってもコレでしょう。
アメリカでは既に2010年に公開さていたので、
正直『X-MEN』か『SUPER8』が抜いてくんないかなーって期待してたんですけど、
やはり『ブラックスワン』の完成度の高さは異常でした。

バレエ『白鳥』を題材に、幻か現実かの曖昧さを絶妙に描いていた傑作。
また、「女の世界ってこえー」と再確認させていただきました。
あとネット上では、ナタリー・ポートマンがオナニーしてる!とやたら話題になった映画でもあ りました。

【名シーン】

▲「もっとH経験をつめ!」とセクハラコーチに調教されるナタポ。


▲「どうやって監督に選ばれたの?フェラでもしたの?」ウィノナ・ライダーも老けたなぁ……。


2位『SUPER8』

▲スピルバーグへのオマージュ

2位にはJ・J・エイブラムス監督スティーブン・スピルバーグ製作ということで、
今年最も世界中の映画ファンが心待ちにした『SUPER8』

正直宣伝に期待感を煽られすぎて素直に楽しめませんでしたが、
それでもSFを借りて思春期の冒険を描いたこのジュブナイル作品には涙腺がやられそうになりました。
登場人物や構成など、古き良きスピルバーグ作品を思い起こさせ、
監督の映画に対する愛が伝わってきます。

エンドロールは必見なので、席を立たないように!

【名シーン】

▲主人公の初恋が軸になっていて泣かせるんだコレが……(泣いてないけど)


▲このデブちん監督はあらゆるデブのステレオタイプな気がする。

2位『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』

▲今話題のリブート!

『SUPER8』との優劣が決められなかったので同着2位にさせていただきました。

僕がシリーズの中で『X-MEN2』が一番好きだったのは、
アクションシーンの緊迫感もさることながら、
民主差別問題と登場人物達の人間ドラマを絶妙に織り交ぜた快作だったからです。

でも『ファースト・ジェネレーション』は、
アクション、人間ドラマ、社会問題の上にさらに歴史的事実を積み重ねたことで、
『2』の出来を遥かに上回ることが出来ました。

本作の監督はあの傑作『キック・アス』も撮ったマシュー・ボーン。
今後最も動向が気になる監督になりました。

【名シーン】

▲チャールズ(プロフェッサーX)とエリック(マグニートー)がいかに決別したかも注目ですが、『007』や『ミッション・インポッシブル』を意識した作 風は緊張感を醸し出す。

4位『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』

▲スタイリッシュな映像とテンポの良さが魅力!

今年一番笑った映画。

アメリカで興行的に滑ったこともあり日本公開が絶望的だったが、
地道な署名運動などで何とか全国公開にこじつけた作品。

『ハングオーバー』も『キック・アス』もそうだが、
ゴミみたいな邦画が隆盛を極める中で、
こうした海外の良作が公開されない現状が問題視されてきている。
僕はそれを初めて『スコット・ピルグリム』で実感したのでとても印象的な作品でした。

また、先述したマシュー・ボーンもしかり、
『ダークナイト』のクリストファー・ノーランもしかり、
本作のエドガー・ライトもしかり、
近年はイギリス勢の監督が熱い。

【名シーン】

▲このように日本の漫画的・ゲーム的演出が全編にわたり特徴的だった。

▲本作のヒロイン・ラモーナさん。あまり美人ではない……。


5位『キック・アス』

▲グリーン・コンドーム&ヒット・ガール!

コレは完全に去年(2010年)の作品だけど、
名画座でも上映してたのでランクイン。

もうね、最高!としか言いようが無いっす。
マシュー・ボーンのテンポや音楽のセンスは秀逸。

【名シーン】

▲男なら誰もがヒットガールに惚れた。そしてできればカツラはとらないでほしい。

▲でもやっぱり本当の主人公はコイツ。童貞が一人のヒーローへと昇華していく青春映画でもありました。


今年は結構劇場で見たなぁ。
あとはもう『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』『カーズ2』ぐらいかなぁ…。


Presented by Taiyaki