空野
KUUYA
-for Unaccompanied Violin-
(2001)

[ca 13min.]



雲うずまく山頂、

渺々たる荒野、

村の辻、

王城の市門、

群れ集う草草の叫び、


原郷の記憶は遥か、


蒼空の下、道を求め彷徨うひとつの影・・・



* * *



この作品は、2001年9月から11月にかけて作曲し、
2001年11月16日、京都コンサートホールにおいて佐藤一紀氏により初演された。
「空野」とは古い佛教語で、何もない曠野の意である。

曲は連続する六章と短いエピローグから成る。主題は常に姿を変えつつ、六つの世界を遍歴する。

Copyright(C)HIRANO Ichiro.All rights reserved.



[演奏記録]

2001年11月16日 京都市 京都コンサートホール小ホール (Vn:佐藤一紀)
2007年8月23日 兵庫県西宮市 兵庫県立芸術文化センター小ホール (Vn:佐藤一紀)
2007年8月26日 京都市 青山音楽記念館バロックザール (Vn:佐藤一紀)



ホームへ戻る